基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(6) ~ ヘッダーとフッターの挿入 ~

分のトレードマークや自社のロゴマークなどがある場合、スライドの上部もしくは下部に表示させて、オンリーワンの背景フレームとして利用しているのよくを見かけます。

PowerPointのスライド資料は、いろいろな企業が様々な場所で使っています。例えば、クライアントの前で商品や製品を紹介するスライドを上映したり、Webで配信したり、そのスライドを紙資料として配布したりしています。

こうした場合、そのスライドのヘッダーやフッターには、たいてい企業のロゴマークが入っています。ロゴマークですから、多くの場所で多くの人の目にとまることが重要で、使い方としてある意味有効な方法です。(ヘッダーとフッターの概念については、Word編の ヘッダー・フッターと改ページ を参照してください)

また、コピーライト(著作権表示)のマークや記述が入っていることもあります。これらは、たいていほとんどのスライドに表示されており、

ロゴマーク等が背景フレームの一部としてデザインの役目を果たしている

わけです。例えば下図は、ヘッダーに企業のロゴマークが入っている例です。

ヘッダーに企業のロゴマークが表示されているイメージ

下図は、フッターにコピーライト(著作権表示)が入っている例です。

フッターにコピーライト(著作権表示)が表示されているイメージ

このようにロゴやコピーライトの記述が入ることで、そのスライドは高級感がでてブランドっぽくなり、雰囲気が変わります。本項では、こうしたした「ヘッダー」と「フッター」の使い方について学習していきましょう。

さて、スライドマスタのところで簡単に触れましたが、下図のとおり、スライドマスタ画面には「フッター」のプレースホルダーが表示されてはいるものの、この部分にいくら文字を入力してもスライドペインには表示されません。

「スライドマスタ」にと「フッター」のプレースホルダーが表示されているイメージ

すなわち、ヘッダーとフッターを表示させるには、

表示させるように設定しなければならない

ということです。設定の仕方はとても簡単ですが、おさえておかなければならないポイントは、すべてのスライドに表示するのか、固有のスライドだけに表示するのか、です。

もうおわかりのとおり、すべてのスライドに表示する場合には「スライドマスタ」で設定します。スライドマスタ画面より、「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」ボタンをクリックします。

「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」ボタンのイメージ

すると、「ヘッダーとフッター」ウィンドウを表示されます。

「ヘッダーとフッター」ウィンドウのイメージ

さて、ここで気づいたことはないでしょうか?これまでヘッダー・フッターとセットで説明してきましたが、このウィンドウ内には、

ヘッダーがない

のです。ヘッダーがないのはどういうことかというと、単純明快、PowerPointには「ヘッダー」と呼ばれるプレースホルダーがないのです。どうしてなのかわかりませんが、

フッターがヘッダーを兼ねている

と考えれば良いでしょうか。ただ、タブを切り替えて「ノートと配布資料」の画面にすると、「ヘッダー」がでてきます。これは、紙に印刷したときの書式設定です。なので、通常のスライド、つまりプロジェクターなどで投影する画面イメージには「ヘッダー」というものがありません。

では、どうするのかというと、

フッターを動かしてヘッダー位置に移動する

しか方法がありません。このことは知っておかなければどうしようもありませんので、頭の片隅に置いておきましょう。フッターを動かすには、マウスでプレースホルダーをドラッグすれば簡単に移動することができます。

それでは、実際にヘッダー位置にロゴマーク、フッター位置に著作権の表示を設定してみましょう。ロゴマークは画像を使いますので、まずはフッターに「著作権」の表示を入れてみます。

今回は全スライドに表示させたいので、スライドマスタ画面を開いて「ヘッダーとフッター」画面を表示させ、「フッター」にチェックします。そして、フッターのテキストボックスに、「copyright©どんと鯉株式会社」と入力します。

「ヘッダーとフッター」ウィンドウのイメージ

文中の「copyright」も「©」マークも、「コピーライト」と入力して変換すれば候補から選択できます。そして、「すべてに適用」ボタンをクリックします。すると、全てのスライド種でフッターが表示されるようになります。

さて、ここでもう一度、スライドマスタの優位性を思い出してください。例えば、あるスライド種では表示させたくない場合はどうしたらよいでしょうか?

基本的に、タイトルスライドにヘッダーやフッターの表示はいらないことが多いので、タイトルスライドだけはフッターを表示させないようにしようと思います。

この場合、スライドマスタのタイトルスライドを選択して「ヘッダーとフッター」画面より、「フッター」のチェックを外します。そして今度は「適用」を選択します。

すると、タイトルスライドだけは、フッターのチェックが外れた状態となり、フッターは表示されません。「すべてに適用」を選択してしまうとすべてのスライド種から消えてしまうので注意してください。(スライドの優位性については、スライドマスタの設定 を参照してください)

ただし、スライドマスタ画面では常にフッターのプレースホルダーが表示されているので、この画面のチェックの有無が判別できません。実際に確認するには、スライドマスタ画面を閉じて、スライドペインで確認しましょう。

他に個別のスライドのみフッターを消すには、通常の画面から「ヘッダーとフッター」画面を開き、「フッター」のチェックボックスを外してそのページだけに「適用」する方法、スライドペインのフッターを「Delete」ボタンで消去する方法があります。

また、タイトルスライドにだけ表示したくない場合は、「タイトルスライドに表示しない」のチェックボックスが用意されているので、これをオンにします。

「ヘッダーとフッター」画面のイメージ

では、このうちどの方法を使っても構いませんので、タイトルスライドのみフッターを非表示に設定しましょう。

そして、今度はそのフッターを、Wordでいうところのフッター位置、つまり画面下に移動させます。マウスでドラッグして、下図のように画面右下に移動させてみましょう。

スライドマスタのフッターを移動させたイメージ

すると、すべてのスライド種でフッター位置が移動します。

ところで、移動させたフッターの横に小さなプレースホルダーがあります。ここには「スライド番号」が入ります。つまりページ番号のプレースホルダーになります。拡大すると「#」マークになっています。

「ページ番号」のプレースホルダーのイメージ

スライド番号は自動的に付与されて表示されます。スライド番号を表示するには、同「ヘッダーとフッター」画面より、「スライド番号」のチェックボックスをオンにします。

「ヘッダーとフッター」画面のイメージ

また、このスライド番号もフッターと同じで、あるスライドまたはあるスライド種のみ表示させないことも可能です。方法はフッターと同じです。

今回の場合、「タイトルスライドに表示しない」が選択されているので、スライド番号もフッターも2ページ目から表示されているはずです。スライドマスタ画面を閉じて確認してみましょう。

それから、「ヘッダーとフッター」画面で設定できるものに「日付」があります。日付については「当日」の日付を自動表示してくれる「自動更新」と「固定」を選択することができます。

さて、ここでもうひとつ重要な事実に気がついたでしょうか?それは、

フッター(ヘッダーを含め)は後から一括して挿入することができる

ということです。これは何もフッターに限ったことではありませんが、「ヘッダーとフッター」画面の「すべてに適用」ボタンのように便利な機能がPowerPointにはいくつもあるのです。

では、最後に「ロゴマーク」をヘッダー位置に挿入してみましょう。

ロゴマークの画像は、下図をダウンロード(右クリックから「名前を付けて画像を保存」)して使ってください。

ロゴマーク

すべてのスライドに挿入したいので、スライドマスタ画面から画像を挿入します。「挿入」タブの「図」ボタンより、上図画像の保存先を選択します。

「挿入」タブの「図」ボタンのイメージ

すると、図が画面上に挿入されるので、右上に移動させて大きさを調整します。

スライドマスタで図形を挿入したイメージ

すべてのスライド種に図が挿入されていると思います。これで、すべてのスライドにロゴを表示することができました。図を挿入する場合であっても、スライドマスタの優位性は適用されるので、フッター等と同様です。

ただし、この場合はタイトルスライドにもロゴ表示されてしまうので、タイトルスライドのみ図を消去しましょう。

が、しかし、図をスライドマスタ(一番上のスライド)に挿入した場合、

他のスライド種からは画像をさわることができない

ようになってしまいます。画像の場合は「ヘッダーとフッター」画面で操作できる項目と動作が異なりますので注意が必要です。

スライドマスタ画面のタイトルスライドからロゴを削除しようとしてみてください。まったく触れることができないはずです。なので、このままではタイトルスライドのみロゴを消すことができません。

とうにかする方法はただ一つ、

画像は、表示させたいスライド種すべてに対して挿入しておく必要がある

ということです。逆に言うと、表示させたくないスライドだけに挿入しないということです。このように、スライドマスタ画面のスライドマスタに図を挿入した場合、スライド種に応じて表示と非表示を切り替えることができなくなるので注意してください。

今回は、「タイトルスライド」にはロゴは不要なので、「タイトルとコンテンツ」にのみロゴを挿入しましょう。

「タイトルとコンテンツ」スライドのみに画像を挿入したイメージ

さて、このように、ヘッダー・フッターを挿入するだけでスライドが引き締まり、かなり感じが違ってくると思います。ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年4月27日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る