基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

パワーポイント(PowerPoint)編のすすめ方

本操作パワーポイント編は、Microsoft Office PowerPoint(マイクロソフト オフィス パワーポイント)の基礎的な操作を解説しています。1から順にすすめていくと基本操作がマスターできると思います。

しかし、本編を学習する前に、はじめに でもお話ししていますが、まずは 基礎知識 の学習を強くオススメします。

用語としての「保存」や「拡張子」、「ショートカット」の理解や、フォルダの階層構造がある程度理解できていないと、必ず途中で行き詰まり、挫折します。

それは、野球のルールを知らないのにバッティング練習をしているようなものだからです。技術習得の基礎知識がなければ、つまらないことでつまずき、逆に時間をロスしてしまいかねません。

具体的には、基礎知識編の「アナログとデジタル」から「パソコンの仕組み」までは学習してから本編に取り組んでみてください。

では本題に戻りますが、PowerPointは、 プレゼンテーションソフト というカテゴリに属します。

初めてPowerPointを使う方は、「プレゼンテーション」といっても、具体的にどのような機能で、WordやExcelとどう違うのかなど、なかなか想像しづらいかもしれません。

そもそも、学生の方や職種によっては、プレゼンをやったことがないという方も多いでしょう。ですので、「プレゼンテーション」という語句にこだわる必要はありません。

よくPowerPointで作成したファイルは「スライド」と呼ばれます。つまり、簡単に言うと、

プロジェクターでスクリーンに投影するスライド画面を作成するソフトウェア

になります。自分には関係ないと思わないでください。大規模なプレゼンテーションでなくても、会議や報告、研究発表、講演など、PowerPointを利用する場面はいくらでもあるのです。

基本操作を習得できたなら、きっと「こういう場面で使ってみよう」と、様々な場面でPowerPointを使ってみたくなるはずです。

要するに、「プレゼンテーション」に限定されるわけではなく、不特定多数の人に何かを説明するためのツールのひとつであり、時と場所を限定して使うものではないのです。

PowerPointを使うと、紙の資料ではなかなか実現できない、視覚的、感覚的な「スライド」を簡単に作成することができます。そのため、プレゼンテーションソフトの中では圧倒的なシェアを誇り、プレゼンと言えばPowerPointが代名詞になっています。

またPowerPointは、そういう役割に特化しているため、

非常に単純で扱いやすいアプリケーションソフト

です。WordとExcelの基本操作を学習された方であれば、1時間程度勉強すれば使えるようになると思います。(本編では体系だって学習しますので、1時間というわけにはいきませんが)

もっとも、シンプルな機能しかないというわけではありません。単純明快な機能が多いため、理解するのが容易だということです。しかし、それだけに奥く、面白いはずです。

学習のすすめ方は、Word編やExcel編と同じく、例題をもとに機能を解説していますが、アニメーションに代表されるように、単発的な機能が多いので、例題を作成するということに主眼を置かず、機能を理解することを中心に学習を進めていきたいと思います。

したがって、例題はその項で解説する機能のみ、つまりスライド1枚ないし2枚の例題を作成していくことになります。

通常、発表で使うスライドは数十枚にのぼります。そういった例題を毎項作成していってもあまり意味がありません。機能と使い方さえ理解できれば、あとは独自のスライドが作成できるようになると思います。

PowerPointで作成するスライドには、これといった「正解」は存在しません。各々が試行錯誤しながら、見やすくわかりやすいスライドを作り上げていくものです。

とりあえず、基本操作の学習では、「悪いスライド」を見分けることができるようになれば、正しい基礎が身についていると思っていいかもしれません。

それでは、まず次項で具体的に、PowerPointの機能と特徴を解説したあと、実際にスライドを作成していきましょう。

※ 当サイトで解説するPowerPointのバージョンは、主に「PowerPoint2010」です。他のバージョンとの違いや変更点など多少ありますが、他バージョンでも問題なく学習できると思います。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年2月7日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る