基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint

スライドの作成(13) ~ テンプレートを利用する ~

ライドを「作成」することに関しての基礎は、本項で終了です。といっても、もうすでにその基礎はすべて身についており、あとは少し視点を変えた変化球を覚えるのみです。

本項で学習する内容は、サンプルテンプレート、つまり、

誰かが作成した完成形のサンプル

を拝借して使ってみるというものです。

これまで、スライドの作成(2) で学習した「スライドマスタ」で背景やフォントサイズ、色、段落記号などを自ら指定し、アニメーションや画面切り替えの効果なども自分で選択していました。

それぞれ、スライドマスタには「テーマ」が、アニメーションや画面切り替えの効果も、効果の一覧が用意されていて、そこから選択するだけて簡単に設定することができますが、あくまで個別に設定を行っていました。

本項で学習する「テンプレート」は、それらをまとめたすべての効果を盛り込んだひな形になります。つまり、ひとつのスライドショー作品をそのまま拝借して、自分用に修正するというものです。

これら、テンプレートの中には非常にクリエイティブなものもあり、イチからイメージを膨らませて作成していく労力に比べて、いとも簡単にグレードの高いスライドショーをつくることができます。

では早速、テンプレートを利用してみましょう。

まずは、PowerPointを新規作成します。「ファイル」タブより「新規作成」を選択します。

「ファイル」タブの「新規作成」のイメージ

すると、「使用可能なテンプレートとテーマ」の一覧が表示されます。

「使用可能なテンプレートとテーマ」の一覧イメージ

この一覧からさまざまなテンプレートを利用して、一覧にあるような、例えば「名刺」や「カレンダー」、「チラシ」などをPowerPointで作成することができます。

下段の「Office.comテンプレート」には、多くの種類のテンプレートががありますが、この部分は「.com」が示しているように、インターネット上のOfficeのサイトからダウンロードして利用するテンプレートです。したがって、インターネット環境が必要になります。

たとえば、「名刺」を選択してみましょう。すると、下図のようなイメージの「名刺」テンプレートがダウンロードできます。

「名刺」テンプレートのダウンロード画面のイメージ

この「Office.comテンプレート」は、PowerPointだけでなく、WordやExcelを含めたOffice製品のテンプレートです。したがって、WordやExcel用のテンプレートもダウンロードできるので、WordやExcelの「新規作成」メニューを確認してみてください。

さて、本項で利用するのは、あくまで上段の「ホーム」部分のメニューになります。

「使用可能なテンプレートとテーマ」の一覧の上段部分のイメージ

ここにある「テーマ」というのは、スライドマスタで学習した「テーマ」と同じものです。つまり、ここから「テーマ」を選択して開始することもできます。

今回は、ひと通りできあがったPowerPointサンプルを利用しますので、その隣の「サンプルテンプレート」を選択します。

すると、「サンプルテンプレート」の一覧メニューが表示されます。

「サンプルテンプレート」の一覧のイメージ

一覧には、通常のスライドのほかに、

フォトアルバム

のテンプレートもあります。これはどういうことかというと、PowerPointは、挿入したオブジェクトに対するアニメーション、画面切り替えの効果など、フォトアルバム的なスライドショーに向いているのです。

オブジェクトを「写真」と考えましょう。写真を挿入して、アニメーション効果でフェードイン、フェードアウト、画面切り替えの効果で写真を切り替えるといった、まさにフォトアルバムの機能がそのまま使えるわけです。

「フォトアルバム(アーバン)」を選択してみましょう。(ダブルクリックするか、画面右の「作成」ボタンをクリックします)

「フォトアルバム(アーバン)」テンプレートアイコンのイメージ

すると、14枚のスライドが挿入されます。「スライドショー」で動きを確認してみましょう。写真や文字のアニメーション、画面切り替え効果などすべてが設定されており、かなり完成度の高いスライドショーが見えると思います。

このようなテンプレートを使うと、好みのスライドを使って(不要なスライドを削除して)、必要箇所を差し替えるだけで完成度の高いスライドを作成することができます。

次に、もう一度「新規作成」より、他のサンプルテンプレートを選択してみましょう。

完成度からいって、もっともクオリティの高いのは「PowerPoint2010のご紹介」テンプレートです。選択してスライドショーを確認してみましょう。

「PowerPoint2010のご紹介」テンプレートアイコンのイメージ

さすがに、プロが作ったと思われる出来栄えです。「PowerPoint2010」の機能を紹介するプレゼンとなっていますが、見やすさ、綺麗さ、興味をひくような演出(アニメーションや画面切り替え効果など)、すべてが高いレベルで完成されています。

ここまでのスライドをイチから作ろうと思ったら、相当な経験が必要で、さらにセンスも要求されます。このようなテンプレートを使うも良し、目標にしてがんばるも良し、少しだけパクるも良し、上手にテンプレートを使って、高いレベルを作品を作ってください。

以上で、PowerPointの「作成編」は終了です。もう基本的なスライド作成の技術はすべてマスターしていて、どんなスライドでも作成過程をイメージできるはずです。あとはそれをどのように「見せる」のか、最後の「発表編」にすすみましょう。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

『ニューズウィーク』は『タイム』とともに世界的に購読されているアメリカのニュース雑誌です。日本に関する記事は少ないですが、世界的な視点で編集されており、国際社会の様々な価値観を知ることができます。

様々な意見を取り上げ、いい意味で画一的でないので、私は、毎週読んでいくうちに「自分自身の考え」を持てるようになりました。国際情勢や経済、地域紛争などについて、自分がその歴史や背景、登場人物を認識していて意見できるくらいの知識を得ることができるようになったと思います。

読み始めた当初は、ほとんどのことが理解できないくらい難しい内容に感じました。たとえば、円高や金利などの経済の仕組みや国際社会の地政学的な背景などの基礎知識がなかったからです。しかし、「毎週全部の記事を読む」「わからないことはネットで調べる」と自分に決め、一年間読み続けたらなんとか理解できるようになり、記事を読むのが本当に楽しくなりました。

また、日本のメディアにはない視点に立って書かれている記事が多いので、感心させられることや考えさせられることも多々あります。例えば、日本では「クジラ食文化」は断固として守らなければならないという視点で記事が書かれますが、「クジラを食することを文化としてる日本人はどれだけいるのか」という視点から記事が掘り下げられていきます。

そこには、画一的な報道からでは見えない「気づき」があります。多角的な視点を持つことで、ニュースの裏に透けて見える矛盾や戦略を感じとる皮膚感覚が身についてきたように思います。

さらに、各国の元閣僚や大物財界人、ビッグスターの寄稿も多く、デービット・ベッカムが札幌でPKを決めたときの気持ちをつづったコラム(その前回のワールドカップで退場になった因縁のアルゼンチン戦)で、「もう、大丈夫だと思った」という言葉は今でも印象に残っています。

先進国の世界的不況や中東の動乱、そして東日本大震災における援助や報道など、世界の中で、国際社会と複雑に絡み合う時代に生きていることを教えてくれます。ひとつ上の目線と価値観を与えてくれた雑誌です。

決して安くはありませんが、1年購読は18,520円(一冊定価460円)です。

ページトップへ戻る

更新履歴

2013年6月13日
ページを公開。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

文献
なし
ウェブサイト
なし

ページトップへ戻る