基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

なぜ拡張子が必要か?

張子とは、ファイルの中身がどのような種類であるかを示す文字列のことでした。拡張子がないとWindowsはファイルを識別することができません。

つまり、Windowsは拡張子によって、そのファイルを「どのアプリケーションソフトで開くのか」を判断してるのです。

例えば、Wordファイルの拡張子「.doc」のファイルをダブルクリックすると、Wordが起動し、Wordでそのファイルが開きます。Excelファイルの「.xls」もしかりです。

前項でも解説したように、Windowsはファイルの中身をみて判断しているわけではなく、拡張子という文字列のみを信じています。

したがって、拡張子を変更するとファイルを開くことができなくなりますし、実在する他の拡張子に変更した場合は、アイコンがその変更先のアイコンに変化してしまいます。

このことから、拡張子はファイルの中身に影響を与えるものではないということを学習しました。これが理解できていると、なぜ拡張子というものが必要なのかが理解できます。それは、

アプリケーションソフトによって、バイナリをどう解釈するかは異なる

からです。つまり、ファイルはすべてバイナリ(0と1の2進数)から成りなっていますが、この2進数をどう解釈するのかは、使用するアプリケーションソフトによって異なるのです。

拡張子によってそのファイルを開くアプリケーションソフトを示してやらないと、そのファイルのバイナリを正しく解釈することができないのです。

なぜバイナリの解釈がアプリケーションソフトによって異なるのでしょうか?

それは、これがパソコンの最大のメリットだからです。逆にもし同じ解釈しかできなかったらどうでしょう。複数のアプリケーションソフトがパソコンに同居することができるでしょうか?

パソコンの頭脳である計算装置(CPU)はただ単純に2進数を計算するだけで、その計算結果は各アプリケーションソフトが独自に解釈することができます。すなわち、

様々なアプリケーションソフトがパソコン上で利用できる

というわけです。

このことを実験で確認してみましょう。Excelを立ち上げ、下図のように「テスト」と入力して適当なファイル名で保存します。

Excelの画面イメージ

このファイルを一度閉じ、今度はファイルを「右クリック」して、「プログラムから開く」→「既定のプログラムの選択」 で、下図のプログラムの選択画面から「Word」を選択します。

一覧にWordが表示されなければ、「ほかのプログラム」の右下ボタンをクリックして一覧を表示させてみましょう。

ファイルを開くプログラムの選択画面

これで、Excelで作成したファイルをWordで開く ことができます。(「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックを必ず外してください。これを外し忘れると、常にExcelファイルがWordで開くように自動設定されてしまいます)

Wordを選択し「OK」ボタンをクリックすると、下図のように意味不明のファイルが立ち上がります。

ExcelファイルをWordで開いたときのイメージ

このように、同じファイルであっても、Excelでは「テスト」と表示され、Wordでは文字化けして意味不明の文字列が現れます。使用するアプリケーションソフトによってバイナリの解釈の仕方が違う ということがよくわかります。

拡張子がなぜ必要かという疑問は、パソコンで様々なアプリケーションソフトを使いわけるために、アプリケーションソフトによって自由にバイナリを解釈することができるため、そのファイルはどのアプリケーションソフトと対応しているかを示す情報が必要になる、ということです。

もし、拡張子が付いていないファイルがあったとしたら、また、拡張子を削除してしまって何のファイルかわからなくなってしまったら、正しい拡張子を付けて元に戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

こうなってしまうと、Windowsが判断できないのですから私たちが一目で判断することなどできません。ひとつひとつ色々なアプリケーションソフトで開いて試してみるか、専用のアプリケーションソフトで判別しなければならなくなります。

つまり、拡張子とはとても大切な情報である一方で、ファイルの中身には影響を与えないただの文字列でもあります。

拡張子を誤って変更したり削除してしまってたら、ファイルが開けなくなることがありますが、ファイルが壊れたわけではありません。

なんとも微妙な存在ですが、拡張子を表示させ、拡張子とファイル形式を理解することが上級者への第一歩です。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年3月30日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月25日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
ウィンドウズのファイル操作術-パソコンがわかる!使える!

ページトップへ戻る