基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

階層構造とは

ァイルという入れ物に入れることによって、素の2進数はバラバラに散在することなく、まとまったデータとして私たちに扱えるものになります。

OSは、このファイルを管理する役割を担っています。どのような方法でファイルを管理しているのかというと、OSは、

ファイルシステム

という仕組みでファイルを管理しています。ファイルシステムとは、パソコンのファイルの記憶領域(保存しておく場所。通常はハードディスクを指す。詳しくは、パソコンの仕組み で解説します)における、ファイルの保存や移動、削除などを管理する方法のことです。

つまり、どこにどんな種類のファイルを保存したかを記録し、ファイルのすべてを統括する管理システムになります。

ファイルシステムは、OSの種類やバージョンによって異なりますが、Windowsでは主に「FAT」や「NTFS」が使われます。ファイルシステムについての詳しい解説は、多少専門的になるのでここでは割愛します。

Windowsではそのファイルシステムにおいて、ファイルを効率的に管理するために、

フォルダ

によるファイル管理を行います。フォルダは、ディレクトリ と呼ばれることもあります。フォルダ(ディレクトリ)とは「入れ物」の意味になります。

前項で、ファイルも「入れ物」という意味だと解説しましたが、

フォルダはファイルの入れ物

になります。したがって、大きな「籠」のようなものだとイメージすれば良いと思います。フォルダという籠の中にいくつものファイル(数に制限はない)を入れて任意のカテゴリを作成し、フォルダごとにファイルを整理しています。

つまり、フォルダによってファイルをカテゴライズし、わかりやすくファイルを整理整頓できるというわけです。例えば、Windowsが使うOSのシステムファイルは「Windows」フォルダ、アプリケーションソフトなどのプログラムファイルは「program files」フォルダという具合に保存されています。

フォルダは、私たちユーザーも簡単に作成でき、ファイルの整理に活用することができます。(「右クリック」→「新規作成」→「フォルダ」)

フォルダは自由に名前を付けることができるので、アプリケーションソフトを使って作成したファイルを、好きなように整理整頓することができます。

例えば、Wordで作成したファイルを、「文書」と名前を付けたフォルダに保存するようにすれば、ExcelのファイルやPower Pointのファイルなど、いくつもの異なる種類のファイルが増えてきても一目瞭然です。

また、同じ種類のファイルがたくさん増えてきたときも、例えば「文書」フォルダの中に新たに「企画書」フォルダとか「お知らせ」フォルダ、「お礼状」フォルダなどを作成して、どんどん細かく整理することができます。

ただ実際には、ユーザーが作成するファイルよりも、Windowsや各アプリケーションソフトが使うファイルの方が圧倒的に多いので、私たちが作成したデータファイル以外はWindowsが自動的にフォルダでカテゴライズして保存しています。

このようにWindowsは、フォルダの中にフォルダをつくり、細かく分類して何百何千というファイルを整理し、管理しています。このようなファイル管理を、

階層構造

といいます。下図のように、木の枝別れをイメージできることから、ツリー構造 とも呼ばれます。階層構造は、ファイルの整理整頓にとても適しています。

Windows XPのツリー構造のイメージ画像 Windows Vistaのツリー構造のイメージ画像

左図はWindows XP、右図はWindows Vistaの階層表示です。どちらもフォルダの中にフォルダがあって階層が形成され、木の枝のように広がっています。Vistaでは、XPのように右へ広く展開しなくなりましたが、このような階層表示を エクスプローラビュー と言います。

まず、一番上の階層(フォルダ)は、 「ハードディスク」というパソコンの記憶装置になります。通常パソコンでは、「ローカルディスク(C:)」とか「ローカルディスク(D:)」といった名称が付けられています。

この「ローカルディスク(C:)」とか「ローカルディスク(D:)」が、一番上位の階層、つまり一番大きな元のフォルダであり、この中にフォルダを作って整理して行くことになります。

それよりも上に「マイコンピュータ」や「コンピュータ」というのがありますが、これらは実際には存在しない仮想の階層になります。(詳しくは次項で解説します)

このような階層の一番上のフォルダのことを、

ルートフォルダ(ルートディレクトリ)

といいます。この場合のルートフォルダは、「ローカルディスク(C:)」になりますが、ルートフォルダはある階層の一番上のフォルダという意味であり、ローカルディスク(C:)が唯一のルートフォルダという意味ではありませんので注意してください。

「ルート」とは、「根」の意味です。一番上位であるということは、これを削除すればその階層のフォルダやファイルはすべて削除されるということです。つまり、一番上のフォルダを操作すれば、その中に入っている子フォルダやファイルすべてに影響します。

通常、ルートディレクトリには、Windowsのシステムファイルが保存してある「Windows」フォルダ、アプリケーションソフトなどのプログラムファイルが保存してある「Program Files」フォルダといった、重要なフォルダが保存してあります。

私たちがアプリケーションソフトを使って作成したファイルや、パソコンに取り込んだ画像、音楽ファイルなどは、「ドキュメント」や「ピクチャ」、「ミュージック」といった、Windowsが最初から用意してくれているフォルダへ保存して行くと良いでしょう。もちろん新たに独自のフォルダを作成して管理しても何ら問題はありません。

これら、「ドキュメント」などのフォルダは、階層でいえば、ルートディレクトリよりもかなり下の(深い)階層になります。したがって、ルートフォルダには、原則としてファイルやフォルダを保存しないのが通常です。(保存しても問題ありませんが、ルートディレクトリにいくつものフォルダが混在してしまうと誤ってシステム上の重要なフォルダを操作してしまいかねません)

ちなみに、Windows XP以前は、「マイドキュメント」や「マイピクチャ」という名称だったフォルダが、Windows Vistaから「マイ」がとれて「ドキュメント」や「ピクチャ」に名称が変更しました。(Windows VistaとWindows XPの違いについては、Windows/Office で詳しく解説しています)

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月9日
ページを公開。
2009年3月17日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

「ファイルシステム」とは?
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/beginner.nsf/btechinfo/SYB0-02F0A82
FATとNTFS
http://www7a.biglobe.ne.jp/~finepclife/arekore03.html

ページトップへ戻る