基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの発表(2) ~ プロジェクターで投影 ~

番までいよいよというところまでやってきましたが、その直前にもうひとつだけ必要な知識があります。それはいったい何でしょうか?

練習も終わってあとは発表するだけ、というのは間違いではありません。しかし、その発表をするためには「セッティング」が必要です。

つまり、スライドが完成しただけでは、発表する相手に映像を見てもらうことができません。スクリーンに映像を投影するという極めて重要なタスクが残っているのです。

発表会や勉強会などのように、すでに会場がセッティングされている場合もありますが、自分ですべて用意してお客様にプレゼンする場合だってあるはずです。

それだけではなく、正しい知識を持っていなければ、たとえば、

プロジェクターに投影すると、動画が再生されない

というよくあるトラブルが起きた場合、その対処の仕方がわからないでしょう。したがって、機器の接続と画面投影の仕方は必ず必要になる知識なのです。

では、プロジェクターとパソコンを接続する最初のところからみていきましょう。

パソコンといっても、どんな会場であれ、ほぼすべての場合がノートパソコンで、デスクトップタイプのパソコンを接続しているのはあまり見たことがありません。

このときのノートパソコンは、自分で用意した自分のものを使うか、会場で用意されていたものを使うかになりますが、ここでは自分で用意したものとして、ノートパソコンをお持ちの方はそれを見ながらすすめて行ってください。

まず、プロジェクターとノートパソコンを接続するには、「有線」と「無線」の2通りの方法があります。「有線」は何がしかのケーブルで接続する方法、「無線」はワイヤレスで無線を飛ばして接続するという方法です。

有線のケーブルとしてよく使われるのは、ほぼ1種類で、基本的にこれだけ覚えておけば十分です。たいていのプロジェクターにはこのケーブルが附属されています。

15ピンケーブル(アナログケーブル)

正式名称は「ミニD-Sub 15ピンケーブル」ですが、重要なのは「15ピン」のケーブルであるということです。下図のように、5ピンずつ3段に並んでいます。(通常は1本少ない14本で、メーカーによってどのピンがないか異なります)

「D-Sub15ピンケーブル」のイメージ

このケーブルは、アナログの映像信号を送ります。もっとも広く使われている標準的なケーブルで、どのプロジェクタにもこのケーブルのコネクタが装備されています。(アナログとデジタルについては、基礎知識編「アナログデータとデジタルデータ」を参照してください)

ピンが出ている側(上図)を「オス」、穴の開いている側を「メス」と呼びます。基本的にパソコン側、プロジェクター側の両方がメスのコネクタを備えているので、ケーブルの両端がオスになっているケーブルを使用します。

その他のケーブルとしては、近年普及してきた、

HDMIケーブル(デジタルケーブル)

があります。このケーブルはUSBケーブルと似ていますが、「High-Definition Multimedia Interface」の略で、デジタル家電向けのインターフェースです。デジタル伝送方式で映像信号を送り、アナログタイプのケーブルに比べて高画質とされていますが、少し古いプロジェクターではコネクタがない場合があります。

また、音声も同時にこのケーブル1本で送れるので、高画質のうえに非常に使いやすいケーブルです。(本項ではケーブル種類についての解説は以上にします。詳しく知りたい方は、下記外部サイトを参照してください)

では、次は「無線」です。無線の場合は当然ながら、無線機能を持ったプロジェクターのみでしか使えません。

ですので、詳しい説明は割愛しますが、プロジェクターに附属されている無線子機をノートパソコンに接続して、無線通信を行うタイプが多いようです。

さて、以上でプロジェクターとパソコンを物理的に接続できました。次に必要なことは、

映像をプロジェクターに送る

という操作です。基本的には、プロジェクターにつないだだけでは映像は投影されません。パソコン側で「映像を送る操作」が必要になります。

さらに気を付けなければならないことは、

パソコンの種類によってプロジェクターに映像を送る方法が異なる

ということです。種類というのは、OSの種類であったり機器のメーカーであったりします。Windows7からは「プロジェクターへの接続」という統一された方法が確立されましたが、それ以前はメーカーによって微妙に違う場合がありました。

その方法は、キーボードのボタンを使うというものです。ノートパソコンをお使いの方はキーボードの一番上「F1~F12」の段を見てください。

下図のような、「ディスプレイ」のイラストが描かれたキーがあるはずです。

「F8」キーに「ディスプレイ」の図柄が記されているイメージ

この図が記されたキーが画面切り替えのキーになります。「LCD」は「Liquid Crystal Monitor」の略で「液晶ディスプレイ」のことです。つまり、パソコンの液晶ディスプレイと外部モニタを切り替えるという意味です。

この場合は「F8」キーになっていますが、このキーが機種によって異なるのです。つまり、「F8」ではなく「F5」だったり「F9」するわけです。

また、キーのディスプレイ図柄は「青色」で記されており、これは「Fn」キー、つまり「ファンクションキー」に対応しています。たいていキーボードの左下にあるキーです。

「Fn」キーのイメージ

したがって、この場合は「Fn」キーと「F8」キーを同時に押すことで、映像をプロジェクターに送ることができます。

画面は、キーを押すごとに切り替わっていきますが、そのたびに画面中央にどのモニタに映像を送っているのかグラフィックが表示されます。

下図の場合は「LCD」で、パソコンの画面になります。この場合は、パソコンの画面のみが映り、でプロジェクターには映像が送られず、真っ暗なままです。

映像がLCDに送られているイメージ

下図の場合は「VGA」で、プロジェクターのスクリーン画面になります。「VGA」は「Video Graphics Array」の略で、これも「液晶ディスプレイ」のことですが、外部モニタ、つまりプロジェクター側を指しています。

映像がVGAに送られているイメージ

パソコンの機種によっては、これがVGAではなく「CRT」となっている場合もあります。CRTは「ブラウン管ディスプレイ」のことです。

この場合は逆に、プロジェクターのみ投影され、パソコンの画面は真っ暗になります。

下図の場合は「LCDVGA」で、パソコンの画面とプロジェクターの画面の両方に送られていることを示しています。つまり、両方で映像を見ることができます。

映像がLCDとVGAの両方に送られているイメージ

通常、プレゼンを行うときは、この両方に映像を送るようにセッティングします。これで、パソコン側でもプロジェクター側でも、どちらも見ながらプレゼンを行うことができます。

このようにキー操作で画面切り替えを行うのが、Windows7以前の代表的な方法でした。他に方法がないわけではありませんが、これがもっとも一般的な方法です。

Windows7では、画面上でマウス操作できるように「プロジェクターへの接続」という機能が追加されています。

デスクトップ上で右クリックし、「画面の解像度」を選択すると、下図の「ディスプレイ表示の変更」画面が現れます。

「ディスプレイ表示の変更」画面のイメージ

ここに、「プロジェクターへの接続」というリンクがあります。これをクリックすると、画面切り替えのメニューが表示されます。

画面切り替えメニューのイメージ

4パターン表示されますが、「コンピューターのみ」は「LCD」、「複製」は「LCDVGA」、「プロジェクターのみ」は「VGA」と同じ意味です。

唯一異なるのは「拡張」ですが、これについては次項で解説します。

また、いちいちこの画面まで開かなくても、カッコで記述があるように、「ウィンドウズ」キーと「P」キーを同時に押すと画面を切り替えることができます。

つまり、Windows7では、「F」キーと「Fn」キーの操作と「ウィンドウズ」キーと「P」キーの操作の両方で画面を切り替えることができるわけです。

さて、これで発表前のセッティングがすべて完了しました。あとはリハーサルどおりプレゼンを行うだけです。といいたいところですが、あとひとつだけ注意事項を知っておいてください。

それは、冒頭で説明した「動画」をスクリーンで再生する場合です。

動画の場合は、パソコンとプロジェクターの両方で見えるように画面設定している場合では、再生されないことがほとんどです。

再生されないというのは正確ではありません。パソコン側では再生されて見えているのですが、プロジェクター側のスクリーンは真っ暗なままなのです。

これはPowerPointのスライドに埋め込んだ(リンクを埋め込んだ)動画ファイルのみならず、DVD等の動画ファイルを直接流したとしても、スクリーンでは見えないことが多々あります。

こうなったときには、

プロジェクター側にのみ映像を送る

ように切り替えると正しくスクリーンに映し出されます。つまり、「VGA」か「プロジェクターのみ」を選択しなおすというわけです。

これは、メインモニタでしか動画再生をサポートしていない機器で発生する現象で、この他にもいくつか方法がありますが、基本操作編ではここまでにします。

さて、これでもうPowerPointでの不安要素はありません。あとは、応用的なテクニックやちょっとした機能を覚えるのみです。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年6月25日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

ホームシアター研究室
http://theateroom.com/entry/no71.php
ディスプレイケーブル - ELECOM
http://www2.elecom.co.jp/cable/display/

ページトップへ戻る