基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

コンピュータ(パソコン)の5大装置

ードウェアやデバイスは、前章で解説のとおり目に見える物理的、物質的な機器や装置のことですが、本章でもハードウェアの側面からパソコンの仕組みを解説したいと思います。

パソコンは一体、どのようなハードウェア(装置)から構成されているのでしょうか?

このハードウェアがなかったらパソコンとは呼べない、というようなハードウェアがもちろん存在しますし、逆に知識があればそれらを集めてパソコンを自作することもできます。

このようなハードウェアは大きく分けて「5つ」あります。コンピュータの入門書やシスアドの参考書等では必ず出てくるところですが、これらは、

コンピュータの5大装置(5大要素)

と呼ばれています。「コンピュータ」と「パソコン」の意味の違いについては、コンピュータの種類 で詳しく解説しますが、ここでは同義語と考えて構いません。

パソコンはその型式に関わらず、デスクトップ型のパソコンであってもノートパソコンであっても、基本的なハードウェアの仕組みは同じです。つまり、必ずこの5大装置によって構成されています。

5つの要素・装置から成り立っているということは、逆に言えば大きく分類して5つの機能があればパソコンとしての体をなすということにもなります。

では、その5大装置を具体的にみていきましょう。各装置の詳しい解説は次項以降で後述しますので、ここでは概要だけに留めます。

入力装置

パソコンに命令を与える(入力する)ための装置です。この装置がなければ私たち人間はパソコンを操作することができません。

例:マウス、キーボード、スキャナ、バーコードリーダー、マイクなど

出力装置

入力装置によって命令された処理の結果や情報を、人間に理解できるかたちにするための装置です。例えば、画面に表示したり、紙に印刷したりすることです。

例:ディスプレイ、プリンタ、スピーカーなど

記憶装置

文字通り、処理に関する情報やプログラムやデータなどのファイルを記憶・保存するための装置です。主記憶装置補助記憶装置 に大分されます。

演算装置

パソコンの頭脳にあたる装置で、2進数の処理(計算)を行います。四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)や大小比較など、さまざまな計算を行う装置です。

2進数の処理では、加法(足し算)のみで、四則演算すべてを行うことができます。つまり、足し算さえできればすべての計算をすることができるので、演算装置では単純に2進数の足し算を行います。(ただし超スピードなのは言うまでもありません)

制御装置

各種装置に命令の実行に必要な信号を送り、システム全体を制御するための装置です。つまり、入力装置、出力装置、記憶装置、演算装置の制御をする装置になります。サッカーでいう司令塔です。

これら、入力装置・出力装置・記憶装置・演算装置・制御装置 の5つの装置が「コンピュータの5大装置」と呼ばれるハードウェアです。言葉からは難しそうな印象を受けますが、それほど難解ではないと思います。

よく例に出されるのが、人間の各器官にあてはめてみるイメージです。

入力装置は、外部からの情報を取り入れる機能を持つ「目」や「耳」に相当し、出力装置は、考えた結果を形にするための機能をもつ「手」や「口」になります。

記憶装置は、記憶する機能をもつ「脳の記憶をつかさどる部分」に相当します。

演算装置・制御装置も「脳のそれに該当する部分」になります。脳のことはよくわからないので例えがみっともなく申し訳ありません。

次からは、各装置について個別に詳しく解説して行きます。広告やテレビショッピング等で一度は見たり聞いたりした言葉が登場してくると思います。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月6日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月25日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る