基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(9) ~ アニメーション効果 ~

よいよ、PowerPointの花形機能であるアニメーション効果について学習していくところまでやってきました。

これまでは、スライドマスタをはじめとする基礎知識的な要素が多くありましたが、本項からは視覚や聴覚に直接インパクトを与える効果について学んでいきましょう。

そもそも「アニメーション」とはどういう動作を意味するのかというと、形式的な定義は別にして、単純に対象が「動く」ということです。

この「動き」をつける対象オブジェクトは多岐にわたり、アニメーションといえば、イラストや図などを思い浮かべがちですが、じつは他にも写真や文章、ひとつひとつの文字、それから前項で作成したグラフなどもアニメーションで動きをつけることができます。したがって、

基本的にスライドペインに「見えているもの」であれば何でも動きをつけることができる

のです。また、「動き」にも様々な種類があります。大きく分けて、

開始・強調・終了・軌跡

の4種類の動きを選択することができるようになっています。

基本的概念は、「開始」は何もないところにアニメーションを設定したオブジェクトが「現れる」イメージ、「強調」はあるオブジェクトを「動かす」イメージ、「終了」はオブジェクトを「消す」イメージ、「軌跡」はオブジェクトを「移動」させるイメージになります。

さらに、これら4種類を1つのオブジェクトに組み合わせて、1つのオブジェクトに2通り以上の動きをさせることも可能です。なので、アニメーションの組み合わせが無数にあるため、かなり凝った動きをつけることが可能になっています。

操作しながらのほうがわかりやすいので、実際にアニメーションを設定してみましょう。まずは、8ページ目のスライド「どんなポイントがいいの?」の文章にアニメーションを設定します。

スライドペインのスライドのイメージ

スライドペインに打ち込んだ「文書」にアニメーションを設定するのは、図などのオブジェクトにアニメーションを設定するのと同じくらいよく使われています。

対象は、「ダム」「池」「川」「河口」の文字です。タイトルは動かしません。アニメーションを設定するには、設定したい箇所、この場合は、文字が入力されているコンテンツ部分のプレースホルダーを選択もしくはカーソルを置いた状態で、「アニメーション」タブをクリックします。

「アニメーション」タブのイメージ

すると、上図のようにアニメーションの一覧が表示されますが、これだけではないので、下図の下向き三角矢印ボタン(その他)をクリックしてみましょう。

「アニメーション」タブの「その他」ボタンのイメージ

すると、「開始」「強調」「終了」「アニメーションの軌跡」別の一覧が表示されます。

アニメーションの一覧表示のイメージ

上図のように「アニメーションの軌跡」は表示されていないかもしれませんが、その場合は、バーを下にスクロールすると表示されます。

この中から、「開始」カテゴリの「バウンド」を選択してみましょう。

「開始」カテゴリの「バウンド」アニメーションを選択しているイメージ

すると、自動的にアニメーションが再生されます。「バウンド」の文字どおり、上から落ちてくるように現れて(開始)、バウンドして着地するという動きです。

「バウンド」アニメーションのイメージ

再生されない場合やもう一度確認したい場合は、「アニメーション」タブの「プレビュー」ボタンをクリックすると再生されます。

「アニメーション」タブの「プレビュー」ボタン

このように、アニメーションは設定したい箇所を選択して、アニメーションの一覧より任意の動きを選択するだけです。この場合は、プレースホルダーの箇条書き4段落を一度に設定することができました。

これをもう少し詳しくみていくと、設定した4つの段落のそれぞれの文章が、1段落ずつ順番に(上の段が終わってから)アニメーションが動くように設定されています。

スライドペインをみてみると、各段落の頭に「1~4」数字が付与されました。

アニメーションを設定した箇所に付与される番号のイメージ

これは、アニメーションを設定した箇所に付与される番号になります。1から4の順番でアニメーションが動作するという意味です。そして、番号が付与されているということは、

番号ごとに個別のアニメーションを設定することができる

ということです。もう少し細かい設定を施したい場合、例えば、4段落のうち1つだけにアニメーションを設定したい場合や1つだけ異なるアニメーションにしたい場合、または4段落同時に動作させたい場合など様々な組み合せを設定することができます。

設定されたアニメーションについての詳細は「アニメーション」タブの「アニメーションウィンドウ」ボタンで確認することができます。

「アニメーション」タブの「アニメーションウィンドウ」ボタンのイメージ

すると、スライドペインの右側に「アニメーションウィンドウ」が表示されます。この画面より、詳細なアニメーションの設定も行うことができます。

「アニメーションウィンドウ」のイメージ

まず、下図のようにアニメーションウィンドウの矢印ボタンをクリックして、設定されている個々のアニメーションを展開させましょう。

「アニメーションウィンドウ」の「内容を拡大」ボタンのイメージ

展開された個々のアニメーションから、1の「ダム」を選択して、これだけアニメーションを変更してみます。同アニメーションタブより任意のアニメーションに変更すると、この1番のアニメーションのみ変更になります。

ここでは、一覧に表示されているものよりもさらに別のアニメーションを選択してみます。下図のように、「その他の開始効果」をクリックします。

「アニメーション」タブのアニメーション一覧表示のイメージ

すると、「開始効果の変更」画面が表示されます。ここには「開始」アニメーションのすべてが収載されています。

「開始効果の変更」画面のイメージ

ここでは「スパイラルイン」を選択しました。このように、「強調」や「終了」、「軌跡」についても同様にすべての一覧から選択することができます。

すると、アニメーションウィンドウの「1.ダム」は、下図のように棒グラフのような目盛りが短くなり、少し変化しました。

アニメーションウィンドウのイメージ

これはもうお分かりのとおり、「タイムライン」の目盛りになります。つまり、アニメーションが設定されている時間の幅になります。「ダム」に設定した「スパイラルイン」は「バウンド」よりもアニメーションの時間が短いということになります。

「再生」ボタンをクリックすると、時間軸が表示されてタイムラインを確認することができます。

アニメーションウィンドウの「再生」ボタンをクリックしたイメージ

ただし、このタイムラインは伸縮することができます。マウスでドラッグするだけで好みの長さに調整することができます。

アニメーションウィンドウのイメージ

または、「ダム」上で右クリックし、メニューより「効果のオプション」を選択します。

右クリックメニューのイメージ

アニメーションの効果、この場合は「スパイラルイン」画面が表示されます。「タイミング」タブの「継続時間」よりアニメーションの時間を設定することができます。アニメーションの詳細な設定は、この効果のオプション画面より行います。

アニメーションの効果「スパイラルイン」画面のイメージ

また、「アニメーション」タブの「継続時間」を直接指定することでも同様に設定ができます。基本的な設定は「アニメーション」タブ内でほとんど行うことができます。

「アニメーション」タブのイメージ

次に、アニメーションが開始するタイミングについてみていきましょう。ここで言う「開始」は、「開始効果」の意味ではなく、そのアニメーションがスタートするタイミング「動き出しのタイミング」の意味です。

設定したアニメーションの開始のタイミングを確認するには、右クリックメニューの「タイミング」、もしくは「アニメーション」タブの「開始」の欄で確認することができます。「アニメーション」タブは上図、「タイミング」は下図のとおりです。

右クリックメニューのイメージ

すると、基本的にはデフォルト(初期設定)で「クリック時」となっています。

アニメーションの効果「スパイラルイン」画面のイメージ

つまり、アニメーションは、「クリック」という動作をすることによって、それをきっかけとしてスタートするわけです。したがって逆に言うと、

こちらからクリックのアクションをするまでアニメーションが始まらない

ということでもあります。これは他の「池」「川」「河口」3つのアニメーションも同様で、すべて「クリック時」になっています。

しかし、「再生」ボタンや「アニメーション」タブの「プレビュー」ボタンでは、すべてのアニメーションが自動的に連動して流れていました。これは、

実際のアニメーションの動きとは異なる

ので、注意が必要です。実際には、「クリック時」の場合、クリックもしくは何かのキーを打つなどのアクションがなければアニメーションはスタートしません。

それならば、実際の動きはどのように確認するのかというと、スライドの発表(1) から詳しく説明しますが、

スライドショー

という機能を使います。これは、本番で発表するときに使う機能です。つまり、実際の上映と同じものを見て確認するのです。

スライドショーを見るには、「スライドショー」タブより「現在のスライドから」ボタンを選択するだけです。

「スライドショー」タブのイメージ

すると、現在開いているスライドペインのスライドのスライドショーが開始されます。ちなみに、「最初から」を選ぶと最初のスライドからスライドショーが始まります。

スライドショー画面のイメージ

ここで、アニメーションがクリックに連動して動き出すことを確認してください。

また、下図のように、画面右下の「スライドショー」ボタンからも同様にスライドショーを始めることができます。

画面右下の「スライドショー」ボタンのイメージ

当然、開始のタイミングを「クリック時」以外に変えることも可能です。

同画面の「タイミング」タブより、「開始」のリストメニューから選択することができます。「直前の動作の後」を選択すれば、前のアニメーションが終わったのと自動的にアニメーションを動かすことができます。つまり、クリックは必要なくなります。

「効果オプション」画面の「タイミング」タブのイメージ

また、そのスライドの最初のアニメーションなどは「直前の動作と同時」を選択しておけば、そのスライドに切り替わったと同時にアニメーションをスタートさせることができます。このあたりは、いろいろ試してみて感覚をつかんでおくしかないので、実験してみてください。

次に、アニメーションの動作の「単位」をみていきましょう。「単位」とは、どこまでをひとつのまとまりとしてアニメーションを設定するか、というアニメーションの区画割りのような意味で考えてください。

現在、4つの段落の文章はそれぞれアニメーションが設定されていますが(同じ「バウンド」のアニメーションが設定されていますが別々と考えます)、その段落の文字はすべて同時に動作しています。つまり、「ダム」の2文字は同時に動いており、「ダ」と「ム」で別々になっていないと言う意味です。

少々難解ですが、このスライドの文章に対するアニメーションの組み合わせは、実はいくつもあるのです。代表的なもの書き出すと、このようにデフォルトで設定されている「1段落ごとで1文章同時」の動き、他には「1段落ごとで1文字ずつ」や「1段落ごとで単語単位」、「全段落全文章同時」など、動作の区画がいくつもあります。

理解するには、実際の動きをみて確認するしかありませんが、詳しい分類でいうと、下図のとおり、スライドマスタで設定した「段落」については、「テキストアニメーション」タブの「グループテキスト」で動作区画が確認できます。

「効果オプション」画面の「テキストアニメーション」タブのイメージ

そして、文字単位の区画は「効果」タブの「テキストの動作」で確認することができます。

「効果オプション」画面の「効果」タブイメージ

ここを変更することによって、1文字ずつアニメーションを設定したり、スライドの文字すべてを同時に動かしたりと、様々な組み合せが可能になります。例えば、すべてを同時に動かしたい場合は、「テキストアニメーション」タブの「グループテキスト」を「1つのオブジェクトとして」に変更すれば、すべてがひとつにまとまります。

このあたりもいろいろと変更してみて、スライドショー等で動作を確認してみてください。

次は、これらにさらにアニメーションを「追加」してみましょう。

現在、4つの段落にはそれぞれ「開始」のアニメーション、「バウンド」と「スパイラルイン」が設定されています。これに、「強調」のアニメーションを追加してみます。つまり、「開始」アニメーションで文字が出現し、そののち、「強調」アニメーションの動きもプラスさせるわけです。

アニメーションを追加するには、同タブの「アニメーションの追加」ボタンを選択します。

「アニメーション」タブの「アニメーションの追加」ボタンのイメージ

アニメーションの一覧画面が表示されるので、任意のものを選択します。ここでは「強調」カテゴリの「スピン」を選択しました。

アニメーションの一覧表示のイメージ

すると、アニメーションウィンドウに新たなアニメーションが追加されます。展開すると、下図のように「スピン」アニメーションが追加されています。

アニメーションウィンドウのイメージ

再生して動きを確認してみましょう。「開始」アニメーションの後に「強調」アニメーションが設定されていることを確認してください。

また、すべての段落を「スピン」させたくない場合や、特定の段落だけ「スピン」させたい場合など、例えば「4.ダム」だけ「スピン」させたい場合は、「5」「6」「7」を選択して右クリックから「削除」もしくは「Delete」キーで不要なアニメーションを削除することができます。

すると、下図のようにアニメーションが削除され、整理することができます。

アニメーションウィンドウのイメージ

このように、アニメーションの追加や削除、また管理においてはアニメーションウィンドウを使用するのが非常に便利でわかりやすいと思います。

では、最後に使えると効果的な「グラフ」のアニメーションを設定してみましょう。Excelで作成したグラフにアニメーションを設定します。

これまでの流れから、グラフ全体をひとつのアニメーションとすること、また、例えば棒グラフであれば、一つひとつの「棒」にアニメーションを設定することができるというのは想像できると思います。

前者のほうはもう説明の必要はないと思いますので、グラフの中身それぞれにアニメーションを設定してみましょう。操作方法はこれまでと同じですので、すぐにできると思います。

9ページ目の「年齢分布」のグラフを使います。

「棒グラフ」のイメージ

まず、アニメーションウィンドウを表示させ、グラフ全体に「フェード」のアニメーションを設定します。

アニメーション一覧から「フェード」を選択しているイメージ

次に「効果のオプション」画面を開いて、「グラフアニメーション」タブより「項目別」を選択します。これでグラフの要素(棒)ごとにアニメーションが設定されます。

「効果のオプション」画面のイメージ

アニメーションウィンドウを展開すると、下図のように、グラフの要素(項目)一つひとつにアニメーションが設定されていることが確認できます。(グラフの「3」という番号は、そのPowerPointファイルの中のグラフ番号なので異なる場合があります)

アニメーションウィンドウのイメージ

再生して、グラフの棒がひとつずつ現れてくることを確認してください。

ただ、スライドショーで確認すればわかりますが、これだけではグラフの要素以外のタイトルや背景なども最初はすべて消えているため、背景から現れるアニメーションは動きが多すぎます。

したがって一般的には、要素部分以外の背景は最初から表示しておいて、要素だけにアニメーションを設定します。

上図の「1.グラフ3:背景」を削除するか、同タブの「グラフの背景を描画してアニメーションを開始」のチェックを外すことで、背景のアニメーションは解除されます。

「効果のオプション」画面の「グラフアニメーション」タブのイメージ

さて、少々長かったですが、これでアニメーションの基礎編は終了です。ここまでできるようになると、どんなオブジェクトでもほぼ思い通りのアニメーション効果を設定することができると思います。

というよりも、基礎を通り越して少しばかり応用的な知識も身についているかもしれません。ここまでできたら保存して、次項にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年5月23日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る