基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

ファイル転送のプロトコル ~ FTPとは ~

WWWシステムでウェブページを閲覧する際のプロトコルは「HTTP」でしたが、インターネットにはWWW以外の要素があります。

WWW以外の要素 で解説のとおり、遠隔操作ファイル転送情報交換 といった要素があります。その中で、ファイル転送専用のプロトコルとして開発されたのが、

FTP(エフ ティー ピー)

と呼ばれるプロトコルです。FTPは「File Transfer Protocol」の略で、文字通りファイルを転送するためのプロトコルになります。

FTPの詳しい解説に入る前に、まず、ファイル転送専用のプロトコルとはどういうことでしょうか?

データ伝送 で解説のとおり、WWWシステムでウェブページを閲覧したり、電子メールで情報交換したり、ファイルをダウンロードしたり、インターネットを利用して何かを行うということは、データ伝送をともなうものでした。

ではなぜ、FTPがファイル転送のプロトコルと呼ばれるのでしょうか? 実際に「HTTP」でも、WWWサーバから、ウェブページのHTML文書や画像などのファイルを、自分のパソコンに転送して表示しています。

FTPHTTPも、TCP/IPプロトコルの基礎のうえに成り立っているプロトコルですので、パケット通信を行っており、いずれもデータ伝送を担うプロトコルには変わりありません。

それを理解する鍵は、「ファイル転送」と「データ伝送」という言葉の違いで説明することができると思います。データ伝送 の項では、

「ファイル転送」と「データ伝送」の違いはほとんどありませんが、あえて違いを設けた方がわかりやすいので、1対1に近い特定の相手との通信が「転送」で、それよりも広い意味でデータをある場所からある場所へ移動させることを「伝送」とします。

と解説しました。特定の相手との通信である「ファイル転送」は、すなわちファイルの転送のみを行うということであり、それを含む「データ伝送」は、ファイル転送のみならず、ウェブページを閲覧したり、メールを見たりといった他の要素も含む、と解釈すれば理解しやすいでしょう。

つまり、ファイル単位のダウンロードを「ファイル転送」、パケット単位のすべての通信を「データ伝送」と理解してください。

したがって、

FTPはファイル転送のみを目的としたプロトコル

であるため、他の要素を含まず、ファイル転送以外の要素を持っていないということです。そのため、ファイル転送専用のプロトコルと呼ばれているのです。

FTPは、WWW以外の要素 で解説のとおり、インターネットの初期から存在するプロトコルで、WWWの誕生以前からインターネットの目的の一つであるファイル転送を担ってきました。もともと、単純なデータのやり取りを行うFTPが主流だったわけです。

実際には、後から誕生したHTTPでもファイル転送をすることは可能です。HTTPは、ウェブコンテンツを扱うためにつくられた汎用的なプロトコルであり、電子メールのプロトコルであるPOPSMTP(詳しくは後述します)は、添付ファイルも送受信することのできるプロトコルです。FTPはファイル転送以外の要素を持っていません。

しかし、FTPにも利点はあります。FTPはファイル転送専用のプロトコルなので、HTTPを利用したファイル転送は、WWWサーバからファイルを「ダウンロード」するのみですが、

FTPは、アップロードも簡単にできる

という特徴があります。アップロードとは、自分のパソコンからネットワーク上のサーバ等へファイルを転送することです。その逆がダウンロードになります。

アップロードには、専用のアプリケーションソフトを使います。FTPソフトは多数あり、インターネット上で無料でダウンロードできます。

また、FTPは、ファイルの転送を行うだけの単純なプロトコルであるがために、

OSなどの環境に依存されずにファイル転送を行うことができる

というメリットがあります。

もっとも、FTPHTTPは用途や環境によって使い分けるもので、比較的サイズの大きいファイルを転送する場合は、転送専用につくられたFTPを使用する方が安定しているというくらいの認識で構わないと思います。

例えば、電子メールのプロトコルである、POPSMTPでは、大きいサイズのファイルの添付は適しませんが、FTPであれば巨大なファイルでも転送することができます。

また、オンラインソフトのサイトなどでは、ダウンロード欄に、「FTPでダウンロード」と「HTTPでダウンロード」の2通りの方法に分けてある場合があります。たいていの場合は転送専用のプロトコルである「FTPでダウンロード」を選択しますが、実際には、

ウェブページからブラウザでダウンロードする場合、FTPHTTPの転送速度の違いはほとんどない

のです。若干FTPの方が早いくらいで、同じTCP/IPによるパケット通信なので、速度にそれほどの差はありません。

会社等のパソコンやご使用の環境によって、セキュリティ上、管理者からダウンロードに制限がかけられている場合など、「FTP」が使えないことがあるので、「HTTP」も用意してくれているというわけです。

HTTPはウェブコンテンツのプロトコルなので、そのウェブページを「見ている」ということは、HTTPを使えば必ずダウンロードできます。

「FTPでダウンロード」と「HTTPでダウンロード」のイメージ

さて、それではFTPの仕組みについて詳しく解説して行きましょう。

FTPHTTP同様、FTPサーバ とクライアントとの間で転送が行われます。

つまり、HTTPWWWサーバからクライアントへウェブコンテンツをダウンロードして、ブラウザでウェブページを表示しているのと同様に、FTPの場合も、FTPサーバを通して目的地へファイルを転送します。

WWWサーバと同様、FTPサーバもインターネット上に無数に存在します。また、FTPサーバも自分で設置(自宅サーバ)することも可能です。

ただ、HTTPと異なる点があります。それは、

FTPでファイル転送を行うには「認証」が必要

という点です。下図は、「ホームページビルダー」に付属された「FTPツール」というアプリケーションソフトで、FTPによるファイル転送を行う際の認証画面です。

FTPの認証イメージ

このようにFTPでは、ユーザーIDとパスワードによる認証プロセスが必要です。

しかし、上図(もう一つ上のソフトウェアダウンロードの図)のような、ソフトウェアやプログラムのダウンロードサイトでは、そんな認証をする必要はありません。

ダウンロードのボタンをクリックするだけで、認証作業をすることなくFTPでファイルをダウンロードすることができます。

なぜ認証をしなくてもよいのかというと、

Anonymous FTP(アノニマス エフティーピー)

という仕組みを使っているからです。

Anonymous FTPは、先ほどのオンラインソフトのサイトのように、不特定多数に認証を行わないでファイル転送を行うための仕組みです。もっとも、「認証作業を意識させない」という方が正確です。

Anonymousとは、「匿名」の意味で、「Anonymous」というユーザーIDをあらかじめ作っておいて、パスワードによる認証を行わないで、FTPサーバにログインできるようにする仕組みです。

この仕組みは、FTPサーバの中に「Anonymous FTPサイト」を作成し、このFTPサイトにアクセスすれば、その領域にあるファイルを誰でもダウンロードできるというものです。

オンラインソフトのサイトなどのFTPサーバは、ユーザーが、ユーザー名とパスワードをいちいち入力しなくてもアクセスできるように設定してあるのです。

つまり、FTP通信を行うには認証作業が必要ですが、この作業を、

「Anonymous」という匿名で、誰でも認証できるように有名無実化している

のです。下図は、有名なダウンロードサイト Vector から、フリーソフトをダウンロードするときのWindowsによる確認画面です。

FTPサーバからのファイルのダウンロード確認画面のイメージ

URIの責任者部のサーバ名が、「www」ではなく「ftp」であり、FTPサーバを意味しています。正式なURIは「ftp://ftp.vector.co.jp」となります。

このようにインターネットでは、FTPの認証を意識することなく、FTPを利用できるFTPサーバ(Anonymous FTPサイト)が多数存在しています。

ただし、本来は、Anonymous FTPでも最低限の認証作業は必要です。通常は、ユーザー名に「Anonymous」か「ftp」を、パスワードには「自分のメールアドレス」を入力して認証を受けるのが慣例です。

FTPサーバの認証画面イメージ

本来は、FTPサーバにブラウザからアクセスすると上図のような画面で、認証を求められます。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年5月11日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月20日
内容修正。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
図解入門 インターネットのしくみ参考文献

ページトップへ戻る