基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

プログラムとソフトウェアのまとめ

フトウェアとは、細かい命令の集合体であるプログラムが、さらに集まってできたプログラムの集合体のことでした。

前項で、ソフトウェアはその役割や種類に応じて、OSやアプリケーションソフトなどに分類されると解説しました。つまり、ソフトウェアという言葉は総称であり、種類によって使い分けられるのが一般的です。

それらの詳しい解説は後述しますが、前項の例にならい、ソフトウェアを「スポーツ」として、プログラムとソフトウェアの関係をもう一度おさらいしておきましょう。

あるソフトウェア(アプリケーションソフト)を「野球」とします。

プログラムの集合体がソフトウェアであるので、「ピッチャー」や「キャッチャー」といったポジションが「プログラム」ということができます。

プログラムも詳細な命令の集合体であるので、その中の「ピッチャー」というプログラムも、いくつもの詳細な命令から構成されてることになります。

ピッチャーですから、当然「投げる」という命令が必要です。ただし、投げるにしても「直球」や「変化球」といった種類がありますし、力の入れ具合もあるでしょう。

さらにいうと、コンピュータは私たちのように考えることができないので、何から何まで全部指示してやらないと動く事ができないのですから、

「筋肉の動き」や「神経の伝達」といった非常に細かいレベルの命令も必要となる

わけです。これらのことをすべてプログラミングしないとソフトウェアは正常に動作しません。このようにソフトウェアというのは、とてつもない数の命令の集合体です。もし、「野球」というアプリケーションソフトが存在するとしたら、どれほどの命令が必要なのか想像を絶します。

そして、こうしたソフトウェアが集まって、それらを利用できるプラットフォームが パソコン なのです。なんだかすごいものを扱っているんだなという気持ちになりませんか?

さて、ではこれらソフトウェアの分類について少し解説します。前項でも触れましたが、ソフトウェアは役割によって、

OS、アプリケーションソフト、デバイスドライバ、ミドルウェア、ファームウェア

に分類されます。現段階では、それら個別のソフトウェアについて詳しく理解する必要はありませんので、参考までに名称を覚えるくらいでよいと思います。

ソフトウェアの分類表
ソフトウェアの種類 役割
OS(オーエス) パソコンが動作するうえで、必要不可欠な、共通で基本的な機能を提供するためのソフトウェア。代表的なOSがWindowsです。
OS(オーエス) で詳しく解説します。
アプリケーションソフト 特定の目的のために設計・開発されたソフトウェア。OSの環境下で動作します。
ミドルウェア アプリケーションソフトとOSの中間的な役割をもつソフトウェア。アプリケーションに特化した機能を提供します。
デバイスドライバ プリンタやデジカメなどパソコンに接続される周辺機器を制御するためのソフトウェア。OSの環境下で動作します。
デバイスドライバ で詳しく解説します。
ファームウェア パソコンに接続する周辺機器の内部で、その機器自身の制御のために動作するソフトウェア。パソコンにもファームフェアは存在し、BIOS(バイオス)と呼ばれます。電源を入れるとOSよりも先に起動してパソコンを制御します。(BIOSについて詳しくは、初期化/リカバリとは を参照してください)

さて、パソコン初心者の入門本などでよく使われている言葉があります。

パソコンはソフトウェアの存在なしでは、ただの箱

という言葉です。パソコンはただのプラットフォームに過ぎません。プラットフォームに電車が来なかったら何の意味もないのです。多くの電車が乗り入れ、多様な利便性があるからこそ便利な「駅」となるのです。

パソコンも同じです。パソコンの便利さは、

様々なアプリケーションソフトを一台のパソコンで利用できる

ところにあります。ソフトウェアがなければパソコンもただの箱ですが、便利なアプリケーションソフトをいくつも使い分けることができ、追加したり更新することもできる素晴らしいプラットフォームなのです。

また、そのアプリケーションソフトを使いこなすために、OSやデバイスドライバ、その他にミドルウェア、ファームウェアといったソフトウェアがその環境を作り上げているのです。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

JALカードはJALマイレージバンク機能に、各提携会社のクレジット機能が備わったクレジットカードです。フライトでもショッピングでも効率よくマイルをためることができます。

マイルをためようとている方、旅行好きな方には最適なクレジットカードです。JAL派とANA派に分かれますが、JAL便を多く利用するなら、はっきり言ってJALカードは「必須」です。

JAL便の場合、チェックインも搭乗手続きもJALカードをかざすだけで可能になりますし、カード付帯保険や各地の特約ホテルで割引などもあります。

たまったマイルは特典航空券と交換でき、マイルをためることで無料で旅行を楽しむことができたりもします。その他にも様々な商品や各地で使えるクーポン、電子マネーやAmazonギフト券などとも交換することができます。

私はクレジットカードはすべてJALカードにまとめ、電話代等の引落しもJALカードを使っています。すると、月々の支払いによってマイルが自動的たまり、数年に一度は無料で飛行機に乗ったり、Amazonギフト券に交換したりと重宝しています。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月9日
ページを公開。
2009年3月8日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解でわかる プログラムのすべて―動作メカニズムから開発技法まで参考文献

ページトップへ戻る