基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

名称 ~ ホームページとウェブサイト ~

項で、コンピュータの種類について解説し、パソコンとコンピュータの違いを学習しました。したがって、同義語のような二つの用語も厳密には意味が異なり、使用目的によっては使い分けなければならない場合があります。

本項では、そのような用語をさらに広く紹介し、場面に応じて正しい活用ができるように学習して行きたいと思います。

さて、「パソコン」と「コンピュータ」については前項で学習しましたので、詳しくは前項を参照してください。この他の例として、まず「ホームページ」と「ウェブサイト」という呼び方について解説したいと思います。

この2つの用語は、日本では同義語として扱われていますが、実際には間違った使われ方をしているのです。そもそも「ホームページ」の本来の意味は、

ブラウザを起動した時に最初に表示されるウェブページ

を表す用語になります。したがって、ホームページとはブラウザによって設定される「1ページ」を表しているわけで、「ウェブサイト」と同義語ではありません。

「ウェブサイト」とは、

同じドメインに含まれるページ全体

を表す用語です。(ドメインについては、IPアドレスとドメイン を参照してください)つまり、日本ではウェブサイトとホームページが同義語として扱われ、ややもすると「ホームページ」=「インターネット」のようなイメージを持つ人もいますが、根本的には誤りなのです。

日本や韓国などの一部の国ではなぜか、ただの1ページを表す「ホームページ」という言葉がウェブページ全体を表す言葉として定着してしまったのです。外国ではホームページと伝えても意味がずれて伝わってしまいます。

もっとも、「ホームページ」は、この他の使われ方として、

ウェブサイトの一番最初のページ(トップページ)

を意味する場合が一般的になっており、本来の意味であるブラウザの起動ページは「スタートページ」と表現されるようになってきています。

つまり、それぞれの場面で同じような言葉が混同されて、間違った使われ方がそのまま定着してしまっているのです。

したがって、現在では、「ウェブサイト」とは、同じドメイン内の複数のウェブページやウェブページに含まれるファイルの集合体を指す言葉であり、「ホームページ」は、そのウェブサイトのトップページのみを指す言葉になります。

本に例えると「ホームページ」は表紙やもくじであり、本全体が「ウェブサイト」になります。

また、ネットワークの中の1台のパソコンを表現する「端末」という用語と「クライアント」という用語も、厳密には意味が異なります。

前項で解説のとおり、もともと「端末」という言葉は、メインフレームとネットワークされた処理能力を持たない「入力端末」のことを指す言葉で、「クライアント」とは、クライアントサーバシステムにおける処理能力を有するパソコン等のコンピュータを指す言葉です。

したがって、メインフレームに従属的な「端末」と、サーバに対して協力的な「クライアント」とは意味が異なるのです。

しかし現在では、「端末」はネットワークの「端末装置」の意味でも用いられることが多くなり、クライアントと混同されることが多く、明確な区分はなくなっています。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2009年9月4日
ページを公開。
2009年9月4日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月23日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る