基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(2) ~ スライドマスタの設定 ~

よいよ、本項からは実際にPowerPointを操作していきます。そして、もうすでに何度も用語として登場した「スライドマスタ」を設定してみましょう。

スライドマスタの概念については、前項および前々項を参照してください。では、さっそくスライドマスタの画面を表示しましょう。

スライドマスタを表示するには、「表示」タブの「スライドマスター」ボタンをクリックします。

「表示」タブの「スライドマスター」ボタンのイメージ

すると、スライドマスタ画面が表示されますが、

これまでのスライド作成の画面とはまったくの別画面に切り替わる

ので注意が必要です。これまでのように、タブの切り替えでは画面は元に戻りません。スライドマスタ画面を閉じるには、画面左上の「閉じる」ボタンをクリックする必要があります。

スライドマスタ画面を「閉じる」ボタンのイメージ

すると、画面が閉じられて、通常のスライド作成の画面に戻ります。

スライドマスタ画面に戻りますが、画面の左側には下図のようにレイアウト図がいくつも表示されています。これらが前項で学習したスライドの種類になり、種類ごとに書式を設定できるようになっています。

「スライドマスタ―」画面の左側のレイアウト図のイメージ

ここで、一番上のスライド図が「タイトルスライド」でないのに気付かれたでしょうか?一番上のスライドは「タイトルとカテゴリ」スライドに似ていますが、前項で学習したどのスライドにも属しません。

実は、この一番上のスライドこそが「スライドマスタ」と呼ばれているものです。つまり、この「スライドマスタ」ひとつに書式を設定すると、全スライド種にわたり共通の書式を設定することができるのです。

ただし、それぞれのスライド種で固有の書式を設定したい場合もあるはずです。そんな場合おいてのみ、当該スライドの書式を設定すれば良いわけです。

したがって、「タイトルスライド」や「タイトルとコンテンツ」などの個別のスライド種の設定のほうが「スライドマスタ」よりも上位適用されます。下図はその概念図になります。

「スライドマスタ」の適用優先順位のイメージ

ここで大切なのは「優先度」の問題です。優先度を理解して、スライドマスタを上手に使えば、どれもこれも書式を設定するような手間が省けて非常に楽です。

とはいうものの、書式の設定となると、フォント(字体)やフォントサイズ(文字の大きさ)、色、背景などを指定しなければならず、イチから設定するのは結構面倒なものです。

なので、自分の書式イメージを持っていない場合は、

テーマというサンプルを利用すれば簡単に設定ができる

ので、利用してみるのも手です。テーマとは、PowerPointが最初から用意してくれいているテンプレート(ひな形)のことです。「テーマ」の文字どおり、その書式にテーマを持たせて(雰囲気のような意味)設定してあるサンプルのことで、好みのテーマを選ぶだけです。

初心者のうちは、かわかりやすい書式を作り込むことはなかなか難しいと思います。まずは、サンプルを利用して参考にしてみましょう。

テーマを利用するには、「テーマ」ボタンをクリックします。

スライドマスタ画面の「テーマ」ボタンのイメージ

すると、下図のようにテーマの一覧が表示されます。

「テーマ」ボタンのテーマの一覧イメージ

例えば、下図のテーマにカーソルを持っていくと、「トラベル」というテーマの書式であることがわかります。

「テーマ」の一覧から「トラベル」を選択しているイメージ

この「トラベル」を設定してみましょう。すると、下図のような書式がスライドマスタに適用されます。「旅行」の雰囲気がするでしょうか?

「トラベル」のテーマが適用されたスライドマスタのイメージ

これだけで、それなりの書式が一発で適用できます。タイトルは、太字で下線と影が付きました。コンテンツ部分は、各レベルに応じた文字の大きさと、行頭記号が付いています。

この「レベル」というのは、文字どおり、そのテキスト(文章)の重要度等のレベルによって使い分ける段落の区分です。次項以降で詳しく解説しますが、「Tab」キーによってテキストのレベルを変更することができます。

このテーマでいくと、例えば、行頭記号が「×」の第1レベルには項目名称、「+」の第2レベルにはその説明、といった具合にすべてのページでレベルを揃えることができるわけです。

レベルの概念や操作は、Wordの「箇条書き」や「段落番号」とほぼ同じです。詳しくはWord基本操作編、箇条書きと段落番号 を参照してください。

では、少し変更を加えてみましょう。

書式を変更するために、「スライドマスタ」タブから「ホーム」タブに切り替えます。スライドマスタに対して修正を加えるので、画面を閉じてしまわないように注意してください。

タイトルの色を変更します。「マスタータイトルの書式設定」のプレースホルダーを選択(枠の線上をクリックして点線ではなく実線で囲まれた状態)、もしくはプレースホルダ―内にカーソルがある状態で、フォント色「濃い青」を指定してみましょう。

フォント色「濃い青」のイメージ

すると、下図のようにフォント色が変更します。

「マスタータイトル」とフォント色を「濃い青」に変更したイメージ

これだけなら何の変哲もありませんが、左のレイアウト図の一覧を見てください。すべてのスライド種において、タイトル部分のフォント色が変わっているはずです。

スライドマスタの左側のスライド一覧のイメージ

次に、行頭記号を変更してみましょう。第1レベルのテキスト部分「マスターテキストの書式設定」の位置にカーソルを置いた状態で、Wordと同様に「箇条書き」ボタン横の下向き三角矢印マークををクリックします。

「ホーム」タブの「箇条書き」ボタンのイメージ

すると、記号文字の一覧が表示されるので、任意のものを選択します。今回は「●」に変更してみます。下図のように変更したでしょうか?

第1レベルの行頭記号文字を変更したイメージ

では今度は、各スライド種に対して修正を加えてみましょう。「タイトルとコンテンツ」スライドに対して、タイトルのフォント色を同様に、「赤」色に変更します。

すると、変更が適用されているのは「タイトルとコンテンツ」スライドのみであるはずです。

タイトルとコンテンツ」スライドのみに変更が適用されたイメージ

これが、前述したとおりの「優位性」になります。スライドマスタの書式が全種に適用されていても、「タイトルとコンテンツ」スライドを用いるときだけは、タイトルは「赤色」になります。

このように、テーマを適用したうえで必要に応じて修正を加えてやれば、かなり簡単に書式設定をすることができると思います。この書式で良い場合は、このままスライドマスタ画面を閉じてスライド作成の画面に戻ります。

ただし、前項で解説したように、テーマであっても背景や色調などが懲りすぎていて、かえってわかりにくくなっているテーマもあるので、テーマをベースにしてそこから自分なりにカスタマイズしてみてください。

また、好きな書式が完成したら、自作のテーマとして保存しておくこともできます。テーマを保存するには、「テーマ」ボタンをクリックして「現在のテーマを保存」を選択します。

「現在のテーマを保存」箇所のイメージ

次は、少し難易度が上がって「背景」を変更します。「背景」になるとどうして難易度が上がるのかというと、すこし「ややこしい」からです。

背景を設定するには、下図のとおり、「背景」の右横の矢印マークをクリックするか、右クリックメニューの「背景の書式設定」を選択します。

「背景の書式設定」画面を表示するボタンのイメージ

すると、「背景の書式設定」画面が表示されます。

「背景の書式設定」画面のイメージ

この画面はWordと同じで、背景の書式設定を任意で行うことができます。では、いったい何がややこしいのかというと、「背景グラフィックスを表示しない」のチェックボックスの存在です。

「背景グラフィックスを表示しない」チェックボックスのイメージ

これは、スライドマスタ(画面左側の一番上のスライドマスタ)には存在しません。(灰色で選択できないようになっています)その他の「タイトルスライド」や「タイトルとコンテンツ」スライドなどでは、ここにチェックを入れることができます。

ここにチェックをいれると、選択しているテーマの背景に使用されているグラフィック、つまり背景画像が非表示になります。

背景画像といってもわかりにくいので、現在の「トラベル」を例にとると下図のように、タイトル部分の黄色いアンダーバーが背景画像であり、この部分が非表示になります。

「背景グラフィックス」の表示と非表示の対比イメージ

この例では微々たるものですが、グラフィックの大小、派手さ地味さはテーマによって異なりますので、あまりに目障りな場合は非表示にします。

そして、すべてのスライドで非表示にする場合は、「すべてに適用」をクリックします。

「背景の書式設定」画面の「すべてに適用」ボタンのイメージ

これですべてのスライド種でグラフィックが非表示になります。また逆に、あるスライドでのみ非表示にする場合は、他の修正と同様にそのスライドだけを修正するようにします。

この機能は意外とよく使うので、下図のようにリボンのトップメニューに「背景を非表示」のチェックボックスとして用意されています。

「背景を非表示」チェックボックスのイメージ

さて、これでスライドマスタの基本的な設定は終わりです。最後に、注意が必要なプレースホルダーの説明をして本項は終わりです。

注意が必要なのは、「日付」「フッター」「ページ番号」のプレースホルダーです。これらは、スライドマスタ画面に表示されていて修正等を行うことができますが、

表示させる設定を別途行わなければ通常のスライドには表示されない

ので、とりあえず、そのことを頭に入れておいてください。ヘッダーとフッターを表示させる設定は別途のちに解説します。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年4月19日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る