基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(11) ~ 画面切り替えの効果 ~

ルチメディアの挿入を学習したことで、図や写真、グラフ、アニメーションと、主要なオブジェクトのほぼすべてをPowerPoint上で扱えるようになりました。

そして、視覚的な「動き」の効果についてもほとんどすべての基礎を学習したことになりますが、まだ学習していない基本的効果もあります。本項では、この「残り」の効果について学習します。

これまで、スライドペイン上、つまり1枚のスライド上でアニメーション等の「動き」を表現していました。それ以外の場面で動きをつけるとしたらどこになるでしょうか?

それが、本項で学習する効果で、

画面の切り替わり効果

になります。つまり、画面の「切り替わり方」に変化をつけるわけです。

百聞は一見にしかずです。早速、効果を設定してみましょう。「画面切り替え」タブを表示すると、効果の一覧をみることができます。

「画面切り替え」タブのイメージ

下向き三角矢印ボタンをクリックすると、すべての一覧が表示されます。

「画面切り替えの効果」一覧のイメージ

ここでは「フリップ」を選択してみます。(どのスライドに対して設定してもかまいませんので、とりあえず「フリップ」効果をいま開いているページに設定してみましょう)

「画面切り替えの効果」一覧のイメージ

そして、同タブの「プレビュー」ボタンもしくはスライドショーで動作を確認します。画面が、下図のようにダイナミックに切り替わったでしょうか?

「画面切り替えの効果」の「フリップ」の動作イメージ

このように、画面の切り替わり方にもアクセントをつけることができるので、こういった効果やアニメーションを効果的に取り入れることで、かなりクリエイティブ作品をスライドショーで上映することができるようになります。

この画面切り替えの効果は、スライドひとつひとつに設定していては面倒なので、すべてのスライドに適用する場合は、簡単に全適用させる方法があります。

どれかひとつのスライドに効果を適用させた状態で、下図のように「画面切り替え」タブの「すべてに適用」ボタンをクリックします。

「画面切り替え」タブの「すべてに適用」ボタンのイメージ

これだけですべてのスライドに適用させることができます。

また逆に、あるスライドページだけに適用させたくない場合は、そのスライドをスライドペインに表示させて効果の一覧より「なし」を選択すれば、そのページだけ効果は適用されなくなります。

「画面切り替えの効果」一覧のイメージ

ただし、注意が必要なのは、効果が適用になるのは「そのページに対して」であるので、例えば、3ページ目に設定したとしたら、3ページが開く時にアクションが起こります。4ページ目が開く時と混同しがちですので注意してください。

さて、画面切り替えの効果について基本的なところはこれくらいですが、もう少し細かいところでは、下図のように「効果のオプション」ボタンで、さらに細かい設定が可能です。下図の場合は「右回り」と「左回り」を切り替えることができますが、これは効果によって異なります。

「画面切り替え」タブの「効果のオプション」ボタンのイメージ

さらに、効果には「効果音」をつけることもできます。

デフォルト(初期設定)では、下図のように「サウンド」が「なし」になっていますが、この箇所のリストメニューより効果音を選択することができます。

「画面切り替え」タブの「サウンド」のリストボタンのイメージ

効果音は、選択すると自動的に再生され、視聴することができます。適当に選んで効果音をつけてみましょう。

「画面切り替え」タブの「サウンド」一覧メニューのイメージ

これも同様に「すべてに適用」ボタンで、全スライドに適用させることができます。

ただし、前項と同様に「音」に関しては、プレゼン等を行う「会場」のスピーカー等の設備に影響されるので、事前に確認しておくようにしましょう。

以上で本項は終了です。ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年6月7日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る