基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(7) ~ スライド個別の変更 ~

PowerPointでは、あるスライドだけに書式が適用されないとか、あるスライドだけの書式を変えたいのに変わらない、といった書式関係のトラブルは意外と多いものです。

また、フォントサイズが統一できないとか、レイアウトが乱れるとか、単純に全スライドで書式が揃わないという例もよくあります。こういうのは細部にこだわる人であればあるほど、細かい違いが許せなくなってきます。

ここまで学習されてきた皆さんなら答えは簡単でしょう。それは、「スライドマスタ」の存在を知らないか、よく理解できていないのが原因に他なりません。

本項では、「スライド個別の変更」と題してわざわざページを割いていますが、特に新しい知識を学習するわけではありません。要は練習です。

実際、頭ではわかっていても、いざ使ってみると戸惑うことは多々あるものです。また、練習しなければ(スライド作成の経験を積んでいかなければ)なかなか上達しません。

本項では、よくある「背景の変更」を例にして練習してみることにします。

さて、背景とは基本的に統一されているものですが、しばしば特定のスライドだけの背景を変えたい場合もあります。

例えば、写真だけをスライドに貼り付けてスライドショー形式で投影する場合など、写真を際立たせるために背景は単色の黒や青などに変更したりします。

実際に写真を挿入して背景を変更してみましょう。写真は以下の画像を使ってください。

鯉のサンプル写真

画像の挿入は前項で学習しましたが、その前に、写真を貼り付けるスライドを挿入しておきましょう。4ページ目「何時ごろがいいいの?」と5ページ目「どんなエサがいの?」の間に新しいスライドを挿入します。

と、ここで、挿入するスライドも変えてみましょう。スライドの種類 で学習したとおり、「新しいスライド」ボタンをクリックすると、自動的に「タイトルとコンテンツ」スライドが挿入されます。

今回は写真だけを貼り付けたいので、「白紙」を挿入してください。

「新しいスライド」ボタンのスライド一覧のイメージ

すると、タイトルも何もないスライドが挿入されます。

「白紙」スライドのイメージ

また、仮に挿入する場所を間違った場合は、アウトラインペインのスライド縮小版をマウスでドラッグして移動させてください。(アウトラインペインについては、アウトラインで構成を練る を参照してください)

つまり、スライドの移動はアウトラインペインでドラッグによって移動させることになります。他には、「表示」タブの「スライド一覧」ボタンよりスライド縮小版の一覧が一画面で表示されるので、ここでドラッグによって移動させることもできます。

「スライド一覧」表示のイメージ

また、コピーや削除も同様にアウトラインペインやスライド一覧表示画面で「右クリックメニュー」や「ホーム」タブのメニュー、「Delete」、「BackSpace」キーによって行うことができます。

「スライド一覧」表示をやめるには、同タブの「標準」ボタンをクリックすると戻ります。

「表示」タブの「標準」ボタンのイメージ

さて、少し脱線しましたが、この白紙のスライドに写真を挿入しましょう。

「白紙」スライドに写真を挿入したイメージ

写真の大きさや位置は後で調整するので、挿入した状態のままで結構です。そして、このスライドのみ、背景を変更します。

背景は単色の「濃い青」にしようと思いますが、その前に、スライド内の無駄なものを削除していきます。「白紙」スライドであっても削れる部分があります。

まずは、「著作権表示」と「スライド番号」を消します。この場合は、このスライドのみから消し去りたいので、「ヘッダーとフッター」画面から「スライド番号」と「フッター」のチェックを外して「適用」ボタンをクリックします。(詳しくは前項、ヘッダーとフッターの挿入 を参照してください)

「白紙」スライドから「スライド番号」と「フッター」を非表示にしたイメージ

次に、タイトル部分の黄色のラインを消しましょう。これは背景になります。スライドマスタの設定 で解説のとおり、「背景グラフィック」を非表示にします。

背景を設定するには、「右クリックメニュー」の「背景の書式設定」を選択するか、「デザイン」タブの「背景のスタイル」から「背景の書式設定」を選択します。

下図のとおり、「背景の書式設定」画面から「背景グラフィックを表示しない」をオンにすると、ラインは消えます。

「背景の書式設定」画面のイメージ

すると、下図のように単純な背景の色だけになります。

「背景グラフィックを表示しない」に設定したイメージ

最後に、背景色を変更します。同様に「背景の書式設定」画面を開いて、「塗りつぶし(単色)」を選択します。すると、塗りつぶしの色を選択できるようになるので、任意の色に変更しましょう。「濃い青」を選択していますが、何色でも構いません。

「背景の書式設定」画面のイメージ

すると、スライドイメージは下図のようになります。

「白紙」スライドの背景を「塗りつぶし(単色)」に変更したイメージ

かなり雰囲気が変わりました。

ところで、スライドが「白紙」ではなく通常の「タイトルとコンテンツ」だった場合は、どのような動きになるでしょうか?「タイトルとコンテンツ」スライドは、コンテンツ用のプレースホルダーが用意されており、その中の半透明なアイコンから直接画像を挿入することができます。

「タイトルとコンテンツ」スライドのアイコンのイメージ

すると、白紙スライドと同様に画像が挿入されます。

「タイトルとコンテンツ」スライドに画像が挿入されたイメージ

ただし、この場合は「タイトル」部分に文字が入る前提のスライド種であるため、タイトル部分に画像はかからず、コンテンツのプレースホルダ内に画像が収まります。「白紙」に挿入した場合と比べると、少し画像は小さくなります。

もっとも、ドラッグして画像を拡大することは可能ですし、写真にタイトルを付ける場合や、複数枚の画像サイズを一定にしたい場合などは「タイトルとコンテンツ」スライドを使った方が良いかもしれません。

また、特に写真を挿入する場合、背景に重ねて、スライドの枠いっぱい(枠の外側まで)写真を広げることもできます。

スライドの枠を超えて画像を拡大したイメージ

上図のように拡大した場合、スライドショー でのちに解説しますが、

画面表示されるのはスライドの枠までのサイズ

になります。つまり、下図がプレビュー画面(プロジェクター等に投影した画面)で、スライド枠までのサイズに切り取られて表示されることになります。

スライド枠以上に拡大した画像のプレビューイメージ

さて、以上で簡単な練習と復習は終了です。

繰り返しになりますが、「スライドマスタ」を理解することがPowerPoint攻略のキモです。つまり、スライド個別の変更とスライド全体の変更について、混乱しないように練習して身に覚えさせておくことが大切です。

ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年4月30日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る