基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

電子メールの仕組み ~ POPSMTPとは ~

ンターネットを構成するWWW以外要素のうち、情報交換を担ってきたのが、電子メールやネットニュースです。

ネットニュースについては、インターネットのWWW以外の要素 で解説のとおり、衰退の一途をたどっていますが、電子メールは、情報伝達・情報交換手段として最も身近なものになりました。

最近では、パソコンを使ったメールよりも携帯電話のメール利用者の方が多くなりましたが、パソコンを利用した電子メールは、IT化が進んだ現代において、企業間における文書のやり取りやデータの送付などに欠かすことのできないツールとなっています。

また、携帯電話のメールは、新しいコミュニケーションのかたちを生み出し、「通話」よりもメールの方が良いという人もいます。

他にも、メーリングリストなどのように複数の相手に一斉送信することもでき、コミュニケーションの多様化と効率化をもたらしました。

パソコンのメールも携帯電話のメールも、インターネットを利用する基本的に同じ仕組みのサービスです。現在では、メールをしない人のほうが少ないというほど、電子メールは私たちにとって欠かせないサービスとなっています。

さて、この電子メールはどのような構造で成り立っているのかというと、電子メールは、

ヘッダと本文

の2つの部分から成り立っています。「ヘッダ」部分は、データ伝送 で解説したパケットのヘッダと同様に、そのメールに関する情報が記述されています。

具体的には、メールの表題(タイトル)、送信者の名前とメールアドレス、送信日付、宛先のメールアドレスなどで構成されていて、「本文」部分は、その名の通りメールの本文が記述されています。

このように、電子メールは「本文」のみが送信されているわけではなく、「ヘッダ」の情報によって正しく届けられているのです。また、「添付ファイル」が電子メールに付加される場合もあります。

ヘッダは、Windowsメールの場合は、メールの「ファイル」→「プロパティ」→「詳細」タブで参照することができます。

では、この電子メールは、どのようにインターネット上を転送されて行くのでしょうか?(電子メールの操作方法については、「メール」編 で詳しく解説しますので、本項では概要を説明します)

まず、電子メールを利用するには、Windowsメール(Outlook Express)などのアプリケーションソフトを使います。この電子メールを送受信することのできるアプリケーションソフトを「メーラー」と言います。

メーラーで文書を作成して、送信先のメールアドレスに送信すれば、インターネット網があれば世界中のどこにでも瞬時に届けることができます。また、メールには文書や画像などのデータを添付できるというメリットもあります。

メールアドレスは、前述したIPアドレスやドメインと同様、世界に一つのユニークな文字列であり重複することはできません。このメールアドレスにしたがって、メールはインターネット上を転送されて行きます。

ここで注意が必要なのは、

メーラーから送信されたメールは、直接相手のパソコンに届くわけではない

ということです。送信先情報であるメールアドレスは、「matsuzaka@redsox.com」のような表記をします。@の右側は、前述したドメイン名になります。

このメールアドレスの情報をもとに相手にメールが届けられるということは、IPアドレスとは(1) で解説したDNSが使われているということです。

つまり、メーラーから送信されたメールは、DNSを利用して送信相手のサーバへ転送されて保管されます。メールが送られるのはここまでで、メールを見るためには、

契約しているプロバイダ等のメールサーバに、自分宛のメールをもらいに行く必要がある

のです。メールはパソコンに届くように思われがちですが、DNSを利用するウェブページの閲覧と同様、(WWWサーバとメールサーバの違いはありますが)サーバからダウンロードしなければ、自分のパソコンに取り込まれないのです。

この受信の操作は、メーラーの「送受信」というボタンで行いますが、一般的には、メーラーの起動と同時に受信が自動的に行われます。要するに「受信」という作業をあまり意識することはありません。

携帯電話や、Yahooメールなどのフリーメールでは、受信作業を行わなくても自動的にメールがダウンロードされますが、携帯電話のセンター問い合せのように、自分のメールサーバにメールが届いていないか確認をすることができます。

いずれの場合も、メールは直接パソコンや携帯電話に送られてくるわけではなく、自分のメールサーバに問い合せしてダウンロードしているのです。

この電子メールの送受信における転送プロトコルは、

送信はSMTP(エス エム ティー ピー)、受信はPOP(ポップ)

という2種類のプロトコルが使用されます。SMTPは「Simple Mail Transfer Protocol」の略、POPは「Post Office Protocol」の略になります。つまり、

電子メールは、送信と受信が異なるプロトコルで制御されている

という特徴があります。

電子メールの送受信の流れのイメージ図

上図のとおり、電子メールの送受信の流れは、

1.Aさんが、メーラーで電子メールを送信
2.DNSにより、Aさんのメールサーバを検索(メールアドレスのドメインよりIPアドレスを検索)
2.Aさんのメールサーバにメールを転送
3.DNSにより、Bさんのメールサーバを検索(メールアドレスのドメインよりIPアドレスを検索)
4.Bさんのメールサーバにメールを転送
5.Bさんのメールサーバからメールをダウンロード(Bさんがメールをダウンロードするまで保管)
6.Bさんのメーラーで電子メールを読む

という流れになります。Aさんがメールを送信する時、AさんのメールサーバからBさんのメールサーバに転送される時はSMTPプロトコル、Bさんがメールサーバからメールをダウンロードする時はPOPプロトコルで通信されます。

POPは、現在のバージョンを付けて「POP3」(ポップ スリー)と呼ばれます。また、受信のプロトコルは、このPOP3の代わりに、IMAP(アイマップ)というプロトコルを使用する場合もあります。(詳しくは次項で解説します)

このように電子メールは、サーバからサーバへ転送され、送信相手が受信作業を行うまでメールサーバに保管されたままになります。

すなわち、自分のパソコンにメールが直接届くわけではありません。受信するためには受信専用のプロトコルによって、自分のメールサーバにメールをもらいに行かなければなりません。

ということは、自分のアドレスから自分のアドレスへメールを送ることもできます。また、携帯電話からパソコンへメールを送ることも、その逆も可能です。いろいろ実験してみてください。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年11月24日
ページを公開。
2009年5月17日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月20日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献

ページトップへ戻る