基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

出力装置とは(2)~ プリンタ ~

ィスプレイに引き続き、本項ではプリンタについて解説します。前項でも解説のとおり、出力装置はディスプレイとプリンタをおさえておけば十分だと思います。

プリンタは、印字方式によって、

・インパクトプリンタ (磁気ヘッドでインクリボンを紙に打ち付け印字)
・ノンインパクトプリンタ (インパクトプリンタ以外の方法で印字)

に大別されます。インパクトプリンタは、文字通り「インパクト(衝撃)」を与えて印刷するプリンタで、ノンインパクトプリンタは、衝撃を与えない方法で印刷するプリンタです。

ノンインパクトプリンタには、熱転写プリンタ、感熱式プリンタ、インクジェットプリンタ、レーザープリンタなどの種類があります。

プリンタの種類と特徴
名称 特徴
ドットインパクトプリンタ 細かいピンを並べた磁気ヘッドを、インクリボン(インクを染み込ませた細長いリボン)に叩きつけて、圧力で紙に文字の形を印字するプリンタ。印刷時の音が大きく、高価であるため一般的な利用は少ない。2枚目や3枚目に複写できるので、複写用途で用いられている。
インクジェットプリンタ プリンタヘッドにインクを飛ばす小さなノズルが多数あり、文字や写真等の形に合わせて、微細な粒子を吹き付けて印刷する。安価で小型なため、家庭用に広く普及している。紙、ハガキ、CD等のメディアにも印刷できる。
レーザープリンタ 1ページ分のイメージをプリンタが記憶し、レーザー光を利用してそのイメージの版を作り、ドラム上にトナー(黒炭の粉)を付着させ、ドラムの回転とともに熱と圧力で紙に押し付け印刷する。コピー機と同様の仕組み。高品質で印刷速度も速い。
熱転写プリンタ プリンタヘッドが、印字する文字の形に合わせて発熱し、インクリボンに押し付け、インクを溶かして紙に印刷する。インクリボンが高価で、一度利用するとその部分のインクがはがれてしまう。現在では、あまり使われていない。
感熱式プリンタ 熱で変色する感熱紙に、プリンタヘッドの熱で印刷する。感熱紙自体が時間の経過とともに変色するため、現在では、あまり使われていない。

さて、ディスプレイのカラー方式は、前項で解説のとおり三色を使う「RGB方式」でしたが、プリンタのカラー方式は、

CMYL方式

が用いられています。CMYKとは、

C(cyan:シアン)・M(magenta:マゼンタ)・Y(yellow:イエロー)・K(black:ブラック)

の略で、「四色」ですべての色を表現します。理論的には、C(藍色)、M(深紅色)、Y(黄色)ですべての色を表現できる(光の三原則RGBに近い)が、より完全な黒を表現するために、K(黒)が加えられています。

したがって、K(黒)は大げさに言えばなくてもよいわけで、すなわち、

黒色だけの文字でも、全色を使用して印刷される

ということになります。シロクロの文書のみを印刷する場合でも、ブラックだけが減って他のカラーのインク残量が減らないわけではありません。

さて、ではなぜディスプレイは三色でプリンタは四色なのかというと、インクで表現できる色数は光の色数よりも少ない からです。

実際には、ディスプレイの画像をそのままの色や画質で印刷することはほぼ困難なのです。

最近のインクジェットプリンタは、6色インクだったり8色インクの製品も登場しています。空などの透明感や鮮やかさなどの蛍光色を出す、LC(ライトシアン)やLM(ライトマゼンタ)といったインクが追加されています。

したがってり、インクの色数が多いプリンタはその分だけ写真などの原画に違い品質で印刷できるプリンタになります。ただし、シロクロの文書などの印刷では品質にそれほど違いがでてくるわけではなさそうです。

また、プリンタの解像度は、

dpi(ディーピーアイ)

という単位でで表されます。

dpiとは1インチあたりのドット数

のことで、例えば、600dpiであれば、1インチあたり600個のドットが詰まって印刷されるということになります。

ディスプレイの解像度とおなじで、dpiの値が大きいほど高画質になります。

ただし、注意が必要なのは、dpiとはあくまで「プリンタから出力された画質」のことであり、印刷する写真や表示しているディスプレイの解像度とは異なります。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月21日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月25日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

基本情報技術者Web学習室(入出力装置)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~pafu/kihonweb/gozen/02/2_5.htm

ページトップへ戻る