基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Office・ホームページビルダー

補助記憶装置(2) ~ 記録メディア・CD・DVD・次世代DVD ~

ードディスクだけが補助記憶装置なのではない、と前項で解説しまししましたが、 ここでは、ハードディスク以外の補助記憶装置について解説します。

詳しくは下の表にまとめてありますが、中でも注意が必要なメディアは、

CDとDVD

になります。なぜなら、

ドライブ(読み書きする装置)によって、扱えたり扱えなかったりする

からです。例えば、読み取り専用ドライブでは、再生(読み取り)はできても保存(書き込み)することはできません。また、DVDに対応していないとDVDを再生することもできません。お使いのパソコンのドライブを確認してみましょう。

取り扱い説明書等がない場合は、コンピュータ(マイコンピュータ)をダブルクリックして、CDおよびDVDドライブの表示名称が「CDドライブ」とか「DVDドライブ」であれば、たいてい読み取り専用です。

下図であれば、CDの読み取りしかできず、CDへの書き込みもDVDの読み取りもできない(当然DVDへの書き込みもできない)ドライブになります。

マイコンピュータ展開画面イメージ

ドライブが、「RW」であれば、保存(書き込み)が可能なドライブになります。「RW」とは、"ReWritable=書き換えできる"の意味です。下図であれば、DVDの読み取りも書き込みも可能なドライブになります。

マイコンピュータ展開画面イメージ

また、DVDは下表のとおり種類が多く、同じDVDであっても規格によってそのドライブで扱えたり扱えなかったりするやっかいな存在です。

最近では「マルチドライブ」や「スーパーマルチドライブ」、さらには「ハイパーマルチドライブ」といった多くの規格に対応したドライブも販売されています。

ドライブの種類と対応
対応状況 コンボドライブ マルチドライブ スーパーマルチ
ドライブ
ハイパーマルチ
ドライブ
CD-ROM
CD-R
CD-RW
DVD-ROM
DVD-R
DVD-RW
DVD+R
DVD+RW
DVD-RAM
DVD-R DL
DVD+R DL

さて、前置きが長くなりましたが、ハードディスク以外のその他の主な補助記憶装置(記録メディア)について下表をご参照ください。

記録メディアの種類
種類 読み 特徴
FD フロッピーディスク
Floppy Disk
容量は、1.44MB。最近のノートパソコンではドライブすら付いていないほど使用されなくなったメディア。よく故障し読み取りできなくなるが、保存はハードディスク同様、ドラッグ&ドロップといった簡単な操作ででき、何度も書き換え(上書き・修正)や消去が可能。FDドライブをFDDと略される。
MO エムオー
Magneto
Optical Disk
多種あるが、容量は、640MBのものが一般的。保存はハードディスク同様、簡単な操作ででき、何度も書き換えや消去が可能。ただし、ドライブが付属しているパソコンは少なく、ドライブの外付けが一般的。
CD-ROM シーディーロム ROMとは、Read Only Memoryの略で、文字通りコンピュータ用の読み出し専用のCD。ほとんどのアプリケーションソフトやゲームソフトがこのメディアかDVD-ROMで流通している。
CD-R シーディーアール 容量は、650MBと700MBの2種類。ドラッグ&ドロップといった操作では保存できず、専用の書き込みソフト(Windows XP、Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。1度しか書き込み(保存)できず、その後は、書き換えも消去もできない。ただし、空きスペースに後から記録(追記)することができる。ファイナライズという最終処理を行っていない場合)そのことから、公文書等の重要なデータの保存に用いられる。また、互換性が高くオーディオ機器(音楽プレーヤー等)で再生できるので、音楽メディアとしても広く利用されている。
CD-RW シーディー
アールダブリュ
容量はCD-Rと同じ、650MBと700MBの2種類。書き込みソフト(Windows XP、Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。データを何度でも書き込んだり消去したりできる。(約千回という限度はある)
DVD-ROM ディーブイディーロム ROMとは、Read Only Memoryの略で、文字通りコンピュータ用の読み出し専用のDVD。ほとんどのアプリケーションソフトやゲームソフトがこのメディアかCD-ROMで流通している。
DVD-R ディーブイディーアール 容量は、4.7GB。書き込みソフト(Windows Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。1度しか書き込み(保存)できず、その後は、書き換えも消去もできない。ただし、空きスペースに後から記録(追記)することができる。ファイナライズという最終処理を行っていない場合)高い互換性を持ち、さまざまなDVD機器で再生できる。両面に記録できる9.4GB(4.7×2)も市販されている。
DVD-RW ディーブイディー
アールダブリュ
容量は、4.7GB。書き込みソフト(Windows Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。データを何度でも書き込んだり消去したりできる。(約千回という限度はある)両面に記録できる9.4GB(4.7×2)も市販されている。
DVD+R ディーブイディー
プラスアール
容量は、4.7GB。書き込みソフト(Windows Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。1度しか書き込み(保存)できず、その後は、書き換えも消去もできない。ただし、空きスペースに後から記録(追記)することができる。ファイナライズという最終処理を行っていない場合)高い互換性を持つが、DVD-Rよりは低い。
DVD+RW ディーブイディー
プラスアールダブリュ
容量は、4.7GB。書き込みソフト(Windows Vistaでは書き込み機能が付属している)、この規格に対応しているドライブが必要。データを何度でも書き込んだり消去したりできる。(約千回という限度はある)互換性は、あまり高くない。
DVD-RAM ディーブイディーラム 容量は、片面4.7GBで、両面対応のものは9.4GBの記録ができる。RAMとは、Random Access Memoryの略で、データを何度でも書き込んだり消去したりできる。この規格に対応しているドライブが必要だが、保存はドラッグ&ドロップといったハードディスク同様、簡単な操作ででき、何度も書き換え可能。ただし、DVDプレーヤー等では再生されないことも多く、互換性は低い。
DVD-R DL ディーブイディー
デュアルレイヤー
DVD-Rの片面2層式DVD。両面ではなく片面なので裏返す必要がない。容量は、8.5GB。長時間の録画に適している。
DVD+R DL ディーブイディー
プラスダブルレイヤー
DVD+Rの片面2層式DVD。両面ではなく片面なので裏返す必要がない。容量は、8.5GB。長時間の録画に適している。-Rは「デュアルレイヤー」と読むが、+Rは「ダブルレイヤー」と読むのが一般的。
Blu-ray Disc ブルーレイディスク ソニーなどが推進する次世代DVD規格。デジタルハイビジョン放送等の超高画質映像用を収録できる。この規格に対応しているドライブが必要。BD-ROM、-R、-RE(RWやRAMに相当)の種類がある。容量は、片面1層式25GB、2層式50GBだが、さらなる多層化により将来的にはさらに大容量化する予定。プレイステーション3で採用されている。現行のDVD規格との互換性はほとんどない。HD DVDと両方に対応したドライブも市販されている。(従来のDVD規格にも当然対応している)
HD DVD エイチディー
ディーブイディー
東芝などが推進する次世代DVD規格。この規格に対応しているドライブが必要。HD DVD-ROM、-R、-RW、-RAMの種類がある。容量は、RやRWなどの規格によって異なるが、片面1層式15GBで2層式30GBが多い。現行のDVD規格との互換性は高いと言われるが、製造工程が流用できるという意味であって以前のドライブで対応できるという意味ではない。BDに販売シェアで大きく引き離され、平成20年2月、主導する東芝がHD DVDからの撤退を表明。VHS方式とベータ方式で争ったかつての「ビデオ戦争」の再現といわれたが、当時ベータを推して敗れたソニーがBDで雪辱した格好となった。
USBメモリ ユーエスビーメモリ USBという規格のインターフェース(コネクタ)に接続して使用するメディア。容量は、1GB~2GBが主流。保存はハードディスク同様、簡単な操作ででき、何度も書き換えや消去が可能。大容量のうえ小型で持ち運びに便利なため広く普及している。OSのプラグアンドプレイでドライバをインストールしなくても使用できる。(Windows98以前のOSではドライバのインストールが必要)このメディアを介してウィルスが持ち込まれることが多い。

お気づきのとおり、DVDには「+(プラス)」と「-(マイナス)」という規格の違いがあります。「-」は、"DVDフォーラム"という団体で策定された規格で、「+」は、"DVD+RWアライアンス"という団体で策定された規格になります。

ビデオテープの「VHS」や「ベータ」、次世代DVDの「ブルーレイディスク」と「HD DVD」と同様に、規格のスタンダードをめぐって企業や団体の間で、しばしばこういう規格争いが起こります。

下図は、左がマイナス規格のロゴマークで、右がプラス規格のロゴマークになります。

DVDマイナスの規格ロゴマーク DVDプラスの規格ロゴマーク

CDおよびDVDへの保存(コピー・ダビング・バックアップ)の方法については、バックアップ/コピー で詳しく解説しています。

この他にも、DAT(ダット)と呼ばれるデジタルデータを保存できる磁気テープなど、多くの補助記憶装置があります。

ページトップへ戻る


関連情報&オススメ

フレッツ光プレミアム、Bフレッツ、ひかり電話、光ブロードバンドの申し込みは、受付窓口としてNTT正規契約している「代理店」がオススメです。

NTTやプロバイダによるキャンペーンや割引はどこの窓口(代理店)で申し込んでも同じですが、実は「代理店独自のキャンペーン」があり、申し込む代理店によってかなりお得度が異なります。

株式会社インテレコムは、NTTや大手家電量販店などで契約するよりも、キャッシュバックや特典、プレゼントもありかなりお得です。

初期工事費、月額利用料最大2ヶ月無料、さらに現金キャッシュバック最大43,000円キャンペーンを実施中で、ユーザー向けプレゼントキャンペーンは、業界最高クラスです。

ページトップへ戻る

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月18日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。

ページトップへ戻る

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

社団法人 日本記録メディア工業会
http://www.jria.org/
オレンジフォーラム
http://www.cds21solutions.org/osj/j/

ページトップへ戻る