基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

管理人がよく見るサイト

Nikkei Net(日経ネット)
本経済新聞社のニュースサイト。日経の提供する経済、企業、政治、社会、国際、株・為替など各分野のニュース速報。スポーツサイトに加え映像ニュースも。
All About(オールアバウト)
400以上のテーマ一つ一つでその道のプロがユーザーをガイドする生活総合情報サイト。様々な分野の専門家を探し、依頼できるサービスも。
スポーツナビ
サッカー、野球、格闘技、モータースポーツ等の速報、インタビュー、コラム等。管理人は、メジャーリーグの一球速報をよく(時に仕事中に)見ています。
世の中の不思議がちょっとわかるサイト | R25.jp
世の中の不思議がちょっとわかる、18禁ならぬ25禁のビジネスマン向けサイト。素朴な疑問を調査・報告するWeb限定「不思議レポート」を大々的に展開中。
ダイビング講習&ダイビングショップ情報-PADI
ダイビングCカード取得コースの講習内容や全国のPADIダイビングショップ情報、最新のダイビングスポット情報等を提供。
心に残る名言集
いい言葉は、いい人生を作る。一度の人生を勇気付けてくれる名言がここにある。
世界遺産(写真・地図)
世界遺産にインターネットで行こう!世界遺産の登録情報や緯度経度、地図や写真、様々な情報を掲載。
つかはらの日本史工房
駿台予備学校講師の塚原哲也先生のサイト。
世界四季報
マーケティングを中心に企業の時価総額、人物、IT、金融、投資等の話題。
日本を守るのに右も左もない
人々の意識潮流や政治動向の分析を通じて、社会変革の可能性を探っていくサイト。
ヘブライの館2
ユダヤ問題等について詳しく解説。

※ 当カテゴリで紹介したサイトには政治、主義思想、価値観等の特色が強いサイトもあります。管理人はそのサイトの立場を支持するものでも、影響を受けるものでもありません。ここで紹介するのは、そのサイトの充実した情報やコンテンツにって得られる知識や教養、分析や参考といった観点からです。

相互リンクしていただけるサイト、ブログを随時募集中です。当サイトへのリンク情報は、リンクについて をご覧ください。

当サイトでは、リンク先サイトの利用に際して生じた、いかなる障害やトラブル等に対しても責任を負いかねますのでご了承ください。詳しくは、免責事項等 をご覧ください。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年4月30日
ページを公開。
2009年2月15日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年2月18日
内容修正。

ページトップへ戻る