基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

ショートカットとは

スクトップとは、数あるフォルダのひとつであるデスクトップというフォルダの中身が常に表示されている状態のことでした。

そのデスクトップには、よく使うアプリケーションソフトのアイコンを張り付けたり、フォルダを作成したりして、ここから作業を開始する、実際の「机」と同じイメージで使用します。

ただし、Windows Vista(XPもそうらしいですが)では、デスクトップにアイコンやフォルダを置くのは推奨されなくなっています。つまり、デスクトップ画面は実際の机と同じように必要最低限のものだけを置いておき、すっきりと整理しておくことが大切です。

さて、このデスクトップにあるものは、ユーザーが作成したフォルダやファイル以外では、アイコン と呼ばれるものがあります。

アイコンとは、ご存じのとおり小さな絵や記号でファイルやソフトウェアといった対象を表現したものですが、ファイルやフォルダを除くと、アイコンは大きく2種類に分類することができます。

実際にはファイルやフォルダもアイコンで表現されていますが、わかりやすく区別して考えると、アイコンは、「コンピュータ」や「ネットワーク」(Windows XP以前は「マイコンピュータ」「マイネットワーク」)や「ごみ箱」といった前項で解説した実体のない仮想フォルダと、アプリケーションソフトのアイコンに分類することができます。

仮想フォルダのアイコンは、クリックするとこれまたアイコンやフォルダが現れます。これは、ユーザーの作業効率化のためにWindowsがまとめてくれたプログラムやファイル群です。実際には存在しないフォルダです。

しかしこのおかげで、私たちユーザーはパソコン内を探し回ることなく、デスクトップ画面からほとんどすべての作業を行うことができます。

このように、「コンピュータ」などのアイコンは、実際には存在しない仮想フォルダなので、大げさに言えば、

削除してもパソコンの動作上影響はない

ものです。削除というのは便宜上の表現ですが、仮想フォルダのアイコンは、Windowsが最初から用意してくれている道具箱といったところでしょうか。必ず必要というわけではないけれどあると大変便利なものになります。

一方、アプリケーションソフトのアイコンはどうでしょうか?

アプリケーションソフトのアイコンは、クリックするとそのアプリケーションソフトが起動します。例えば、Internet Explorerのアイコン(アルファベットのEのようなアイコン)をクリックするとInternet Explorerが起動し、インターネットを閲覧することができます。

こちらのアプリケーションソフトのアイコンも、実際には、削除してもパソコンの動作上影響はない アイコンになります。なぜなら、

起動プログラムのみで、アプリケーションソフトそのものではない

からです。つまり、そのアプリケーションソフトに連動して呼び出すためだけのプログラムになります。このようなアイコンを、

ショートカット(ショートカットアイコン)

といいます。ショートカットとは、その名前のとおり「近道」という意味になります。何の近道かというと、

アプリケーションソフト本体が保存してある階層のフォルダまでの道のり

になります。つまり、本来ならアプリケーションソフト本体が保存してあるフォルダまで、階層をたどりフォルダを開いていって起動しなければなりませんが、それを近道して、デスクトップのアイコンをクリック一発でショートカットしてしまうということです。

したがって、デスクトップのショートカットアイコンはアプリケーションソフトそのものではないので、削除しようが何ら影響はありません。

また、ショートカットはユーザーが自由にどこにでも作ることができます。つまり、デスクトップ以外の任意のフォルダの中などにも作成することができます。また、ファイルやフォルダといったソフトウェア以外のショートカットも作ることができます。

目的のファイルを「右クリック」→「コピー」から、ショートカットを作成したい場所で、「右クリック」→「ショートカットの貼り付け」でショートカットを作成できます。

ショートカットアイコンには、下図のように「矢印」のマークがアイコンの左下に付きます。

ショートカットアイコンのイメージ図

これらのショートカットは、そのアプリケーションソフトの起動プログラムにすぎないので、削除してもアプリケーションソフト本体は削除されません。

また、「スタート」メニューや「ツールバー」などに表示されたアイコンもショートカットになります。これらも同様に、削除してもアプリケーションソフトの本体には何ら影響はありません。

ただし、注意が必要なのは、ショートカットは「パス」というコンピュータ上の住所で本体の位置を把握していますので、ショートカット先の本体やフォルダを移動すると、ショートカットした先がなくなってしまうことになり起動できなくなるということです。

パスについては、次項で詳しく解説しますが、下図がパスのイメージになります。

パスのイメージ図

上図は、「グーグルアース」というアプリケーションソフトのショートカットアイコンをデスクトップに作成し、「右クリック」→「プロパティ」で参照した本体のパスになります。

パスの見方は次項で解説しますが、本体は「Program Files」フォルダの中の「Google」フォルダの中の「Google Earth」フォルダの中にあります。

この本体をこのフォルダから移動したり削除したりすると、デスクトップのショートカットからは開くことができなくなります。(Windows Vistaでは移動しても開くことができますが、あくまでわかりやすくするための解説です)

ショートカットエラー画面イメージ

よくあるのが、ファイル本体ではなくショートカットの方をCD-R等のメディアにコピーして、他端末で「ファイルが開けない」というトラブルです。ショートカットはソフトウェアやファイル本体ではないので、当然開くことはできません。

さて、このようにデスクトップは、ユーザーが作成したファイルやフォルダ、仮想フォルダ、ショートカットといった様々なアイコンが表示される画面になります。

デスクトップはすべての操作を開始する画面です。頻繁に操作する画面であるので、通常デスクトップにはショートカットを作成して貼り付けておき、ソフトウェアやファイルの本体は保存しない方が安全です。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月9日
ページを公開。
2009年3月22日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月24日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
ウィンドウズのファイル操作術-パソコンがわかる!使える!

ページトップへ戻る