基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

URIURL) ~ 絶対URI・相対URIとは ~

数に存在するインターネット上のWWWサーバにウェブページは保存さてれおり、そのウェブページを閲覧するためには、その場所を指定しなければなりません。

インターネットにおける住所表記に当たるものが、

URI(ユーアールアイ)

と呼ばれる記述方法です。少し前までは、URL(ユーアールエル)と呼ばれていましたが、最近ではこの「URI」が使われるようになりました。

URI は「Uniform Resource Identifier」の略で、URL は「Uniform Resource Locator」略になります。

URIURLの違いは、URLが、インターネット上にある情報資源(HTML文書や画像など)の「場所」を指し示す表記方法であるのに対し、URIは、もっと広い意味で、

すべての情報資源を識別する

記述方法になります。つまり、URIは、インターネット上のみならず書籍のISBN番号など、世界中の情報資源を識別するために用いられる記述方式になります。

URIは、ウェブページや画像などのファイルの「場所」に重点を置くのではなく、情報資源を識別して特定するものであり、「場所」以外にも「名前」を表すこともあります。

したがって、URIは、URLを包括した広義的な用語になるのです。

ウェブページを指定する場合に限っては、URIURLも違いはありませんが、当サイトではURIに統一して解説します。

さて、インターネットを利用したことがあってURIを見たことがないという人はまずいないと思います。最もよく知られている表記が、「http://~」という表記です。

これは、HTTPプロトコルによってWWWシステムの情報資源(ウェブページ)を指定する最も一般的なURIになります。

あるウェブページを閲覧するときには、例えば、ブラウザに下記のようにURIを記述して、そのウェブページの場所を指定します。下記は、当サイトの「現在のページ」のURIです。

http://www.yamanjo.net/knowledge/internet/internet_09.html

上のURIは、下のような構造になっています。

URIの構造イメージ

このようにURIは、URIスキーム・責任者部・パス部 から構成されています。

URIスキームは、どのようなルールでその情報資源にアクセスするかを指定するもので、ウェブページであるHTMLファイルを指定する場合は、HTTPプロトコルによる通信なので「http:」になります。

したがって、URIスキームは「http:」以外にも存在するということです。

インターネットにはWWW以外の要素もあるので、「http:~」以外にも、「ftp:~」や「mailto:~」など実に40種類以上もあります。

次に、責任者部は「サーバ名」と「ドメイン名」で構成されています。

先頭に「//」を記述することで、ネットワーク上にある情報資源であることを示します。なぜ2本なのかは、パスとは で解説した「絶対パス」のルートフォルダを1本で示すことから、それよりもルートであるネットワークサーバをあわらすので2本という説もあります。

上の例では、「www」がサーバに当たり、「WWW」サーバをあらわしています。ここも、WWWサーバ以外であれば、FTPサーバの場合は「ftp」となります。(FTPについては次項で解説します)

ドメイン名は、企業や団体、教育機関、個人に割り当てられる世界でただ一つのものです。上の例では、「.net」ですが、「.ac」は教育機関、「.co」は一般企業、「.ne」はネットワークサービス会社、「.jp」は日本、「.uk」はフランスなどです。

それより前の「yamanjo」の部分はユーザーの任意で取得します。ただし、すでにその文字が使われている場合には使用することができません。

携帯電話のメールアドレスの取得で、すでに使用されていてドメインが取得できなかったという経験があるのではないでしょうか? 詳しくは後述しますが、メールアドレスもURIもドメイン部分は固有のものなので基本的に同じものです。

通常、ドメイン名は契約したプロバイダから任意に割り当てられますが、最近では、覚えやすい好みのドメインを習得する「独自ドメイン」を購入して、自分のウェブサイトやメールアドレスに使用する例も増えています。(詳しくは、独自ドメイン で解説しています)

ドメイン名については、IPアドレスとは(1) で改めて詳しく解説します。

最後に、パス部は「フォルダ名」と「ファイル名」で構成されています。

パス部の記述については、パスとは の項で解説した、OSのファイル管理のパスの記述方法と基本的に同じです。スラッシュでフォルダの階層を区切ってファイル名まで指定します。

以上がURIの構造になります。では次に、URIの記述方法について詳しくみて行きましょう。

これまで解説してきたURIの記述方法は、

絶対URI

という記述方法になります。絶対という言葉に見覚えがあるでしょうか? パスとは の項で解説した、OSのファイル管理のパスの記述方法が「絶対パス」でした。ということは、

相対URI

という記述方法も存在します。絶対パスおよび相対パスとの違いはそれほどありませんが、多少の違いがあるので注意が必要です。

まず、絶対URIは、上の例と同様に、URIスキームからパス部までを完全にすべて記述したものであり、一般にURIと言えば、絶対URIを指します。

絶対URIでは、

ファイル名を省略することができる

ので、例えば、

http://www.yamanjo.net/

と、ファイル名を省略して記述することができます。ただし、この場合は、そのファイルを保存しているサーバのデフォルト値(初期設定値)が適用されるため、一般的には、「index.html」というファイルが指定されます。

つまり、上のようにファイル名を省略して絶対URIを記述した場合は、

http://www.yamanjo.net/index.html

が自動的に指定されることになります。たいていのウェブサイトのURIは、ファイル名を省略して公表されています。例えば、YAHOO! JAPANの「http://www.yahoo.co.jp」や日本テレビの「http://www.ntv.co.jp」などです。

YAHOO! JAPANのURIをブラウザに入力すると、自動的に「http://www.yahoo.co.jp/index.html」が指定されているのです。したがって、「http://www.yahoo.co.jp/index.html」とブラウザに入力しても、YAHOO! JAPANのウェブサイトを開くことができます。

最後のスラッシュ「/」については、基本的に省力することができますが、「フォルダ名」で終了する場合には最後のスラッシュを省略することはできません。

例えば、「http://yamanjo.net/test1/test2/」と「http://yamanjo.net/test1/test2」は異なるファイルを指定することになります。前者は「test2」フォルダの「index.html」で、後者は「test1」フォルダの「test2.html」を指定していることになります。

また、絶対URIと絶対パスは異なるので注意してください。絶対パスは、パスとは で解説のとおり、スラッシュ「/」でルートフォルダをあらわし、そこからファイルまでの位置を指定する記述方法になります。

次に、相対URIですが、相対URIについては、相対パスと全く同じです。

相対URIは、相対パスと同様に、あるファイルやフォルダを起点として、目的のファイルやフォルダまでのルートを示す記述方法です。したがって本項では割愛しますので、詳しくは パスとは を参照してください。

このように、URIによって広大なインターネット上に散在する情報資源の位置を指定することで、ウェブページを閲覧したり、ファイルをダウンロードすることができます。

もっとも、無数に存在するウェブページを閲覧するのに、いちいちブラウザのアドレスバーにURIを打ち込んでいたのでは手間が大きく、そもそもURIを覚えておくことも困難です。

インターネット上の無数のページをスムーズに移動できるのは、「リンク」によってページ同士が結ばれているからです。リンクとは、

特定の文字や画像にURIを埋め込んでおく

ことです。その文字や画像をユーザーがクリックするだけで、指定のURIに移動できる機能になります。このリンク機能こそがWWWシステムの最も大きな特徴のひとつであり、WWWの爆発的な発展の要因なのです。(リンクについて詳しくは、WWWとは を参照してください)

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年5月9日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月20日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
Web標準の教科書―XHTMLCSSでつくる“正しい”Webサイト参考文献

ページトップへ戻る