基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

タイピング ~ 確実にタッチタイピングができる方法 ~

ーマ字入力の基本、インプットメソッド(IME)の役割と操作方法を理解することで、タイピング練習前の基礎知識の習得と環境は整いました。それでは、実際にタイピングを開始しましょう。

ここからは、インターネットで当ページを見ながら、同時にWordを起動させて、画面を切り替えながら入力練習をしてみてください。

また、前項で解説した ローマ字入力対応表 の順にタイピングを行いますので、可能な限り印刷して、お手元で参照しながら、すすめていただきたいと思います。印刷できる環境になければ、ダウンロードして画面で参照してください。

さて、まずタイピングで最も大切なのは、指の「はじまりのかたち」です。スポーツや格闘技に基本となる「型」があるように、タイピングにも型があります。

その基本となる指の配置を、

ホームポジション

と言います。ホームポジションは、

「Fキー」に左手の人差し指、「Jキー」の右手の人差し指

を置き、左4本右4本の指を一列に並べておきます。つまり、左手の小指から「ASDF」キーに並べておき、右手の人差し指から「JKL;」キーと並べて置きます。

この指の配置がホームポジションです。常にこのかたちから、タイピングがはじまります。

「Fキー」と「Jキー」には、ひっかかり(凸状の突起)がつけられている

ので、キーボードを見ないでも位置を確認することができます。前述のとおり、タイピングは、キーを目で見て覚えるのではなく、ホームポジションからの手の動かし方の感覚 で覚えるのです。どの文字をタイプした後でも、すぐに指はホームポジションに戻らなければなりません。

ホームポジションのキーのイメージ

上図のピンク色と水色に塗りつぶしたキーに指をおいた状態(ピンク:左手、水色:右手)が、ホームポジションです。そして、どの指でキーをタイプするかは、下図のとおりになります。

キーボードには、下図以外のキーもありますが、最初は、下図のアルファベットの範囲のみで指の動きを確認してください。赤枠のキーがホームポジションです。

キーボードにおける指の対応図

人差し指が2列をカバーし、その他の指は1列ずつカバーします。このホームポジションと各指の動作範囲をしっかり覚えておいてください。すべての動作はホームポジションからはじまり、タイプを終えた指は必ずホームポジションに戻っていなければなりません。

その他のキーについては、この範囲のタッチタイピングをマスターすれば、その後に苦もなく覚えることができます。また、「Enter」キーは好きな指でタイプしていいと思います。

それでは、ホームポジションに構えて、タイピングを開始してみましょう。

タイピングの基本となる指の動きは、「あいうえお=aiueo」

のタイピングです。ローマ字入力の場合、「aiueo」は母音であり、「ん」以外は、子音の後に必ずタイプすることになるからです。

つまり、「か」の場合は「ka」、「さ」の場合は「sa」で、「かきくけこ」でも「さしすせそ」でも、「aiueo」のキーは必ずタイプすることになるのです。したがって、

キーボードを見ないで「あいうえお」が入力できるようになれば、タッチタイピングの10分の1はマスターしている

ということになります。「あかさたなはまやらわ」の10通りのうちの1つをマスターしたことになるからです。すぐにマスターできそうだと思いませんか?(濁音や半濁音、拗音、促音などもありますが、それぐらい大きな一歩という意味でとらえてください)

まずは、その「aiueo」のタイピング練習をしてみましょう。指の動きは、下の表を参考にして「あいうえお」と入力してみてください。「あ=a」は左手の小指、「い=i」は右手の中指、「う=u」は右手の人差し指、「え=e」は左手の中指、「お=o」は右手の薬指です。

「あいうえお」のキー位置とタイプする指の対応表

一文字タイプするごとに、指はホームポジションに戻しましょう。

この「aiueo=あいうえお」を、スムーズにタッチタイピングできるまで、延々と繰り返してください。他の文字のタイピングは後回しにして、とにかく「あいうえお」だけをひたすらタイプし続けるのです。

下図のように、Wordにひたすら「あいうえお」と繰り返し入力して練習します。

「あいうえお」の入力イメージ

この「あいうえお」だけでもタッチタイピングできるようになれば、もう10分の1はマスターです。これだけなら、10分もあれば誰でもマスターできます。

そして、次のステップは「かきくけこ」です。今度は、「かきくけこ」だけをひたすらタイプし続けてください。指の動きは、頭に「K」をつけるだけなので、右手の中指で「K」をタイプする以外は「あいうえお」と全く同じです。

「かきくけこ」のキー位置とタイプする指の対応表

「かきくけこ」がマスターできたら、次は「さ行」です。指の動きは、「aiueo」の頭に「S」をつけるだけです。

「さしすせそ」のキー位置とタイプする指の対応表

「さしすせそ」がマスターできたら、もうおわかりのように「た行」、その次は「な行」に移り、最終的に「わ行」までマスターしましょう。

そして、ローマ字入力対応表 を参考に「あ行」から「わ行」まで、一行ずつ練習してください。濁音や半濁音、拗音、促音は、「あ行」から「わ行」までマスターできてから、その後で取り組んでください。

タイピング練習1日目は、最長でも「あ行」から「わ行」までで終了しましょう。拗音を含む表のすべてを一度に詰め込むと、かえって指が感覚を忘れてしまうからです。

翌日か翌々日に「あ行」から「わ行」まで、順にディスプレイを見ないでタッチタイピングしてみてください。きっと指がタイピングの感覚を覚えていることと思います。そして、「わ行」までタッチタイピングできるようになったら、濁音以降のタイピング練習を行いましょう。

このように、「あ行」からはじめ、最終的に「りゃ」までを行ごとに分けて、じっくり1行ずつタッチタイピングできるようになるまで練習してください。

この練習法が私の経験上、もっとも速くタッチタイピングをマスターできる練習法

になります。大切なことは、一度に(1日の間に)たくさん詰め込まないということです。つまり、ゆっくりでもいいので、その行がある程度完璧にタッチタイピングできるまで次の行にすすまないことが大切です。

したがって、その日の練習の目安は、

スムーズにタッチタイピングができる(考えないでも指が動く)行までを練習する

ことです。例えば、「あ行」から「な行」までは覚えたけど、スムーズに指が動くのは「た行」までだとしたら、その日は「た行」までを練習して終わりにします。

次の日は、前日の「た行」より少しでも多くスムーズにタイピングできるところまで練習します。そして、徐々にタッチタイピングが可能な行を増やして行きます。

この練習法は、とても地味で、長期間努力しなければならないと感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

実際のところ、この練習法を1日30分、毎日ではなくとも約1週間続ければ(つまり7日間の練習期間で)必ずタッチタイピングはマスターできます。早い人では、3~4日でマスターする人もいます。

ですから、あせらず気楽に取り組んでみてください。繰り返しますが、この方法で 誰でも確実にタッチタイピングができる ようになります。

また、現段階では、高速でタッチタイピングできるまで練習する必要もありません。この練習は、漢字変換を伴う文章入力の前の基礎練習だからです。

したがって、普通に文字を手書きするくらいのスピードになるまでタッチタイピングが身に付いたら、次へすすみましょう。次項から本格的な文章入力の練習を行います。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年12月3日
ページを公開。
2009年7月2日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月27日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る