基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

イントラネットとは

業内のネットワークでは、それでは、インターネットとは で解説の通り、インターネットに準拠しないプロトコル等を用いて、その企業独自のLANを構築している場合があります。

こうしたネットワークの場合、その企業の社員であるユーザーは、そのネットワークの仕様や使い方を学習しなければならないことになります。

そのうえ、独自のシステム構築やメンテナンス等のコストもかかり、また中小企業の場合は、専門の社員を確保するのも難しいといった問題があります。そこで、

企業内のネットワークにも、インターネットと同じ技術を利用する

ことで、導入コストを抑え、社員の操作習得時間の短縮を図るというLAN形態が一般的になりました。こうした社内ネットワークのことを、

イントラネット

と言います。イントラネットは、「内部の(intra)」ネットワークという意味で、イントラネット(intranet)と呼ばれています。

インターネットと同じということは、イントラネットもTCP/IPプロトコルを用いたIPネットワークをベースに、HTTPによるWWWシステム、POPSMTPによる電子メールシステムが構築されます。

したがって、ユーザーは、通常使用しているブラウザやメーラーを利用してインターネットと同じように操作することができます。

また、HTMLファイルを作成して社内サーバに保存すれば社内ウェブサイトとなり、インターネットを利用する感覚で、例えば、社員への情報発信や情報交換をすることができます。

こうして、ユーザーとってはインターネットで使い慣れたブラウザやメーラーを使うことで、仕様や操作方法を新たに習得する必要がなくなり、コスト削減や業務の効率化を図ることができます。

また、インターネットと接続することも当然可能であり、必要であれば、インターネット上のサイトを閲覧したり、データ通信することもできます。

このように、イントラネットの構築は、コスト削減や業務の効率化だけではなく、インターネットとスムーズに連携することができ、インターネットと連携したアプリケーションソフトを利用することが可能になるというメリットもあります。

しかし、イントラネットは便利な反面、外の世界と同じ仕組みであるため、

セキュリティ対策を十分にしておかないと、簡単に内部ネットワークに侵入されてしまう

という危険性があります。つまり、悪意のある第三者の不正アクセスによって内部情報を盗まれたり、コンピュータウィルスによってシステムを破壊されたりといった危険性を伴うのです。

こうした不正アクセスやコンピュータウィルスなどの脅威から内部ネットワークを守るために、「ファイアウォール」という不正アクセス防止システムや「ウィルス対策ソフト」を用いてそれらの脅威を防止するのが一般的です。

ファイアウォールには、専用のソフトウェアをコンピュータにインストールして設置する場合と、専用の機器を設置する場合があります。

また、イントラネットとインターネットの境界に置いて、通信を監視して通信記録(ログ)を保存したり、ブラウザの代理としてインターネットからデータを代理習得したりする「プロキシサーバ」を設置してファイアウォールを構成することもあります。

ファイアウォールやプロキシサーバについては、後の頁で詳しく解説しますが、このように、

イントラネットは、外部と遮断された閉じたネットワーク

であると言うことができます。LANとの違いは、どちらも限られたユーザーのみが利用できる閉じたネットワークには違いありませんが、LANはプロトコルを自由に決めることができる広義のネットワークであり、イントラネットは、インターネット標準のプロトコルを用いるネットワークであるという違いになります。

つまり、イントラネットはインターネットの技術を利用したLANのことであり、LANの形態のひとつになります。

また、このイントラネット同士を接続して、企業グループ、企業間の取引や情報交換を行うといったネットワーク形態も構築されており、このようなネットワークを、

エクストラネット(または、アウターネット)

と言います。エクストラネットは、「外部の(Extra)」ネットワークという意味で、エクストラネット(Extranet)と呼ばれています。

同じようなネットワーク形態にWANがありますが、WANとの違いは、LANとイントラネットの違いと同様で、そのネットワーク範囲が拡大しただけの違いになります。したがって、エクストラネットもインターネットの技術を利用したWANであり、WANの形態のひとつになります。

大企業やグローバル企業などのエクストラネットは、国境を越えてワールドワイドなネットワークが構築されている場合もあります。

こうしたエクストラネットの構築には、主にインターネット回線を利用してイントラネット同士を接続していますが、その間の通信には、仮想プライベートネットワーク(VPN)などの技術を用いて機密性を保持しています。(VPNについては後述します)

つまり、イントラネットとイントラネットの間のインターネット上においては、プライベートなトンネルを作り、その中をデータが伝送するイメージです。

イントラネットもエクストラネットも、インターネットに準拠し、なおかつインターネットを利用するネットワークですが、閉じたネットワークであることに変わりはありません。

したがって、インターネットと容易に接続することが可能であるため、機密性を保持するためにはVPNなどの高度なセキュリティ対策が求められます。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2009年8月4日
ページを公開。
2009年8月4日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月22日
内容修正。
2018年2月1日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ

ページトップへ戻る