基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(5) ~ テキストボックスの挿入 ~

文を打つと、各レベルのフォントサイズが自動的に同じ比率で小さくなっていくのを前項で確認しました。

しかし、そうなって欲しくない場合も少なからずあり、例えば、引用文などを参考までに入れたいとか、補足的な文やセリフなど、スライドマスタの書式の枠組みから外して入れ込みたい場合があるものです。

そのような場合には、Word編でも登場しましたが、

テキストボックス

を使います。また、Word編で登場したオートシェイプなどの簡単な図形を挿入して、文字を書き込むこともできます。

テキストボックスやオートシェイプの挿入や使い方は、Wordとほぼ同じですので、詳しくは、テキストボックスの挿入 または、ワードアートと図形の挿入 を参照してください。

さて、では、PowerPoint編でテキストボックスやオートシェイプの何を説明するのかというと、やはりPowerPoint独自の機能についてです。

ひとまず、テキストボックスを挿入する前にスライドの体裁を整えておきましょう。4ページ目の「明け方」を2ページ目と同様に、フォントサイズを「36」、行頭記号を「ピンク」色に変更します。

行頭記号をピンク色に変更したスライドのイメージ

そして、その下の空きスペースにテキストボックスを挿入します。「挿入」タブの「テキストボックス」より「横書きテキストボックス」を選択します。

「挿入」タブの「テキストボックス」ボタンのイメージ

Wordと同様にマウスで囲い込むように枠を挿入しますが、PowerPointではWordと異なり、1行分の高さの枠しか挿入することができません。つまり、いくら広い枠を挿入しようとしても1行分の高さに縮められてしまうわけです。(横幅はドラッグしたサイズで挿入されます)

スライドにテキストボックスを挿入したイメージ

これは、縦書きのテキストボックス場合も同様です。ただ、文字数に応じて枠は自動的に広がっていくので、適当な大きさで入力してから、サイズ等は後で調整するようにしましょう。

そして、PowerPointのテキストボックスは、

最初から「線なし」「塗りつぶしなし」の透明な状態で挿入される

ので、Wordのテキストボックスより使い勝手が良いかもしれません。では、テキストボックスを使って下図のようなスライドを作成してみましょう。

テキストボックスを使って文字入力したスライドのイメージ

まず、「近所のおじさんの言葉・・・」をテキストボックスを使って入力しましょう。フォントサイズは「18」にします。

テキストボックスに文字を入力したイメージ

次に、その下にフォントサイズ「24」で「わしが95センチを釣ったのは明け方だったな」のセリフを入力します。

テキストボックスに文字を入力したイメージ

テキストボックスの位置(レイアウト)は、マウスでドラッグして調整するか、テキストボックスを選択した状態で矢印キーで調整することができます。このあたりはWordと同じです。

次は、矢印の図形を「オートシェイプ」で挿入します。「挿入」タブの「図形」より、「下矢印」を選択して挿入します。

「挿入」タブの「図形」ボタンのイメージ

そして、塗りつぶしを「黄」色に変更します。オートシェイプの使い方も基本的にWordと同じです。が、ここから少し異なる部分があります。

挿入した矢印図形のオブジェクトをマウスでドラッグし、バランスの良い中央位置に移動させます。このときPowerPointでは、

中央位置や端のインデントなどを「点線」を表示して知らせてくれる

のです。下図のように、中央付近で点線が表示されて、簡単にレイアウトを整えることができるようになっています。

オブジェクトをドラッグすると点線を表示してレイアウト位置を知らせてくれる

このようにPowerPointでは、タテヨコや中央、右端、左端などを自動的に知らせてくれます。いろいろな方向にオブジェクトをドラッグして試してみてください。

最後に、「実績のある、明け方がねらい目!」をフォントサイズ「32」で入力し、フォント色を「ピンク」にして完成です。

このあたりは、Wordの基礎を習得していれば難なくできると思います。ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年4月25日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る