基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

WWWを支えるプロトコル ~ HTTPとは ~

ンターネットの代表的な要素である「ウェブサイト」を構築する技術は、WWWと呼ばれる文書システムでした。

WWWとは で解説のとおり、WWWは、ハイパーテキストを記述することのできるHTML言語で記述された文書ファイル「HTMLファイル」を、ウェブページとして閲覧するシステムになります。

さて、インターネットの標準プロトコルはTCP/IPですが、このWWWシステムにおいても、WWWの標準プロトコルが存在します。

このWWWを支えるプロトコルが、

HTTP(エイチ ティー ティー ピー)

と呼ばれるプロトコルです。HTTPは「HyperText Transfer Protocol」の略になります。

これまでの学習の中でHTTPという用語は幾度か登場しましたが、WWWとは の項ではHTTPについて簡単に次のように解説しました。

URIを入力する際に、「http://www.~」と入力した経験があると思います。これは、HTTPプロトコルで通信し、WWWシステムのどこどこにあるファイルを指定します、という意味になります。

URIについては次項で詳しく解説しますが、上の一文で解説が半分は終わっているといっても良いくらいです。まさにこのとおりですが、もう少し詳しく説明して行きましょう。

HTTPという用語はインターネットでウェブページを閲覧した経験があれば、必ず見たり聞いたりしているはずですが、具体的には、

WWWサーバとブラウザの間で、ウェブページのデータを送受信する際のプロトコル

になります。(WWWサーバやブラウザについては、WWWとは を参照してください)

つまり、ウェブページを閲覧するという行為は、WWWサーバと自分のブラウザとのデータのやり取りに他なりません。そのプロトコルがHTTPということです。

ウェブページであるHTMLファイルは、インターネット上のWWWサーバに保存されています。WWWサーバはインターネット上に無数に存在し、その場所を指定するのがインターネット上の住所である「URI」でした。

URIをブラウザに入力することで、WWWサーバにウェブページの転送要求(表示要求)を出しているのです。そして、WWWサーバはその要求にしたがってウェブページのデータを転送して私たちに表示してくれています。

HTTPは、普段私たちが簡単にインターネット上のウェブページを閲覧しているように、比較的簡単な仕組みで構成されています。

つまり、WWWサーバに対するウェブページの転送要求と、それに対するWWWサーバからのウェブページデータの送信という仕組みです。

ウェブページデータとは、ハイパーテキストである「HTML文書」をはじめ、そのHTML文書にリンクとして組み込まれた、画像ファイルや音声ファイルなどです。

まず、ユーザーがブラウザにURIを入力すると、それにともなってWWWサーバに対して、情報(ウェブページ)の転送要求がされ、WWWサーバはその要求を受けてHTML文書ファイルを転送します。

ブラウザは、転送されてきたHTML文書を解析して表示し、同時にそのHTML文書にリンクとして埋め込んだ画像等のファイルがある場合は、そのファイルの転送を要求し、WWWサーバは要求に応じてデータを送信します。

こうした一連のやり取りを経て、パソコンの画面にウェブページが表示されるのです。

HTTPによるウェブページ表示の仕組みイメージ

上図のように、WWWサーバとクライアントの間でやり取りが行われてウェブページが表示されています。今、このウェブページをご覧になっているということは、こうしたやり取りを経ているということになります。

このやり取りのプロトコルが「HTTP」です。ブラウザのアドレス欄に「http://」で始まるURIが表示されているのは、まさに「HTTP」プロトコルで通信している証拠です。

このほか、SSLという暗号化技術を使ってデータをやり取りする「HTTPS(エイチティーティーピーエス)」というプロトコルもあり、この場合は「https://」となります。(詳しくは後述します)

HTTPSは、ネットショッピング等でクレジットカードなどの秘密漏えい対策のために使われる通信です。 IDやパスワードを入れてログインするサイトでよく使われています。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年5月7日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月20日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献

ページトップへ戻る