基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

その他の単位 ~ bps・ピクセル・セグメント ~

ンピュータにまつわる様々な単位があるというのは、これまでの学習のとおりです。例えば、デジタルデータの単位 で解説した「B(バイト)」や「bit(ビット)」、出力装置 で解説した「画素」や「ドット」、「dpi」などです。

基本的な単位についてはこれまでの学習で網羅していると思いますが、本項では、その他の単位と、ブロードバンドとは で解説した通信速度「bps」について詳しく解説したいと思います。

まず、通信速度を考えてみましょう。bpsとは「Bits Per Second」の略であり、1秒間に転送されるデータ量を表しています。

例えば、1Mbpsや100Mbpsと表現されます。100Mbpsの場合、1秒間に100Mのデータが転送されるわけですが、よく間違われるのが、100MBのデータが1秒間に転送されるという間違いです。

bpsは、Byte(バイト)ではなくbit(ビット)で表現しているため、100Mbpsと表現されていれば、100÷8で、1秒間に12.5MBのデータを転送していることになります。この場合は、「12.5MB/s」などと表現します。

Byteで表現する場合は、「B/s」「B/秒」「Bps」が使われます。したがって、データの転送速度(伝送速度と同じ意味)の単位としては、

bが小文字であればbit、Bが大文字であればByte

ということになります。そして、転送速度の単純な計算式は、

通信速度(bps)÷8=送受信バイト数(B/s)

で計算することができます。ただし、転送されるデータには、正確に転送を行うための付加情報が含まれるため、その付加情報を控除すると実質の転送速度は送受信バイト数の85%程度になります。

つまり、先ほどの例の「12.5MB/s」では、実質最大転送速度は1秒間に「10.6MB/s」ということになります。したがって、光ファイバー(FTTH)で通信速度100Mbpsであれば、最大で1秒間に10.6MBのデータを送受信することができるという計算になります。

この「最大」というのは、あくまで理論値であり、回線やサーバが込み合っていて、途中で速度が低下したりする場合があるためです。アナログ回線のADSL等では、ケーブルの距離やノイズに影響されるため、論理値の速度に達しない場合があります。

その他の単位については、以下の表を参照してください。

単位一覧表
単位 説明
Hz
(ヘルツ)
周波数を表す単位で、電気信号が1秒間に何回振動するかを示す。CPUのクロック周波数で使われる。(詳しくは、CPUとは を参照)
MIPS
(ミップス)
CPUの処理速度を表す単位。1MIPSで1秒間に100万回の命令を処理する能力があることを示す。
FLOPS
(フロップス)
浮動小数点演算の速度を表す単位。1MFLOPSで、1秒間に100万回の浮動小数点演算を行う能力があることを示す。(詳しくは、コンピュータの種類 を参照)
rpm
(アールピーエム)
1分間でのディスクの回転数を表す単位。ハードディスクのスペック等で使われる。「Revolution Per Minute」の略。
cps
(シーピーエス)
1秒間あたりに処理できる文字数を表す単位。プリンタの印字速度やモデムの通信速度に使われる。「Character Per Second」の略。
lps
(エルピーエス)
プリンタの印字速度を表す単位。1秒間に何行印刷できるかを示す。「Line Per Second」の略。
ppm
(ピーピーエム)
プリンタの印刷速度を表す単位。1分間に何ページ印刷できるかを示す。「Page Per Minute」の略。
ポイント フォントサイズ(文字サイズ)を表す単位。72ポイントで1インチ。
インチ 長さを表す単位。ディスプレイ等のサイズに使われる。
ピクセル 画像を構成する最小単位。画素またはドットとも言う。ディスプレイやデジカメの解像度を示すときに使われる。(詳しくは、出力装置(1) を参照)
dpi
(ディーピーアイ)
解像度を表す単位。1インチあたりに何画素あるのかを示す。プリンタやスキャナの解像度を示すときに使われる。(詳しくは、出力装置(2) を参照)
セグメント 全体を分割して、そのひとつの部分を表す単位。デジタル放送のワンセグ等で使われる。(ワンセグについては、デジタルデータと2進数 を参照)

このように、コンピュータに関して様々な単位が存在しています。また、これですべてというわけでもありません。あくまで代表的な単位にすぎないのです。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2009年9月24日
ページを公開。
2009年9月24日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月23日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

ダウンロードの速度・時間について
http://www.cdwavmp3.com/dl/other/dlspeed.html

ページトップへ戻る