基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

WWWを支えるプロトコル ~ HTTPとは ~

ンターネットの代表的な要素である「ウェブサイト」を構築する技術は、WWWと呼ばれる文書システムでした。

WWWとは で解説のとおり、WWWは、ハイパーテキストを記述することのできるHTML言語で記述された文書ファイル「HTMLファイル」を、ウェブページとして閲覧するシステムになります。

さて、インターネットの標準プロトコルはTCP/IPですが、このWWWシステムにおいても、WWWの標準プロトコルが存在します。

このWWWを支えるプロトコルが、

HTTP(エイチ ティー ティー ピー)

と呼ばれるプロトコルです。HTTPは「HyperText Transfer Protocol」の略になります。

これまでの学習の中でHTTPという用語は幾度か登場しましたが、WWWとは の項ではHTTPについて簡単に次のように解説しました。

URIを入力する際に、「http://www.~」と入力した経験があると思います。これは、HTTPプロトコルで通信し、WWWシステムのどこどこにあるファイルを指定します、という意味になります。

URIについては次項で詳しく解説しますが、上の一文で解説が半分は終わっているといっても良いくらいです。まさにこのとおりですが、もう少し詳しく説明して行きましょう。

HTTPという用語はインターネットでウェブページを閲覧した経験があれば、必ず見たり聞いたりしているはずですが、具体的には、

WWWサーバとブラウザの間で、ウェブページのデータを送受信する際のプロトコル

になります。(WWWサーバやブラウザについては、WWWとは を参照してください)

つまり、ウェブページを閲覧するという行為は、WWWサーバと自分のブラウザとのデータのやり取りに他なりません。そのプロトコルがHTTPということです。

ウェブページであるHTMLファイルは、インターネット上のWWWサーバに保存されています。WWWサーバはインターネット上に無数に存在し、その場所を指定するのがインターネット上の住所である「URI」でした。

URIをブラウザに入力することで、WWWサーバにウェブページの転送要求(表示要求)を出しているのです。そして、WWWサーバはその要求にしたがってウェブページのデータを転送して私たちに表示してくれています。

HTTPは、普段私たちが簡単にインターネット上のウェブページを閲覧しているように、比較的簡単な仕組みで構成されています。

つまり、WWWサーバに対するウェブページの転送要求と、それに対するWWWサーバからのウェブページデータの送信という仕組みです。

ウェブページデータとは、ハイパーテキストである「HTML文書」をはじめ、そのHTML文書にリンクとして組み込まれた、画像ファイルや音声ファイルなどです。

まず、ユーザーがブラウザにURIを入力すると、それにともなってWWWサーバに対して、情報(ウェブページ)の転送要求がされ、WWWサーバはその要求を受けてHTML文書ファイルを転送します。

ブラウザは、転送されてきたHTML文書を解析して表示し、同時にそのHTML文書にリンクとして埋め込んだ画像等のファイルがある場合は、そのファイルの転送を要求し、WWWサーバは要求に応じてデータを送信します。

こうした一連のやり取りを経て、パソコンの画面にウェブページが表示されるのです。

HTTPによるウェブページ表示の仕組みイメージ

上図のように、WWWサーバとクライアントの間でやり取りが行われてウェブページが表示されています。今、このウェブページをご覧になっているということは、こうしたやり取りを経ているということになります。

このやり取りのプロトコルが「HTTP」です。ブラウザのアドレス欄に「http://」で始まるURIが表示されているのは、まさに「HTTP」プロトコルで通信している証拠です。

このほか、SSLという暗号化技術を使ってデータをやり取りする「HTTPS(エイチティーティーピーエス)」というプロトコルもあり、この場合は「https://」となります。(詳しくは後述します)

HTTPSは、ネットショッピング等でクレジットカードなどの秘密漏えい対策のために使われる通信です。 IDやパスワードを入れてログインするサイトでよく使われています。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年5月7日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月20日
内容修正。
2018年1月26日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ

ページトップへ戻る