基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

ウェブページの仕組み(6) ~ JavaとJavaScript ~

ンタラクティブなページを構成するには、HTMLのみでは実現することができず、そのためのひとつの方法として、前項で解説したCGIを利用する方法があります。

CGIは、CGIプログラムがWWWサーバ上で実行されて各ユーザーに処理結果が返され、各ユーザーのブラウザで読み込まれて表示されます。

そのため、誤作動を起こすと大きな問題となってしまう可能性が高く、セキュリティ上、扱いには十分な注意が必要となります。

そこで、WWWサーバに影響を与えることなく、ユーザーの ブラウザ上で実行される プログラムも開発されてきました。

その代表的なものが、

JavaScript(ジャバ スクリプト)

です。JavaScriptは、もともとネットスケープ・コミュニケーションズ社が、自社のブラウザである「Netscape Navigator」用に開発した スクリプト言語(簡易プログラム言語。詳しくは前項を参照してください)です。

名前の由来は、サン・マイクロシステムズ社が開発した「Java(ジャバ)」というプログラム言語が開発当時に流行しており、そのサン社と関わりがあったため、Javaの影響でJavaScriptと名付けられました。(最初は「LiveScript」という名称だったが、戦略的にJavaScriptに変更)

両者は名称は似ていますが、JavaScriptはPerl同様にスクリプト言語、Javaはプログラム言語で、まったく別物と言って良いものです。(Javaについては後述します)

したがって、JavaScriptは簡易的なスクリプト言語であるため、その利用範囲はある程度限られますが、初心者でも習得しやすい言語になります。例えば、JavaScriptは、

HTMLファイルに直接書き込むことができる

という特徴があります。つまり、HTMLを補完する言語になります。

具体的には、<SCTIPT></SCTIPT> というタグを指定して、そのタグの中に直接書き込んで行きます。(別ファイルにすることも可能です)

JavaScriptを使えば、ウェブページ上で音を出したり、背景色を変えたり、日時を表示したり、アニメーション画像を表示したり、パスワードを入力できるようするなど、ウェブページに様々な特色を加えることができます。

また、JavaScriptは、ただ単にウェブページに動的な動きを付けるといった要素のみではなく、様々なウェブベースのプログラム(CGIやJava、Flashなど)と連動して、HTMLとの仲介的機能を担うといった要素も併せ持っています。

例えば、CGIと連動して、そのサイトを訪れたユーザーのアクセス元や、使用しているブラウザ、OSなどのアクセス解析を行ったりすることもできます。

そしてもうひとつの大きな特徴は、対応しているブラウザさえあれば、

OSや機種等のプラットフォームに関係なく動作する

という点です。つまり、ブラウザさえあれば良いわけで、様々な機種や環境が混在するインターネット時代にふさわしい技術なのです。こうして、JavaScriptは広く普及し、ほとんどのウェブサイトでJavaScriptが使われていると言っても良いくらいになっています。

ただし、JavaScriptにも限界や欠点は当然あります。

JavaScriptは、CGIとは異なり、WWWサーバのデータベースに書き込みしたりするようなファイル処理を行うことができません。それは、データの改ざんや漏えいを防ぐために、セキュリティ上あえてそのように設計してあるためです。

他にも、ブラウザ上で動作するということは、

ブラウザがJavaScriptに対応していなければならない

ということになります。現在では、ほとんどのブラウザが対応していますが、ブラウザの種類によってはプログラムの動作が多少異なったり、中には対応していないブラウザも一部存在しています。

また、HTMLファイルに直接書き込めるということは、JavaScriptのプログラムソース(記述内容)を誰にでも見られてしまうということになります。仮にオリジナルのプログラムを苦労して書いたとして、他人に苦労なく無断でコピーされて使用されるということもあり得ます。

ただ、JavaScriptの普及は、こうしたプログラムソースのオープン性によるところが大きいため、インターネットの世界においてそれは評価されるべきことでもあります。

さて、では次に、JavaScriptに名前はよく似ているが全く異なる言語、

Java(ジャバ)

について解説して行きたいと思います。

Javaは、サン・マイクロシステムズ社が1995年に開発したプログラム言語です。先述のとおり、JavaScriptと名前は似ていますが、Javaは高機能で広い用途に対応できる本格的なプログラム言語であるため、プログラムの処理方法が基本的に異なり、全くの別物と考えて良いものです。

Javaが開発される以前は、プログラム言語の主流は「C言語」と呼ばれるプログラム言語でした。しかし、この「C言語」はプラットフォームに依存するため、特定の環境でコンパイル(CPUが処理できる0と1の機械語に変換すること)したプログラムは、他の環境では実行できませんでした。

つまり、OSCPUに合わせてコンパイルする必要があったのです。すなわち、OS等よって機械語の処理が異なるためで、その環境に合わせた、例えばWindows用やUnix用にプログラムをコンパイルしなければならなかったのです。

しかし、インターネットの普及によって様々な環境がネットワークに混在してくると、各機種ごとにソフトウェアを開発することは大変なコストと手間がかかるようになりました。

そして、プラットフォームに関係なく動作するプログラムが必要とされ、開発された言語が「Java」なのです。したがって、Javaは、

どんな環境でも動作するプログラムを作成することができるプログラム言語

になります。なぜそれが可能になったかというと、Javaで作成したプログラムは、

Java VM(または、Java仮想マシン)

というソフトウェア上で実行されるからです。つまり、JavaScriptのプログラムをブラウザが実行するように、JavaのプログラムはJava VMというソフトウェアが実行するのです。

VMは「Virtual Machine」の略になります。その名の通り、仮想コンピュータ的なソフトウェアであり、CPUが処理する前にこのソフトウェアがプログラムを処理するため、どのような環境であろうと、Javaのプログラムは一度コンパイルするだけで良いのです。

実際には、Javaのプログラムは、作成時はプラットフォームから独立した独自の形式であり、それをJava VMが、実行するプラットフォームに対応した形式に変換しながらCPUに渡しているのですが、要するに、

Java VMがインストールされていればプログラムはどんな環境でも正しく動作する

というわけです。このように、Java VM上で動作するJavaで記述されたプログラムを、「Java アプリケーション」と言います。

Java VMは、最近のパソコンでは最初からインストールされているものが多いですが、無料でダウンロードすることができます。

また、多くのブラウザもJavaに対応しており、ブラウザ(ブラウザに組み込まれたJava VM)上で動作するJavaのプログラムを「Java アプレット」と言います。

Javaアプレットを使えば、ウェブページ上でアニメーションを動かしたり、ゲームなども行うことができます。

さらに、WWWサーバ上で動作する「Java サーブレット」も作成することができ、CGI用のプログラムを作成することもできます。

このようにJavaは、どのようなプラットフォームでも動作することと機能の充実によって、瞬く間に普及して行ったのです。

現在、Javaはコンピュータのみならず、家電や携帯電話にも利用されており、その可能性をますます広げています。

特に携帯電話では、Javaを利用したアプリやゲームなどのサービスが数多く提供されています。この場合も、携帯電話に「Java VM」が組み込まれているのです。

プログラムが実行される環境「Java VM」さえあればどんな機器の上でも動作するというJavaの技術は、今後ますます浸透し、IT時代、モバイル時代の必須技術と言えると思います。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2009年7月19日
ページを公開。
2009年7月19日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年4月18日
Javaダウンロードページへのリンクを追加。
2014年5月22日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献
文献
初めて学ぶJavaScript入門早わかり―魅力的なホームページを作ろう参考文献

ページトップへ戻る