基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

セル内で改行する

項より、Excel応用編のスタートです。応用編では、現在の最新バージョンである「Excel2016」を使用してすすめていきたいと思います。

とりわけ操作方法に違いがある操作を学習することはありませんので、特にバージョンの違いを気にする必要はありません。

さて、Excelを使えば使うほど、その使い勝手の良さから、Wordなどの文書作成ソフトの代りに文書作成を行うケースが増えてくるものです。

しかし、単純な文書ならともかく、長文になってくるとなかなかきれいにまとめることが難しくなってきます。例えば、入力画面ではページ範囲内に収まっているように見える文字が、印刷してみるとそのとおりに印字されていないケースはよくあることです。

下図のように、印刷範囲ギリギリまで文字を入力してみます。

Excelのホーム画面のイメージ

この「ホーム」タブの通常画面では印刷範囲内に収まっていますが、ここでプレビュー画面を見てみましょう。すると、文字がすべて収まり切らず、尻切れになっています。

Excelの印刷プレビューのイメージ

このように、Excelでは入力画面と印刷プレビュー画面が一致しない場合があります。つまり、Wordのように入力画面イコール印刷様式ではないのです。

また、基本操作編の セルの複写・結合・挿入 で学習した「折り返して全体を表示する」にチェックを入れて、セルの枠をはみ出す量の文字数を入力した場合にも、同じ位置で改行されない場合があります。

セル内に長文を入力し、「折り返して全体を表示する」設定にし、文字列の全体を表示させます。

セル内の文字列が折り返して表示されているイメージ

これをプレビュー画面で見てみると、下図のように、上図と同じ位置で改行されていません。

Excelの印刷プレビューのイメージ

わずか数文字の違いですが、このように行数が変わってしまうと、上下の文字が欠けて印刷されてしまいます。こういったミスは後から気づくことが多いので、セルの高さや幅を後から変更して印刷しなおすはめになった経験がある方も多いと思います。

これも同様に、入力画面と印刷プレビュー画面で文字の大きさが若干異なるために起こる現象です。そもそも、Excelの初期設定フォントである「プロポーショナルフォント」では必ず発生する現象です。(プロポーショナルフォントについては、フォントとは を参照してください)

そのためExcelでは、印刷した後でレイアウトの乱れに気づくことにならないように、等幅フォントを使用するか、プレビュー画面を細かくチェックしながら作業を進めていく必要があります。(等幅フォントでも現象は発生します。等幅フォントについては、フォントとは を参照してください)

ただ、いくらプレビューで確認しながらすすめていても、すべての文字の折り返しを揃えながら、思い通りに印刷するのは結構難しいものです。そこで、こうした改行をExcelに任せるのではなく、

セル内の任意の位置で強制的に改行する

というのもひとつの手です。つまり、本来の改行位置よりも少し手前で強制的に改行するのです。そうすれば、改行位置を揃えることもさほど難しくありません。

セル内で改行する方法は2通りあります。

まずひとつめは、「Alt」キーを使って改行する方法です。この方法は非常に簡単で、

「Alt」+「Enter」

で強制改行することができます。例えば下図のような例で、「楽し」からを2行目に持っていくように、この2文字の前で改行させてみましょう。

セル内で文字が折り返されているイメージ

カーソルを「つ」と「楽」の間にもっていき、「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押します。すると、これだけで文字列の途中から改行させることができます。

セル内で文字列を改行させたイメージ

この方法は以外と知られておらず、非常に簡単なので知らなければもったいない機能です。ぜひ覚えて活用してみてください。

そしてもうひとつは、スペースで文字数を増やして改行させる方法です。こちらは、意外と多くの人がやっている方法で、改行されるまでスペースを入力して改行させる方法です。

同じ例で、「楽し」から改行させてみましょう。今度は、「楽し」の前にスペースを入力していきます。すると、スペースを入れた文字幅が次行に押し出されていきます。

セル内にスペースを入力しているイメージ

こうして「楽し」を次行にまで押し出すかたちで改行させることができます。

セル内で改行したイメージ

ただし、この方法では、何かの拍子にセルの幅を広げてしまうと、下図のようにスペースが空いた奇妙な文字列になってしまいます。

文字列の途中にスペースが入っているイメージ

いずれにせよ、Excelで文書を作成する場合は、印刷画面を頻繁に確認しながら、適切な位置で改行してレイアウトを整えるようにしましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2016年6月23日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
サイト
なし

ページトップへ戻る