基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

数式の入力と上付き・下付き文字

ジネス文書や案内状といった一般的な書類の作成に慣れてきても、Wordで「数式」を表現したいと思ったときには、おそらく多くの方が戸惑うのではないでしょうか?

通常Wordは、横もしくは縦の一直線に文字が並んで記述されていきます。例えば、分数のような数式や化学式を表現しようとすると、通常の入力方法では表現できません。また「H2O」の下付きの「2」ような特殊文字についても同様です。

なかなか使用頻度はありませんが、いざというときのために記述方法を覚えておきましょう。

数式の記述は、基本操作編の テキストボックスの挿入 で学習したテキストボックスのような、

数式専用の入力ボックス(入力エリア)に記述していく

イメージになります。

数式を記述したい行にカーソルを置いた状態で、「挿入」タブの「数式」ボタンをクリックします。

「挿入」タブの「数式」ボタンのイメージ

このとき「数式」ボタンの下部分の矢印をクリックすると、下図のような一般的な数式のテンプレートを挿入することができますが、通常は「新しい数式の挿入」から新規作成します。

「挿入」タブの「数式」ボタンのイメージ

すると、下図のように数式の入力ボックスがWordに挿入されます。

数式の入力ボックスのイメージ

同時に、リボンには「数式ツール」の「デザイン」タブが表示されるようになります。

「数式ツール」の「デザイン」タブのイメージ

この「デザイン」タブより、記述したい数式を選択していきます。

ここでは、分数を記述してみましょう。「分数」ボタンをクリックします。すると、分数の書式や、よく使われる分数のテンプレートの一覧が表示されます。

「分数」ボタンをクリックしたイメージ

通常の「分数(縦)」を選択すると、下図のように分数の書式がWordに挿入されます。

分数の書式がWordに挿入されたイメージ

あとは、マウスや十字キーで数字を挿入したい部分(分母や分子のところ)の点線枠を選択して、直接数値を打ち込みます。

分数の書式に値を入力したイメージ

これで分数が入力できました。さらに数式を追加してみましょう。

同タブの「記号と特殊文字」の部分より、任意の記号を選択します。ここでは「×」を選択してみます。

「数式ツール」の「デザイン」タブのイメージ

すると、分数に乗算記号「×」が追加されました。

分数に乗算記号が追加されたイメージ

このように数式の記述は、パズルを組み合わせるように、書式を選択して該当部分に数値を打ち込んだり、記号を追加ながら記述していくようになります。

数式が完成したら、数式の入力ボックスの外側部分(なにもないところ)をクリックすると確定されて、Wordに記述されます。

数式がWordに記述されたイメージ

デフォルト(初期設定)では、記述した数式は中央揃えされるようになっています。通常文字と同様に「ホーム」タブより左・右揃えが可能ですが、入力ボックスの下向き三角矢印をクリックして、「配置」より変更することもできます。

数式の入力ボックスの「数式オプション」メニューのイメージ

ただし、通常文字を入力した行のうしろに数式を挿入した場合は、中央揃えされることはありません。

また、この数式のあとに通常文字を打ち込むと、下図のように、数式が1行の間隔(高さ)に縮小されて左揃えされてしまいます。

数式が1行の間隔に縮小されたイメージ

縮小されたくない場合は、数式ボックス内に文字を入力します。

数式ボックス内に通常文字を入力したイメージ

すると、数式は縮小されず、通常文字と同じサイズで表示できます。ただし、文字は斜体修飾されるので、通常に戻したい場合は「ホーム」タブのフォントのボタンより修正します。

文字の斜体修飾を解除したイメージ

慣れないうちは多少わずらわしさがありますが、あまり数式を入力する機会もないので、やり方を覚えておけば問題ないと思います。

では次に、注釈の「※」記号のように文字の上に小さく表示させたり、「H2O」のように、文字の下に小さく表示させる方法を知っておきましょう。

こういった文字や記号は、

上付き・下付き文字

と呼ばれます。文字どおり、文字の上に付くのが「上付き」、下に付くのが「下付き」です。

記述方法はとても簡単です。先ほどの「数式」タブからも記述することができますが、通常はボタン操作ひとつでできます。

まず、上付き・下付きにしたい文字を通常どおりWordに入力し、その文字を範囲指定します。(ここでは「※注」を範囲指定します)

Wordに入力した文字を範囲指定したイメージ

この状態で、「ホーム」タブの「上付き」ボタンもしくは「下付き」ボタンをクリックするだけです。

「ホーム」タブの「上付き・下付き」ボタンのイメージ

ここでは「上付き」を選択します。すると、「※注」が上付き文字に変換されます。

上付き文字に変更したイメージ

または、「フォント」ウィンドウから「上付き」もしくは「下付き」にチェックを入れても同様に適用させることができます。

「フォント」ウィンドウのイメージ

こういった特殊記号や数式は記述方法を知らなければ、なかなか感覚だけで操作することは困難です。あまり使用頻度はありませんが、いざというときに役立つ知識になります。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2014年11月28日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る