基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

デスクトップとは

たちはパソコンを操作するとき、まず デスクトップ という画面で操作を行います。アイコンをクリックしてアプリケーションソフトを起動させたり、フォルダを展開してファイルを開いたりして操作を始めます。

これこそ、GUI というマウスによる視覚的な操作の真骨頂です。この機能のおかげで誰でもパソコンを利用することができるようになったというのは、前述のとおりです。

デスクトップというのは、「デスク」という名前のとおり、Windowsが仮想的に「机」を表現したものです。本物の机と同じように、パソコンを操作するうえでの「ユーザーの机」であり、自由に使うことができる机です。

したがって、デスクトップのアイコンは、実際の机の「付箋」であり、フォルダは「引き出し」と考えれば理解しやすいと思います。

付箋は目印であり、やらなければならない仕事や作業の覚え書きです。使用するアプリケーションソフトのアイコンを張り付けておくと、アイコンをクリックするだけでアプリケーションソフトが起動し、すぐ作業を始めることができます。

また、引き出しはファイルの整理に使います。様々なファイルをフォルダという引き出しに整理して効率よく作業することができます。

ですから、実際の机と同じで付箋を貼りすぎたり、引き出しを整理整頓しておかないと仕事がはかどりません。

デスクトップをすっきりと整理しつつ、なおかつ素早く目的のファイルやアプリケーションソフトを開くことができるようにカスタマイズすることが上級者への第一歩と言えます。デスクトップのカスタマイズについては、パソコンのカスタマイズ で詳しく解説しています。

さて、実はこの「デスクトップ」も、

数あるフォルダの中のひとつ

にすぎません。意外に思われるかもしれませんが、単なるデスクトップというフォルダにすぎません。つまり、最初の画面に常に表示されているフォルダ なのです。

デスクトップフォルダはフォルダの階層構造の中で確認することができます。下図は前項と同様に左がWindows XP、右がWindows Vistaのエクスプローラビューです。

Windows XPの「デスクトップ」フォルダ Windows Vistaの「デスクトップ」フォルダ

このように、「デスクトップ」というフォルダが存在します。つまり、私たちがいつも見ているデスクトップ画面は、

デスクトップというフォルダの中身を表示しているにすぎない

ということです。Windowsが作り出したバーチャルな机といってもフォルダにすぎないのです。

ただ、上図のエクスプローラビューは一部の切り取りですが、全体をみてみると、一番上の階層はこのデスクトップになっていることにお気づきだと思います。

Windows Vistaのエクスプローラビュー

最初のエクスプローラビューは、「コンピュータ」の中身を切り取って展開した図ですが、すべてを表示すると上図のようになっています。

このとおりだとすると、一番上の階層はデスクトップになってしまいます。つまり、すべてがデスクトップから派生しているということになり、最初のエクスプローラビューと食い違ってしまいます。

なぜこのようなことになるかというと、

エクスプローラビューの階層表示と実際の階層は異なる

からです。実際には、一番上の階層は(C:)や(D:)といったハードディスクという記憶装置になります。したがって、

その上の階層の「コンピュータ」や「デスクトップ」などは、現実には存在しない

のです。つまり、Windowsのはじまりの画面であるデスクトップと、そのデスクトップに表示されている「コンピュータ」や「ネットワーク」などから派生するような階層表示にしたほうが、感覚的にわかりやすく操作しやすいためです。

これは、ユーザーにわかりやすくするための配慮 に違いありませんが、このために逆に理解するのがややこしくなっている感があります。

実際にお使いのパソコンのデスクトップ画面と、デスクトップフォルダの中身を比べてみてください。違いに気がつくでしょうか?

デスクトップフォルダの中身の方が少ないことと思います。デスクトップフォルダの中には、「コンピュータ(マイコンピュータ)」も「ネットワーク(マイネットワーク)」も「ごみ箱」もありません。

なぜこのような違いが生じるのかというと、

デスクトップフォルダに表示されないアイコンは実体のないもの

だからです。つまり、「コンピュータ(マイコンピュータ)」「ネットワーク(マイネットワーク)」「ごみ箱」「コントロールパネル」といったアイコンは、実体のないものなのです。

なぜかというと、これもすべて ユーザーにわかりやすく操作してもらうための配慮 から、実体のない階層を作り上げ、そのなかで感覚的に操作してもらうためです。これこそが、GUI の本質です。

具体的には、「コンピュータ(マイコンピュータ)」は、パソコン内のシステムを参照するための専用アイコンです。つまり、パソコンの中身の機器(ハードディスクやCDドライブなど)を参照するためにそれらをまとめて表示したフォルダになります。

このように、実際には存在しない階層のフォルダをバーチャル的に作成し、ユーザーに操作しやすいように同じグループのものや設定に関するプログラムなどをまとめた 仮想フォルダ になります。

これによって、目的のファイルやプログラムをいちいち深い階層から探さなくて済み、操作を効率的に行うことができるのです。

したがって、これらの実体のないものは本来のフォルダであるデスクトップフォルダには表示されないというわけです。

GUIによって操作しやすくなった反面、階層表示もそれにあわせて細工をしてくれています。Windowsでは、正しく理解しようとすると、こういったことから逆にややこしくなることがあります。エクスプローラビューの階層表示と実際の階層構造は異なるということをしっかり覚えておいてください。

さて、デスクトップがフォルダであるように、

スタートメニューもフォルダ

になります。Windows Vistaではスタートメニューの階層はかなり深い位置にあるのですが、「Start Menu」というフォルダがスタートメニューになります。(VistaとXPではフォルダの階層位置が異なります)

スタートメニューも、アプリケーションソフトのアイコンが表示されていて、それをクリックするとアプリケーションソフトが起動します。

これらもWindowsがユーザーに操作しやすいように、仮想的にスタートメニューというかたちで提供してくれているものです。

しかし、スタートメニューもデスクトップも、単なるフォルダの中身がビジュアル化されて表示されているにすぎないのです。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月9日
ページを公開。
2009年3月21日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月24日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
ウィンドウズのファイル操作術-パソコンがわかる!使える!

ページトップへ戻る