基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

LAN(ラン)・WAN(ワン)とは

インターネットを利用したことがない方はこのサイトをご覧になっていないわけで、今このサイトを見ているということは、インターネットを利用しているということです。

当たり前のことですが、インターネットを利用することはできても、「インターネットとは何か」の問いに答えるのは難しいものです。

インターネットとは、世界中のパソコンが相互につながった巨大なネットワークであるということはご存じだと思います。では、インターネットと会社や学校または家庭にある数台から数十台規模のパソコン同士をつないだ小規模なネットワークとの違いはなんでしょうか?

インターネットの解説に入る前にまず、ネットワーク とは何か、小規模なネットワークの仕組みと特徴から解説して行きたいと思います。

ネットワークとは、簡単にいえば、複数のパソコンとその周辺機器(デバイス)が相互に接続された状態のことを言います。

パソコンやデバイスの接続には、ケーブルや無線が用いられます。このように、複数のパソコンやデバイスをケーブル等で物理的につなぐことをネットワークと言います。

ネットワークの構築によって、どのようなメリットが生まれるかというと、

・データ通信が可能になる
・作業の分散化が可能になる
・プリンタ等の周辺機器を共有できる

といったメリットがあります。もちろん他にもメリットはありますが、まず、データ通信が可能になるというのは、ファイルをCD等のメディアに保存して持ち運びしなくても、物理的につながっているので、通信し合うことができるということです。

例えば、AというパソコンとBというパソコンの2台をネットワークした場合、AからBにファイルを移動するのも、BからAに移動するのも、どちらか一方のパソコンを操作するだけで可能になるのです。つまり、遠隔操作できるということになります。

さらに、どちらかのパソコンにファイルを保存しておけば、もう一方のパソコンからでも作業することができますし、ひとつの作業をネットワーク内の複数のパソコンで分散して処理することもできます。そして、複数のパソコンでエラーやトラブルによるデータ消失のリスクを分散することにもなります。

したがって、一番大きなメリットは、

作業を格段に効率化することができる

ということです。また、ネットワーク内に一台プリンタがあれば、一台ですべてのパソコンから印刷することができ、複数のプリンタを設定する手間も省けますし、コストパフォーマンスにも貢献します。

こうして、企業や学校等では必ずと言って良いほどネットワークが構築されていて、作業を分散化し効率化を図っています。

このようなネットワークを、

LAN(ラン)

と言います。LANとは、Local Area Networkの略で、限定されたエリアにおけるネットワークという意味です。つまり、

同一建物(敷地)内で構築したネットワーク

LANになります。現在では、学校や会社での「社内LAN」はもちろん、家庭での「家庭内LAN」も珍しくありません。

家庭に2台以上のパソコンを保有している場合、LANでネットワークを形成すれば、インターネット回線をパソコンの台数分契約したり、ケーブルをつなぎ換えたりする必要はなく、インターネット接続を共有できるというメリットもあります。

つまり、各パソコンが個別にインターネットに接続しなくても、一台(または専用の機器)がインターネットに接続するだけで、ネットワーク上のパソコンはインターネットを利用できるのです。

LAN接続の具体的な接続方法については、パソコン同士を接続 で詳しく解説しますので、ここでは割愛します。

さて、ではLANとインターネットの違いとは何でしょうか?

これまでの解説のとおり、LANは限られた範囲のみのネットワークであり、社内や学校などの限られた人だけがアクセスできるネットワークです。

対して、インターネットは全世界の不特定多数の人々が自由に利用できるネットワークになります。それがLANとインターネットの最も大きな違いです。

具体的には、LANには、ネットワーク管理者 と呼ばれる管理者がいて、そのLANの利用ルールを策定したり、不正アクセス等の監視をします。

一方、インターネットは、

全体を統括する管理者は存在せず、ユーザー個人の自己責任にかかっている

という違いです。ただし、そのLANからインターネットに接続している場合も多いので、共通する部分は多数あります。(後述するTCP/IPプロトコルを使用したイントラネットなど)

さて、それではLANについてもう少し具体的に解説していきましょう。

LANには使用するケーブルの種類やデータの送受信方式などによって、いくつかの規格があります。現在最も普及している規格が、

イーサネット(Ethernet)

という規格です。他にも「トークンリング」や「FDDI」といった規格もありますが、現在はほとんどのLANがこのイーサネットです。

イーサネットは、ケーブルの接続の仕方やデータの通信速度などによって、さらにいくつかの種類に分かれます。詳しく解説すると専門的で難解になるので、ここでは簡単に説明します。

LANを形成すると、複数のパソコン同士がデータをやり取りするので、しばしばネットワーク上でデータの衝突が起こることがあります。

イーサネットでは、複数のパソコンから同時にデータが送信されると、データの衝突によって混信することを避けるため、いったんそれぞれが送信をとりやめ、ある程度の時間をおいてから再送します。

このようなイーサネットのデータの伝送方式は、CSMA/CD方式 と呼ばれています。CSMAは、ネットワークの状態を調べて回線が空いていればデータを送信、CDは、データが衝突したら再送という方式になります。

接続しているパソコンの台数が多いと伝送効率も低下しますが、データ再送までの時間はわずかなものであるため、実質的には1本のケーブルで複数の機器が同時に通信することが可能になります。

接続形態として、一本のケーブルに複数のパソコンを並列に接続する「バス型」と、ハブ(HUB)と呼ばれる集線装置を中心として、そのハブに複数のケーブルを差し込んでパソコンを接続する「スター型」という接続形態があります。

多くは「スター型」でLANが構築されています。スター型は、パソコンの増設が容易で、ネットワーク上の一台に不具合があってもネットワーク全体には影響しないというメリットがあるからです。

また、イーサネットでは、主に ツイストペアケーブル と呼ばれるケーブルが用いられます。ツイストペアケーブルとは、耳にしたことがある方も多いと思いますが、ストレートケーブル または クロスケーブル と呼ばれるものです。

たいていの場合はストレートケーブルを使用しますが、パソコンとパソコンを直接1対1で接続(ピアツーピア接続)する場合などは、クロスケーブルを使用します。

ケーブルの種類は、ツイストペアケーブルの他には「同軸ケーブル」や「光ファイバーケーブル」などがあります。詳しくは、参考サイト を参照してみてください。(LANケーブルとイーサネットの規格については、LANケーブルの規格 を参照してください)

ツイストペアケーブルは、データの伝送速度(そのケーブルが伝えることのできるデータ量)等によって、カテゴリ1~7までのクラスに分けられています。

データ伝送速度は、10Mbpsのものが広く利用されていましたが、現在は100Mbpsが一般的です。(100Mbpsのケーブルはカテゴリ5)

bpsとは、bits per secondの略で、

1秒間に転送できるデータ量

の単位になります。イーサネットの代表的な規格である「10BASE-T(テン ベース ティー)」では、データの伝送速度が10Mbpsで、「T」は使用するケーブルがツイストペアケーブルであるという意味になります。

最近では、「100BASE-T(ヒャクベースティー)」など、速度が100MbpsFast Ethernet(ファスト イーサネット)が普及し、さらには速度が1Gbpsの「Gigabit Ethernet(ギガビット イーサネット)」の策定も進んでいます。

少し専門的になりましたが、これからパソコンのスキルがレベルアップするにつれて、イーサネットによるLANの構築にいつか直面することになる思います。また、「bps」という単位や転送速度については その他の単位 で詳しく解説します。

さて、話を戻しますが、ある程度規模の大きい企業やグループ企業などで、全国に支社がある場合、本社やそれぞれの支社内にLANでネットワークが構築されているのであれば、そのLAN同士をさらにネットワークする場合もあります。つまり、LANLANをつなげるということです。

このようにLAN同士を接続して構築したネットワークを、

WAN(ワン)

と言います。WANとは、Wide Area Networkの略になります。大企業であれば、日本全国はもちろん海外の支店ともネットワークした、ワールドワイドなWANを構築している企業もあるのではないでしょうか。

通常、WANの構築には、広域であるほど専用線を使うのはコスト面から一般的ではないので、電話回線や光ファイバーといった公衆回線を利用します。

WANLANよりもインターネットに近いネットワーク形態ですが、LANと同じく誰もが自由に利用できるわけではありません。この点がインターネットとWANの違いになります。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月22日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献
ケーブル ~ 種類
http://www.fmmc.or.jp/~fm/nwts/rh_linux/ch2/2_3_1.html

ページトップへ戻る