基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

ドライバ(デバイスドライバ)とは

バイスはOSの管理下で動作しますが、前項で解説のとおり、現在パソコンに接続する(または内蔵されている)デバイスは無数に存在しています。

ただし、デバイスはパソコンに接続して使用しますが、パソコンに接続しただけでは使用することができません。つまり、接続しただけではOSはそれを管理することができないということです。

なぜなら、その デバイスを制御するソフトウェアが必要になる からです。

デバイスは無数に存在するため、実質的にOSがそのすべてを制御するための機能を備えていることなど不可能だからです。

したがって、デバイスを制御するソフトウェアがなかったら、OSはそのデバイスを管理することができません。このため、OSとデバイスの橋渡し役となるソフトウェアが必要になるのです。

こうしたデバイス専用のソフトウェアのことを、

ドライバ(デバイスドライバ)

と言います。無数にあるデバイスのうちどのデバイスであっても、パソコンに接続して使用するためには、このドライバをOSにインストールしなければなりません。

例えば、新しく購入したプリンタなどのデバイスをパソコンに接続する際、付属のCD等でソフトウェアをインストールした経験がある方も多いと思います。それがドライバだったわけです。

このように、実際のところはOSがデバイスを管理するといっても、最初から(パソコンの出荷時点から)すべてのデバイスに対応させておくことは不可能です。

言い換えれば、パソコンを買った時に、そのパソコンのOSがこの世の中にあるすべてのデバイスを管理できる状態であることは現実的に不可能です。そこで、

デバイスの制御ソフトは、そのデバイスの製作者が開発してデバイスと共に提供する

というルールが一般化しています。つまり、デバイスとドライバはセットで販売するということです。また、そのデバイスを製作したメーカーのウェブサイトで、ドライバを無償でダウンロードできる場合がほとんどです。

もっとも、現在ではドライバの存在を意識することは少なくなっています。

確かに、プリンタやスキャナなどの大きなデバイスでは、付属のCD等からそのデバイスに関するアプリケーションソフト(例えばプリンタなら画像編集ソフトなど)やドライバをインストールします。

しかし、多くのUSBメモリやデジカメなどは、パソコンに接続するだけで認識され、使用することができます。なぜなら、Windows VistaやWindows XPといった最近のOSには、

主要なデバイスのドライバがあらかじめインストールされている

からです。OSをすべてのデバイスに対応させておくことは不可能でも、メジャーどころのドライバはあらかじめインストールされているわけです。

一世代前のWindows95やWindows98といったOSは、それほど多くのドライバがインストールされておらず、デバイスに付属のCDやフロッピーでドライバをインストールしていました。

さらにいえば、Windows95の登場以前は、ドライバのインストールはもちろん、デバイスのもっと機械的で専門的な設定をユーザーが自分でしなければならなかったため、デバイスの接続自体が一般的ではありませんでした。

そこで、Windows95から画期的な機能が搭載されました。それは、

デバイスをパソコンに接続したときに、各種の設定をOSが自動的に行う機能

です。この機能を、

プラグ アンド プレイ(Plug and Play)

と言います。プラグ アンド プレイ機能により、デバイスをパソコンに接続するだけでドライバのインストール手前まで(デバイスをOSが認識するまで)は自動で行われるようになりました。

そして、現在では多くのドライバがもうすでにOSにインストールされているため、すべてが自動で行われて、接続するだけですぐに使用できるというわけです。

下図は、Windows98でデジカメを接続したときに、プラグ アンド プレイによりドライバが自動で検索されている画面です。

新しいハードウェアの追加ウィザード画面イメージ

Windows98では、ドライバがインストールされていないため、このあと付属のCDによりドライバをインストールすることになります。

最近のOSでは、メジャーどころのデバイスの場合は、このような画面が現れることなくドライバをインストールする必要もありません。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月5日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る