基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

ドライバ(デバイスドライバ)とは

バイスはOSの管理下で動作しますが、前項で解説のとおり、現在パソコンに接続する(または内蔵されている)デバイスは無数に存在しています。

ただし、デバイスはパソコンに接続して使用しますが、パソコンに接続しただけでは使用することができません。つまり、接続しただけではOSはそれを管理することができないということです。

なぜなら、その デバイスを制御するソフトウェアが必要になる からです。

デバイスは無数に存在するため、実質的にOSがそのすべてを制御するための機能を備えていることなど不可能だからです。

したがって、デバイスを制御するソフトウェアがなかったら、OSはそのデバイスを管理することができません。このため、OSとデバイスの橋渡し役となるソフトウェアが必要になるのです。

こうしたデバイス専用のソフトウェアのことを、

ドライバ(デバイスドライバ)

と言います。無数にあるデバイスのうちどのデバイスであっても、パソコンに接続して使用するためには、このドライバをOSにインストールしなければなりません。

例えば、新しく購入したプリンタなどのデバイスをパソコンに接続する際、付属のCD等でソフトウェアをインストールした経験がある方も多いと思います。それがドライバだったわけです。

このように、実際のところはOSがデバイスを管理するといっても、最初から(パソコンの出荷時点から)すべてのデバイスに対応させておくことは不可能です。

言い換えれば、パソコンを買った時に、そのパソコンのOSがこの世の中にあるすべてのデバイスを管理できる状態であることは現実的に不可能です。そこで、

デバイスの制御ソフトは、そのデバイスの製作者が開発してデバイスと共に提供する

というルールが一般化しています。つまり、デバイスとドライバはセットで販売するということです。また、そのデバイスを製作したメーカーのウェブサイトで、ドライバを無償でダウンロードできる場合がほとんどです。

もっとも、現在ではドライバの存在を意識することは少なくなっています。

確かに、プリンタやスキャナなどの大きなデバイスでは、付属のCD等からそのデバイスに関するアプリケーションソフト(例えばプリンタなら画像編集ソフトなど)やドライバをインストールします。

しかし、多くのUSBメモリやデジカメなどは、パソコンに接続するだけで認識され、使用することができます。なぜなら、Windows VistaやWindows XPといった最近のOSには、

主要なデバイスのドライバがあらかじめインストールされている

からです。OSをすべてのデバイスに対応させておくことは不可能でも、メジャーどころのドライバはあらかじめインストールされているわけです。

一世代前のWindows95やWindows98といったOSは、それほど多くのドライバがインストールされておらず、デバイスに付属のCDやフロッピーでドライバをインストールしていました。

さらにいえば、Windows95の登場以前は、ドライバのインストールはもちろん、デバイスのもっと機械的で専門的な設定をユーザーが自分でしなければならなかったため、デバイスの接続自体が一般的ではありませんでした。

そこで、Windows95から画期的な機能が搭載されました。それは、

デバイスをパソコンに接続したときに、各種の設定をOSが自動的に行う機能

です。この機能を、

プラグ アンド プレイ(Plug and Play)

と言います。プラグ アンド プレイ機能により、デバイスをパソコンに接続するだけでドライバのインストール手前まで(デバイスをOSが認識するまで)は自動で行われるようになりました。

そして、現在では多くのドライバがもうすでにOSにインストールされているため、すべてが自動で行われて、接続するだけですぐに使用できるというわけです。

下図は、Windows98でデジカメを接続したときに、プラグ アンド プレイによりドライバが自動で検索されている画面です。

新しいハードウェアの追加ウィザード画面イメージ

Windows98では、ドライバがインストールされていないため、このあと付属のCDによりドライバをインストールすることになります。

最近のOSでは、メジャーどころのデバイスの場合は、このような画面が現れることなくドライバをインストールする必要もありません。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月5日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月25日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る