基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

保存と関連付け

えば、Wordで作成したファイルの拡張子は「.doc」になりますが、これらの拡張子は一体いつ決定し、ファイル名に付加されているのでしょうか?

これも「Wordで作ったんだから自動で付くんじゃないの」と思われるかもしれませんが、私たちはしっかりその作業を行っています。それは、

拡張子は、「保存」という作業で付加される

のです。これまで学習してきたように、保存という作業では、ファイルという入れものに入れられて、保存先のパスが決定します。さらに拡張子も付加されるという多くの役割を担っているのです。

Wordで作成したファイルを保存する場合、下図のように「ファイルの種類」が「.doc」になっています。このまま「保存」ボタンを押すと同時に、拡張子「.doc」が付加されます。

名前を付けて保存の画面

※ Office2007では、Word文書の拡張子は通常 「.docx」ですが、ここでは従来のWord文書の拡張子である、「.doc」としています。

通常は意識することなく、このまま「保存」ボタンを押して保存します。したがって、無意識のうちに拡張子を付加する作業を行っているのです。

このとき、ファイルの種類を、下図のとおり矢印をクリックして表示されるリストから選択することができ、「Word 97-2003 文書(.doc)」から他の形式へ変更することもできます。

名前を付けて保存の画面

ここで注意すべきなのは、「ファイルの種類」とは前項で解説した、ファイル形式 のことです。そして、拡張子はファイル形式ではなく、ファイル形式を示す文字列です。

この例では「Word 97-2003 文書」がファイル形式で、「.doc」が拡張子になります。上図のリストでは、「ファイル形式(*.拡張子)」となっています。つまり、

ファイル形式と拡張子の名称が異なる場合がある

ので注意してください。(詳しくは次項で解説します)

また、Windows/Office で詳しく解説しますが、Office2007の標準の拡張子は、Office2003以前の拡張子と変わっていますので、Office2007で作成したWordやExcelのファイルが、Office2003以前のバージョンでは開けなくなります。

このようにバージョンの違いや、異なるアプリケーションソフト、OS間でのファイルの動作(正常に開いて正常に動作するか)のことを、互換性(ごかんせい) といいます。

正常に動作する場合は「互換性がある」、正常に動作しない場合は「互換性がない」と表現します。互換性については、互換性/バージョンとは で詳しく解説します。

保存のとき「ファイルの種類」でファイル形式を標準から変更する場合には、この互換性を考えて変更することが多いです。

さて、このようにWordで作成したファイルは、「保存」という作業を行うことで「.doc」という拡張子が付加されます。

その後、そのファイルをダブルクリックすると、Wordでそのファイルが開きます。このことは当たり前で何気ないことですが、

OSが、拡張子とアプリケーションソフトを関連付けている

ということなのです。つまり、Wordの拡張子「.doc」のファイルをダブルクリックすると、アプリケーションソフト「Word」で立ち上がるように、「.doc」と「Word」を関連付けています。

関連付けとは、

この拡張子のファイルは、このアプリケーションソフトで開くというルール

になります。「保存」という作業でそれが決定されます。

下図の画面で、お使いのパソコンの「関連付け」を確認することができます。また「関連付け」を変更して、違うアプリケーションソフトから開くように設定することもできます。

例えば、「.doc」のファイルを通常のWordではなく、Excelから開くように設定することも可能なのです。もちろん、前項の例のようにきちんと表示されないなどの現象が発生します。

Windows Vista:
「スタート」ボタン →「コントロールパネル」→「プログラム」→「既定のプログラム」→「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」

ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付けの画面

Windows XP:
「スタート」ボタン →「コントロールパネル」→「フォルダオプション」→「ファイルの種類」タブ

フォルダオプションのファイルの種類タブの画面

関連付けを変更することは通常あまりありませんが、画像の表示ソフト(ビューア)や音楽プレーヤーソフトなど、以前使用していたアプリケーションソフトから新しいソフトへ変更した場合などは、しばしばこの関連付けを変更することがあります。

このようにWindowsでは、ファイルの中身によって判断せず、拡張子とアプリケーションソフトを関連付けてファイルを開いています。

拡張子の特徴は裏技にも使えます。 秘密のファイルは、拡張子を変更して関連付けられたアプリケーションでは開かないようにしておくことです。たとえば、秘密のWord文書(.doc)を画像ファイル(.gif等)にしておけば他人は気付かず、簡単には開くことができません。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年3月31日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
ウィンドウズのファイル操作術-パソコンがわかる!使える!参考文献

ページトップへ戻る