基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(4) ~ 文字入力とレイアウトの調整 ~

式が設定できて、構成もできたら、ようやく本番の作業が開始します。この流れが「正当」なPowerPointの作業工程になります。

もっとも、スライドマスタでの書式設定は前後しても構いませんが、基本的にプレゼンの内容以外は事前作業として終わらせておくほうが煩わしさがありません。細かい調整は後からいくらでもできます。

さて、本格的にスライドに文字を入力していく場合、やはり「スライドペイン」の画面で、直接プレースホルダーに文字タイプしていくことになります。

まずは、タイトルスライドから文字入力を開始してみましょう。下図のように、タイトルはすでに入力されている状態ですが、「サブタイトル」というプレースホルダーが空欄のままです。

「タイトルスライド」のイメージ

サブタイトルにはどのような文句がいいのか一概には言えませんが、あくまで私見では、タイトルで全体のテーマを表現し、

サブタイトルには「もっとも強調したいこと」を盛り込む

のが良いかと思います。今回の場合は「大鯉の釣り方」がタイトルなので、どの釣り方がイチオシなのか、そのあたりを盛り込むと具体性がアップして興味をそそると思います。

なので、「新しい釣り方ボイリーフィッシングを中心に」としてみました。(ボイリーとは欧米発の栄養価の高いエサのことです。茹でてボイルしてあるためボイリーと呼ばれます)

タイトルスライドに「サブタイトル」を入力したイメージ

次に内容となる「タイトルとコンテンツ」スライドに移りましょう。2ページ目のスライドを加筆・修正していきます。

サブタイトルで示したとおり、「新しい釣り方」を強調したいわけですから、その方向にもっていってやる必要があります。そこで、「ボイリー」の釣り方の基本である「投げ込み釣り」を強調します。

1行目の「投げ込み釣り」をマウスで範囲指定して、「ホーム」タブよりフォントサイズを「44」に変更します。

第1レベルの一文のフォントサイズを変更したイメージ

すると、その一文のみのフォントサイズが拡大します。タイトルよりサイズが大きくなってしまいますが、つまり何が言いたいのかというと、スライドマスタでの変更とは異なり、

スライドペインでの個別の修正は全体に影響しない

ということです。つまり、その部分だけが変更になるわけです。スライドマスタと混同しないように注意してください。

次に、行頭記号のマークの色を変更しましょう。文中にカーソルを置いた状態で、「箇条書き」ボタン横の下向き三角矢印マークをクリックします。

「ホーム」タブの「箇条書き」ボタンのイメージ

画面下の「箇条書きと段落番号」を選択すると、「箇条書きと段落番号」画面が表示されます。「箇条書き」タブの「色」から色を変更します。

「箇条書きと段落番号」画面のイメージ

何色でも構いませんが、ここでは「ピンク」色に変更しました。すると、下図のように選択した行のみ、行頭記号の色が変更になります。

第1レベルの一文の行頭記号の色を変更したイメージ

さらに少し文字を入力してみましょう。それぞれの釣り方を階層化して、さらに細かい内容を書き込んでいきます。

1行目の最後の文字のうしろ、もしくは2行目の最初の文字のまえにカーソルをおいて「Enter」を押すと、行頭記号のついた行が挿入されます。ここでは、1行目の階層に入れたいので1行目で改行します。すると、ピンク色の行頭記号の行が追加されます。

ピンク色の行頭記号のついた行が追加されたイメージ

ここに「投げ込み釣り」の小項目を列記していきます。レベルをひとつ下げましょう。レベルの上げ下げは前項で解説のとおり「Tab」キーで行います。

レベルを下げて小項目を入力するイメージ

続けて、下図のように入力してください。「ウキ釣り」と「ルアー釣り」の階層はさらにレベルをひとつ下げています。

大項目・中項目・小項目と階層化したスライドの記述イメージ

これで、タイトルを大項目として、中項目、小項目と階層化することができました。

次に、3ページ目に長い文章を入力してみましょう。1行目の「春」の次に行を挿入してレベルを下げ、そこに長文を入力してみます。試しに「あ」を押し続けてかなり長い文の体にすると、どうなるでしょうか?

第2レベルに長文を入力しているイメージ

すると、全体的にフォントサイズが小さくなってしまいます。第1レベルの文字も小さくなって「25」にまで縮んでしまいました。これはどういうことかというと、

PowerPointは各レベルのフォントサイズを自動的に揃えてくれる

からです。なので、むやみに長文を打つとフォントサイズが変更し、全体的なバランスがとれなくなる恐れがあります。極力長文は使わず、やむを得なく使う場合は、上位レベルのフォントサイズを指定して均整を保つか、次項で解説するテキストボックスを使うようにしましょう。

さて、ここまで打った後で、全体的なフォントサイズやレイアウト位置などを変更したくなった場合はどうすれば良いでしょうか?

そういうことはままありますが、スライド一つひとつを修正していたのでは手間がかかります。そういう場合は、やはり「スライドマスタ」で微調整してください。スライドマスタを変更すれば後からでも全体を変更することができます。

では、スライドマスタで微調整してみましょう。左側のインデントを内側にずらしてみます。

スライドマスタで左側のインデントを内にずらしているイメージ

すると、全スライドで微調整が適用されています。

また、ここで第1レベルのフォントサイズを任意に変更してみましょう。先ほど「44」にした文のサイズはどうなっているでしょうか?

当然のことながら変更されていません。つまり、個別にサイズを指定した文字のサイズは変更されないということです。

このように、そのスライド個別のサイズや色を適用する場合と、全体に修正を適用する場合があります。そのときにスライドマスタと混同しないように注意しながら、双方を上手に使うことで効率的に作業することができると思います。

では、スライドマスタの第一レベルの文字サイズをもとの「32」に戻して、3ページ目のスライドを下図のように打ち直してください。

スライドに文字を打ち込んだイメージ

PowerPoint特有の入力方式に慣れてきたでしょうか?ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年4月23日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る