基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

それでは、インターネットとは

られたエリアの中で、限られた人のみが利用することができるネットワークがLANWANであり、その点がインターネットとの違いです。

LANWANもインターネットも、パソコン同士またはネットワーク同士を相互に接続するという点では似ています。

しかし、LANWANは、限られた人しか利用することができない 閉じたネットワーク であるということができます。一方、インターネットは誰でも利用できる 開かれたネットワーク になります。

LANWANには「ネットワーク管理者」がいて、そのネットワークの各種設定やユーザーの利用権限を決めたり、不正アクセスや利用者の監視をしますが、インターネットにはそんな統括者は存在しません。(ルール策定のための公的な団体は存在しますが、あくまでわかりやすくするための表現です)

つまり、LANWANでは、そのネットワークを構築した管理者が、

通信ルールなどの各種設定を独自に設定することができる

ということになります。通信ルールというのは、前項で解説したイーサネットのような接続の規格や、データをやり取りする際の伝送方式など、いくつかの規格の中からそのネットワーク独自のものを選定し、適用することです。

しかし、インターネットではそうは行きません。インターネットは、全世界の無数のネットワークを相互に接続したとてつもなく巨大なネットワークだからです。WANも大きなネットワークですが、インターネットに比べると象とアリのようなものです。

したがって、インターネット内の無数のネットワークが、それぞれ自由な規格でネットワークを構築していたのでは、互いに通信することはできません。規格の異なるネットワーク同士を接続した場合、互いに通信することはできないのです。

それではネットワークの意味がなくなってしまいます。そこで、

インターネットは、接続するための共通ルールを設けている

のです。例えば、通信の規格である プロトコル や、コンピュータ個別の識別番号である IPアドレス が決められていて、それに従わないとインターネットに接続することはできません。

つまり、インターネットでは、

通信ルールなどの各種設定を独自に設定することはできない

ということです。LANWANでは、プロトコルやIPアドレスも自由に設定できますが、インターネットではインターネットのルールに従う必要があります。

WANを構築するときでさえ、LAN同士の通信ルール(プロトコル)が異なったり、同じ識別番号(IPアドレス)が重なったりして通信できないことがあります。(プロトコルやIPアドレスについては後述します)

ただし、逆を言えば、LANWANもインターネットのルールに従って同じ規格で構築すれば、インターネットと同じネットワーク形態となり、実際にそのLANWANをインターネットと接続することが可能になります。

そうなるとインターネットにLANWANも含まれることになるのでしょうか?

答えは、NoでありYesでもあります。つまり、明確に定義できるものではなく、見方によってNoともYesとも言えるのです。インターネットに接続されたLANWANは、インターネットのルールに合わせたプロトコルやIPアドレスを設定しているので、WANの発展系がインターネットであるという考え方ができます。

しかし、WANが閉じたネットワークであることには変わりありません。なぜなら、インターネット側からはLANWANのネットワークを利用することはできないからです。

詳しくは後述しますが、インターネットとLANとの境界に、「ファイアウォール」という防御壁を設置して外部(インターネット側)からのアクセスを防止しているからです。

なぜかというと、インターネットの世界には残念ながら悪意を持ったユーザーもたくさんいて、LANWANに侵入して情報を盗み取ったり、コンピュータウィルスと呼ばれる悪意あるプログラムを作成してシステムを破壊したりといった犯罪行為をする者もいるからです。

LANWANのネットワークをそんな悪者が利用しては困りますし、善意の第三者の利用であっても、企業の機密情報などを見られては困る場合もあるでしょう。

したがって、いくらLANWANがインターネットとつながっていたとしても、「閉じたネットワーク」であることに変わりはないのです。一方、インターネットの概念は、どんなユーザーでも自由に利用できる「開かれたネットワーク」であり、あらゆるデータがそのネットワークを流れていきます。そういった見方をすれば「No」と言えるかもしれません。

ところがここで、「Yes」となるLANWANがでてくるのです。すなわち、そのネットワークを解放し、インターネットのネットワークを流れるデータ通信の一部を担っている場合があるのです。こうなってくるともう、そのネットワークがインターネットの一部であることに疑いの余地はありません。

少々ややこしいですが、これはビジネスとして回線やネットワークの「利用料」を得ている場合であり、そういうネットワークの集合体がインターネットであるという側面もあります。

インターネットのネットワークは国境をまたぎ、世界中に広がっています。日本からは海底ケーブルが何本も敷かれ、そこを通ってデータは海外とやり取りされます。そういうケーブルを設置した業者や関係者がすべてボランティアでやっているわけではありませんし、様々な契約によってデータはいろいろなネットワークを利用させてもらいながら世界中を行き交っています。

つまり、インターネットとは、閉じている閉じていないといった考え方で定義するものではなく、世界中でデータをやり取りするための物理的なネットワーク、

インフラストラクチャー(公共的な社会基盤)

を指す言葉なのです。

そう考えると、おぼろげながらインターネットの全体像が見えてくるのではないでしょうか。どんなネットワークのパソコンであれ、スマートフォンやタブレットあれ、インターネットに接続した時点で、それらは間違いなくインターネットを構成する一部に違いはありません。国道と市道の違いはあっても、とちらも道路であることに変わりはないのです。

したがって、そういった大きな視点に立ち、LANWANもインターネットを構成する一部であるという認識を持つことが大切です。見方によって違いを見出すことは可能ですが、つながっているということは、その一部なのです。

インターネットは運営者がいるわけではありません。参加する全員が意見を出し合ってつくり上げてきた国境も人種もない、人類ためのインフラです。インターネットとは、単にウェブサイトを見ることだけではありません。詳しくは後述しますが、ウェブはインターネットというインフラが生み出したサービスのひとつにすぎません。

インターネットは、その世界中のどこにでもつながっているという圧倒的な社会基盤をもとに、様々なサービスが発明され発展してきました。具体的な例は後述しますが、まずウェブサイトを例にしてインターネットの有益性を考えてみましょう。

多くの企業は自社サイトで商品を宣伝したり、情報を提供したりします。その場合、ウェブサイトのファイルは、一般的にその企業のメインコンピュータやLANWANの中に置いてあるわけではありません。

インターネット上にファイルを保存して、そこにアクセスしてもらう

ことで情報やサービスを提供しています。正確にはインターネット上のサーバコンピュータというウェブ配信専用の高性能コンピュータですが、インターネット上に保存したそのファイルの住所にあたるものが「アドレス」になります。アドレスは、URLまたはURIとも言います。一度は耳にしたことがあると思います。

このようにインターネットでは、様々なファイルやデータを1ヶ所でまとめて保管しておく必要がなく、様々なところに分散して置いておくことができます。それらを結びつけるのが「ハイパーリンク」という技術になります。

この分散処理の仕組みがインターネットでは大変重要です。どこか1ヶ所にデータが集中してしまうと、その回線もしくはコンピュータがパンクしてしまうからです。そういった経緯の中からこの「リンク」の技術が生まれ、おかげでインターネットは拡大していくことになります。

そして、今やインターネットはリアルタイムの決済や商取引には欠かせない社会基盤となり、あらゆる電子機器がインターネットとつながることを前提に開発されるまでになってきました。

では、そもそもインターネットに接続するにはどうしたらいいのでしょうか。いくら世界中に広がっているといっても、勝手につながるわけではありません。

スマートフォンなどでは自動的につながっているように錯覚しがちですが、インターネットに接続するには、

インターネット サービス プロバイダ(ISP

と呼ばれるインターネット接続業者と契約し、一般回線からインターネットに接続してもらう必要があります。インターネット サービス プロバイダ(ISP)は、単にプロバイダとも呼ばれます。(プロバイダはいくつも存在します)

例えば、家庭にはNTT等の回線事業者が引き込んだ電話回線や光ケーブル、またはケーブルテレビなどの通信手段があります。それを利用してインターネットに接続することができますが、単に回線があるだけでは接続することができません。プロバイダに各種の設定を代行してもらってインターネットに接続できるようになります。

スマートフォンなどのモバイル端末では、ソフトバンクやNTTドコモなどの携帯電話会社が電波を利用してインターネット接続を代行しています。

ここまでは容易に理解できるはずです。混同しがちなのは、プロバイダとNTT等の回線事業者を一緒にしてしまうことです。プロバイダはあくまで「接続代行業者」であり、NTT等の「回線事業者」とは異なります。

例えるなら、回線事業者が「高速道路」をつくるインフラ業者だとすると、プロバイダは「ETC」メーカーとなります(ETCがなければ高速道路に乗れないとして)。つまり、高速道路に乗るためにはプロバイダに設定をお願いするようになるわけです。

ただし、一般回線を利用してプロバイダに接続するので、NTT等の回線業者とも契約しなければなりません。(詳しくは、インターネットへの接続(1) を参照してください)

したがって、インターネット接続に必要な設定は「プロバイダ」から入手し、設定するようになります。(基本的には書類やハガキで届きます)

もっとも、プロバイダも独自の回線や光ケーブルなどのインフラ整備をすすめていますので、なかなか理解が難しいところです。

主要プロバイダは、バックボーン という専用回線を整備しています。これは、家庭からプロバイダまでの回線ではなく、プロバイダ同士の間で設置されたインターネットの通信を支える大容量の通信インフラです。つまり、多くのデータが集中して流れるネットワークの基幹部分です。

プロバイダ間といっても、国内、国外を問わず、またプロバイダ間に限定されているわけでもありません。先述した海底ケーブルもそのひとつです。これらのバックボーンを利用することで我々ユーザーはインターネットを快適に利用することができるのです。したがって、プロバイダを選ぶ目安のひとつとしてバックボーンの信頼性をあげることもできます。

このように、インターネットは誰でも自由に利用できるネットワークでありながら、そのネットワークを利用するには、基本的に業者に接続してもらわなければなりません。個人で接続するには、専用回線を引いたり機材を購入しなければなりません。

しかし、インターネットの世界に一歩足を踏み入れると無数の情報やサービスが溢れていて、様々な恩恵を受けることができます。

インターネットはどんな大規模なWANよりも大きく、世界中に広がっています。世界中の誰もが利用でき、また誰でも商品やサービス、情報を提供することができる夢のネットワークなのです。

インターネットの可能性は計り知れません。インターネット上にウェブサイトを開設して、商品を販売して大儲けした人はいくらでもいますし、動画を公開して有名人になった人もいます。

また、逆に批難され、言われもない中傷を受けたりすることも少なくありません。しっかり勉強して予備知識を得たうえでインターネットを楽しんでください。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月24日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年6月18日
内容修正、追加。
2018年1月26日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ

ページトップへ戻る