基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

インターネットのWWW以外の要素

WWWシステムはインターネットの普及に大きく貢献し、また、インターネットと同一視されてしまうほどですが、前項で解説のとおりインターネットを構成する要素は、WWWだけではありません。

インターネットの歴史を遡ってみると、1960年代末の米国で、核の脅威からリスクを分散するために構築されたネットワークに始まります。

WWWの始まりが1990年頃ですから、インターネットの始まりはそれよりもずっと前で、ウェブサイトの閲覧といったWWWの要素は存在せず、それ以外の要素によってインターネットは成り立っていたということです。

さて、核の脅威からリスクを分散するために構築されたネットワークというのは、多数の計算機をネットワークで接続して分散処理を行い、互いに情報を交換できるようにしておけば、1ヶ所が破壊されても他で補うことができると考えたからです。つまり、

遠隔地にあるコンピュータの遠隔操作・ファイル転送(共有)・情報交換

がインターネットのそもそもの目的だったわけです。

そして、1969年に米国の各大学をネットワークした、ARPANET(アーパネット)と呼ばれるネットワークが構築され、現在のインターネットの原型になったと言われています。

その後、ネットワーク環境でのコンピュータの使用が浸透して行き、インターネットは世界中に拡大するとともに、様々な技術やサービスも開発されてきました。そして、1990年代になってようやくWWWが登場したのです。

このように、インターネットにはWWW以外にも、遠隔操作ファイル転送(共有)情報交換 といった要素があります。

遠隔操作は、Telnet(テルネット)
ファイル転送は、FTP(エフティーピー)
情報交換は、電子メール・ネットニュース

という技術が開発され、これらはインターネットの重要な要素となりました。

電子メールとFTPについては個別に後述しますので、本項では概要だけを解説します。

まず、「電子メール」については、携帯電話等でも広く普及していますのでもはや説明は不要かもしれません。たとえ地球の裏側でも瞬時にメッセージを届けられる手紙です。また、

文字だけでなく画像や音声ファイル、プログラムなどを添付して送信できる

ので、電話に代わる新しい情報伝達手段となりました。携帯電話でのメールをしたことがないという人はほとんどいないでしょうし、メールにファイルを添付して送ることができるので、スピードが求められるビジネスシーンでも電子メールは必須ツールとなっています。

電子メールの利用には、専用のアプリケーションソフトを使います。「Widows Liveメール」や「Outlook Express」などが有名です。一度は耳にしたことがあると思います。

これらのメールソフトは、メーラー と呼ばれます。(詳しくは、電子メールの仕組み で解説します)

また、電子メールは基本的に1対1の情報交換ですが、1対多のコミュニケーションを実現したのが、

ネットニュース(または電子ニュース)

です。ニュースといっても新聞社や通信社が提供するニュース記事ではなく、コミュニケーションツールになります。ネットニュースは、不特定多数の利用者間の議論の場として使われる「電子掲示板」に近いものです。

つまり、議題や疑問などを投稿して、議論したり疑問を解決したり、大勢の人とコミュニケーションをとるためのシステムになります。

ただし、ネットニュースは掲示板と異なり、メッセージが1ヶ所で集中管理されず、ネットワークに接続されたパソコン(ニュースサーバという)同士でニュース記事を配信し合うことで、ネットワーク上を情報が伝達していきます。

具体的には、ニュースサーバは受け取った記事(投稿)をコピーし、それを隣のサーバに転送します。その隣のサーバがさらに隣のサーバに送る、という記事のリレーが繰り返し行われ、波紋のようにネットワーク上を伝わります。

その途中で記事を読んだ人が、自分の意見や質問の答えなどを載せ、さらにその答えを読んだ人が別の見方からの意見を載せ、という連鎖を繰り返すことによって情報の交換をするわけです。イメージ的には現在のFacebookに近いものでしょうか。

記事を読むときは、任意のニュースサーバに接続して、 そのサーバが持っている記事の中から好きなものを選択して読むことになります。その記事のカテゴリ(分類)のことを、ニュースグループ と言います。

また記事を読むには、ニュースリーダー と呼ばれる専用のアプリケーションソフトが必要ですが、「Widows Liveメール」や「Outlook Express」などのメーラーには、あらかじめその機能が装備されています。

インターネット上には無数のニュースグループが存在します。ただ最近では、ネットニュースはブログや電子掲示板に押されて衰退の一途をたどっています。

また、ネットニュース全体を管理する管理者はいないという点も電子掲示板とは異なります。巨大な掲示板である「2ちゃんねる」も管理者は存在します。

次に、「ファイル転送」もインターネットの主要な要素です。もともとファイル転送、つまり単純なデータのやり取りや共有がインターネットの主な要素でした。

ファイル転送の主なサービスとして、オンラインソフトや動画、音楽など様々なファイルをインターネットがらダウンロードしたり、作成した自身のウェブサイトを、インターネット上のWWWサーバにアップロードしたりすることなどです。

ダウンロード とは、インターネットから自分のパソコンにファイルを取り込むことです。逆に、自分のパソコンからインターネットへファイルを転送することを、アップロード と言います。

ファイル転送は、FTPというプロトコル

が主に使われます。プロトコルとはこれまでの解説のとおり、規格でありルールの意味です。FTP(エフティーピー)については後述します。

最後に、「遠隔操作」もインターネットの要素になります。

遠隔操作とは、遠く離れた場所に設置されたパソコンであっても、ネットワークを介して間接的に操作することを言います。

遠隔操作は、Telnetというプロトコル

が主に使われます。Telnetによって、たとえ遠隔地であってもネットワークを介して、すべての操作を、あたかも目の前にそのパソコンやコンピュータが存在するかのようなイメージで操作することが可能になります。

ただし、Telnetを利用するにはある程度専門的な知識が必要になりますので、ここまでの解説に留めたいと思います。

このように、インターネットにはWWW以外にも、情報交換の「電子メール」や「ネットニュース」、ファイル転送の「FTP」、遠隔操作の「Telnet」といった要素があり、これらはWWWと同じように広く普及しているのです。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月27日
ページを公開。
2009年4月27日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月31日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献
ネットニュースについて
http://www.is.titech.ac.jp/~ohshima/net/netnews.html

ページトップへ戻る